雪あそびの節分。

さてさて、朝起きたら、予報どおり雪でございますよ。真っ白ですよ。わーい!
遅い朝ごはんを食べて、セガレにスキーウェアみたいなの着せて、親も完全防備して、3人で庭へ下りる。既に2組ほどが遊んでいて、お兄ちゃん達が「かまくら」を作ると張り切っている。セガレもスコップを持って、雪集めにご協力。その傍らで雪だるまを作ったり、雪に寝転んだり、そっと食べたり。(私が戯れにキレイそうな雪を食べさせたら気に入ってしまい、自分でも地べたの黒い雪を食べそうになっていて、ちょ、ちょっと待てー!)雪コンコン、楽しいねえ。
小一時間くらい遊び、帰宅して昼風呂。なんて極楽。で、午後はのんびり。
今日はいつになく家事が捗ったな。
朝から根菜たっぷりの豚汁を作って食べた。午後は即席アップルパイ焼いた。そして3人でお茶らしいお茶の時間(久しぶり)。あと、懸案の針仕事した。(←大げさ。単なる裾上げ数点。)アイロンまでかけた。夕飯はお鍋。そして豆撒き。
週末はなまじ天気が良いと、出かけたくてウズウズしてしまうが、今日みたいに雪に閉じ込められて、「どこにも行けない、どこにも行かない」を決め込むと、そういう状況もいいものだ。

そうそう、今日は節分。午後近所の八幡様の豆撒き神事を見に行こうと楽しみにしていたのだけど、さすがに諦めた。せっかく日曜だったのにね。
で、父ちゃんがオニ。今日は朝からセガレを脅しっぱなし。曰く、「さっきオニさんから電話あって、夜行きますって言ってたよ。」「オニさんが電話で、セガレの家はどこだ、って聞いてたよ。」
やだよ、来ないよ、と気にしていない風のセガレだったが、隙を見て玄関の外に出た父ちゃん(お面つき)が、ピンポーンとならすと、途端にへっぴり腰で、私に隠れてそーっと玄関へ。私がドアを開けてキャ!と小さく叫ぶと、ヒッと言ってぴゅーっと部屋の奥へすっ飛んで行ってしまった。(わかりやすい。)
またそーーっと玄関に戻ってきて、でも今度は、途端に父ちゃんだということを発見して、ニッコリ。あとは3人で無事に「オニは外」した。セガレは豆が気に入ってしまって、2粒どころか、親の年齢分くらいボリボリ食べていた。
[PR]

by pi-tang | 2008-02-03 21:35 | 母業一般