ちょっとした非日常。

昨夜オットが、体調悪い~と帰宅したと思ったら、今朝は39度近くまで熱を上げて会社を休んでしまった。「体調不良」を理由に欠勤するのは、なんと結婚以来初めてだ。(ちなみに私も似たようなモン。)鬼の霍乱。連休中に出先でクーラーに当たりすぎたかな?
とりあえずセガレは保育園に放り込んだので、ゆっくり養生してくださいませ。
午前中私は一人で産科の検診へ。38週。今回は内診があったが、子宮口はちいとも開いていないし、下がってきてもいないし、要は兆候なし。コハルンはまだぐにょぐにょ動いている。(お産が近づき頭が産道に下りてくると、スポっとはまってあまり動かなくなるらしい。)
「せっせと運動した方がいいですかね?」と聞く私に、「そうだね、適当にね」と副院長。相変わらずゆるい会話だ。運動するったって、こう暑いとね~。
帰宅してオットと冷うどんの昼食を食べた。セガレ抜きで2人で家ごはんって、実はものすごーく珍しい状況だ。ほぼ3年ぶりなり。それにしても、熱出したのが私の休みの時で良かったねえ。
ていうか、今日私が産気づいても、このヒト使い物にならないぞ!仕事で不在の方がまだ処置がいいぞ!・・・ということを、コハルンもちゃんとわきまえているのが幸いだ。
せっかくオットが家にいるのでこの際名づけ会議でも、と思うけれど、オットの頭が茹っているのでそれもままならない。うーむつまらん。
夕方、オットが医者に行くというので、散歩が推奨される私もついていく。近所の内科にかかったこともないので、今回開拓してみた。待合室は混んでいたけれど、涼しいので家にいるより快適だー。ちなみにオットはまだ熱が下がらずフラフラしてるが、結局「風邪」とのお見立てだった。
というわけで思いがけず、なんともない日常のような、でもちょっとした非日常。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-23 22:50 | 雑記