今日は難関だった。

お歌がおかしいついでに、お言葉がおかしいシリーズ。
セガレは年齢の割に滑舌が良い方だと思うのだが(←もちろん親バカ視点)、時々やっぱりとってもおかしい。
たとえば、セガレ頻出のりもの系単語でいけば、「ヘリコプター」が言えない。セガレ語ではこれをなんと言うかというと、
「えりろった」
なんである。
えりろった!!赤ちゃんぽい脱力系でかわいいぞ! が、どうやらオットは正確に言わせたいようで、やけにいちいち、「へ・り・こ・ぷ・たー」と矯正を試みている。どうせすぐ言えるようになっちゃうんだから(なんせ頻出単語)、ちょっとゆっくり楽しませてくださいよ、と母ちゃんは思うんだけど。
(だって、数ヶ月前まで「おやんちー(おやすみなさい)」とか「ごっちゃまー(ごちそうさま)」とか言っていたのも、気がつけばあっという間に正確に言えるようになってしまって、それがちょっぴり寂しかったりもするのだ。)
それはさておき、今日はセガレ語に対し、母親たる自分のヒアリング能力が試される出来事があった。それは、本日も電車絵本を見ていたセガレが、初めて発した単語、「なにべっちゅ」。
なにべっちゅ!?なになに、なにべっちゅー?????
5秒ほど思考して、すぐにわかりましたよ。答えは、「成田エクスプレス」だね!母ちゃん、わかった自分がすごいと思う!!
(ていうか、「成田エクスプレス」って、子供に言いづらい名称だなあ、と常々思っていたけれど、そうくるか、なにべっちゅ!)
セガレ語の通訳においては、世界中で私の右に出る者はいない。(当り前。)
それにしても、母ちゃんのこの想像力と鋭さを、ちょっとはお仕事でも発揮できればいいんだけどな~・・・(遠い目)。
[PR]

by pi-tang | 2007-11-02 22:04 | 母業一般