夏の初めの会話。

ここのところ夜中に洗濯物を干すべくベランダに出ると、途端に甘い香りに包まれる。社宅の庭の塀ぎわにジャスミンが見事に咲いているのだが、その香りが2階まで立ち上ってくるのだ。うっとり。普段よりも時間をかけて洗濯物を干す。
昨晩はセガレを寝かせる前に、一緒にベランダに出て香りを楽しんだ。「甘い香りでしょう~」と私が言ったら、「あまいけどたべられないよー」と答えたセガレに脱帽。
今日は夕方、園から帰って家に入る前に、庭に回り道してそのジャスミンにご対面した。(出入口とは逆なので、わざわざ行かないと見えない。)「昨夜の香りはこれだったんだね」と教えたら、納得してうれしそうだ。
庭からベランダを見上げると、つい数日前まで見られた鯉のぼりの競演(社宅で毎年恒例。今年は6基)が半分に減っていた。(ウチのはまだ泳いでいる。今週末片付けよう。)
「こいのぼり、おわっちゃったねえ」と言うセガレに、さて、次のイベントは何かな?七夕まで、しばらくないかなー。
「次はボクの誕生日。6月になったら3歳だね!」
とお話しながら、おうちに帰った。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-08 22:21 | 母業一般