ンン歳最後の日。

今日は1日ホテルでゆっくり。午前中母ちゃんはオットとセガレをほっぽってスパへ参上した。いかにも贅沢なので、どうしようかなあとかなり迷ったのだが、まあ、いろいろと正当化する理由を自分に言い聞かせて(曰く、「明日への活力」、「なんのために働いているの」、「しかも明日は私の誕生日!」等々)、結局オットに促されて決行。美しい海辺を見下ろしながらの2時間半のトリートメントに、すっかりとろけた。
部屋に戻ったらセガレは昼寝中だったので(父ちゃんとジャングル・ウォークをしていたそうだ)、起きるのを待って、ビーチサイドでピザとパスタの昼食。その後、プール行く?とセガレに聞くと、いかなーい、と言うので、あらまあそうなの、と、ホテル内でゴロゴロ過ごす。吹き抜けの広いロビーで池の魚を見たり、あと、キッズルームがとても充実していて、そこでもだいぶ時間を過ごした。(涼しくて快適なので親は横でウトウト。)
夜は一昨日と同じマレー料理のレストランへ。美味しい食事をたらふく頂いたあと、ホテルからのサービスでケーキが出てきた。お姉さんたちがハッピーバースデーを歌ってくれる。わーい。上手にロウソクを吹いてくれたセガレは、当初は当然に自分のアピバースデ(ハッピーバースデー)だと信じていたようだが、父ちゃんの言うのをオウム返しで、「かあちゃん、たんじょびおめっとー」と言ってくれた。(←早くケーキを食べたい一心で、素直になんでも言うことを聞く。)うわ、人生で初めて、自分の子供に祝ってもらっているよ。さすがに感動でございます。年とってよかった。
[PR]

by pi-tang | 2007-09-21 22:19 | 旅行