雪国からの・・・。

保育園からの帰途、クリスマスの電飾をしている例のお宅の前を通るのが早くも日課となっている。
とにかくキラキラしく飾ってある中、塀の上にはサンタさんが2人(赤い服と青い服)と、雪だるまが立っている。それぞれ身長50センチくらいかな。(今度写真取らせてもらおうっと。)
赤いサンタさんが「機関車」を持っているのをセガレは発見して、それがとってもお気に入り。毎日「サンタさん、きかんしゃもってるねー」と指差確認を怠らない。青いサンタさんは「お星さま」を抱えていて、それも必ずチェック。そして雪だるまは・・・片手にホウキ、もう片手に赤いランプを提げているのだけれど、セガレは「ランプ」を知らない。私が「何持ってるのかなあ」と聞いたところ、ちょっと考えた挙句、何をどう思ったのか、
「おすしもってるねえ!」
だって。は???
母ちゃんが爆笑したものだから、セガレはその発見が気に入ってしまったようで、これまた毎日、「ゆきだるま、おすしもってるねー!」と指差確認。
寿司折か?セガレはそんなもの知らないはずだけど。好い加減の波平さんのオミヤじゃあるまいし、そりゃ絶対ないですから。
(お、探してみたら、その雪だるまはまさにコレ!・・・おすし・・・?)
[PR]

by pi-tang | 2007-11-08 21:37 | 母業一般