湯治!

昨日の検診で順調のお墨付きをもらったところで、1日休暇を取って、週末2泊で温泉へ出かけた。目的はひたすら、「おっきなおふろ」と「とっきゅー+しんかんせん」の2点。
初日の朝はゆっくりめに家を出て、12時上野発の特急水上に乗った。水上駅に着くとチラチラと風花がお出迎え。そこから宿の迎えのバスに乗って宝川温泉へ。約40分の道中に、セガレは親のネライ通りに昼寝してくれたので、父ちゃんに抱っこされたままチェックイン。
セガレの充電完了を待って、さてお風呂!ここはとにかく大きな露天風呂がウリで、その開放感ったらなかった。まだ明るいうちから、広い敷地内の4つの大露天をホッピング。混浴バンザイ。女性はバスタオルを巻いて入って良いのだけれど、そもそも広いので他人様が気にならない。家族連れも数組いて、素っ裸のお父さん+子供2人+バスタオルつきお母さん、がお風呂を挟む川にかかる吊橋を連れ立って歩いている姿を遠目に眺めるのは、カルガモの親子を見ているみたいで妙に微笑ましかった。
セガレは親の背中に乗って泳いだり、周りの雪を取ってお湯に溶かしたり、終始大喜び。温泉には何度か連れてきたけれど、ここまで反応良いのは初めてだ。楽しめる年齢になってきたのねー。
暗くなってきた頃に一旦上がる。宿に通じる道の途中にはクマ舎まであって、檻の中のクマさんにご挨拶(やや寝ぼけモード)。その後内風呂に入り、豪勢な夕食を楽しんで、9時過ぎにはバタンキュー。
[PR]

by pi-tang | 2008-03-07 23:55 | 旅行