最近の季題集。

(1)桜もチューリップも終わって、先週くらいから、セガレのブームは「はなみずき」「やまぶき」「つつじ」「こでまり」あたりに移行中。保育園から帰る道すがら、馬酔木の前を通れば「あしびはおわっちゃったねえ」、木瓜の前を通れば「ぼけもちっちゃったねえ~」と、いちいち母ちゃんに教えてくれる。(ほぼ父ちゃんからの受け売り。)
(2)登園時に父ちゃんが、昨秋柿の実がたわわになっていた木を指して「あれは柿若葉」、と教えたら、セガレは道のその先で、父ちゃんも目に入らなかった別の木を指して、「あ、あれもかきわかばだね!」だって。ちゃんと柿の木見分けてるし。
(3)社宅の植込みに、早くもあのクサイ葉っぱが出始めた。父ちゃんがセガレにその匂いを嗅がせて「これなーんだ」と聞いたら・・・。「どくだみ~!」と。おお、去年の嗅覚を、まだ覚えているのね。(でも「十薬」という別名は、去年は言えたんだけど、忘れていた模様。)
(4)通園路沿いの鯉のぼりはもちろん欠かさずチェック。
(5)ついでに、帰路、クリスマス以来なぜかずーっと門扉に微妙に電飾し続けているお宅が一件あるのだが、セガレもこれも毎日チェック。曰く、「あそこまだキラキラついてるねえ。クリスマスもうおわったのにねえ。」・・・うむ。母ちゃんとしては、「ほんとだね。サンタさんもう帰っちゃったけど、また来てねーって思って点けてるんじゃない?」と苦肉のコメント。
かくも、季節に厳しい2歳児よ。
[PR]

by pi-tang | 2008-04-15 22:03 | 母業一般