ダメ出しだらけ。

セガレは生まれたばかりの妹のことを、基本的に大好きみたい。朝起きたり、保育園から帰るとまずはスースーを覗き込んで、「おにいちゃんですよー」から始まる語りかけをしている。(もうそろそろ自己紹介は要らないと思うよ・・・。)そのまま問わず語りが続くというわけでもないんだけど、黙ってニコニコ、スースーのそばを離れない。
ナデナデしたり、母ちゃんが手を添えて抱っこしたり、そういう姿を見るのは母ちゃんもとっても楽しいが、でもその一方で、セガレにとって「ダメ!」が急増したものまた事実だ。
スースーのおてて引っ張っちゃダメ!
頭やさしく支えてあげなくちゃダメ!
スースーのベッドに乗っちゃダメ!
寝ている近くでドンドンしちゃダメ!
おっぱいやってる時に母ちゃんに肩車してきちゃダメ!
おっぱいやってる時に母ちゃんに「ぎゅうにゅうちょうだいーーーー!」って叫んでもダメ!
その他もろもろ。
まあね、家族が1人増えたんだから、新しいルールが出来るのは当然のことで、それ自体はセガレにとっても悪いことではないと思う。でも、つい先月までいわば一人っ子無法地帯に生活していたのが、急に母ちゃんにダメ出しばっかりされてねえ。私だって、「より弱者」を守らなきゃいけない立場とはいえ、ダメ!とかコラ!ばかり言ってるのはブルーな感じ。ダメ!って言われるとますますやってしまう、セガレがそんなお年頃なのにもしばしばグッタリ。
にいちゃんお願い、ボチボチと折り合いつけてまいりましょうね。
[PR]

by pi-tang | 2008-08-18 22:57 | 母業一般