行楽の秋。

今日はセガレと父ちゃん、朝8時過ぎに張り切って「お山に行ってきま~す」と家を出て、市が主宰する「二俣尾自然体験」というイベントに出かけた。事前に市の広報を見て申し込んだら抽選で外れちゃったのだが、補欠2番とのことで、後日電話がかかってきて繰り上げ参加できることになったのだ。
夕方6時ごろに帰宅したセガレは超ハイテンション。母ちゃんその笑顔を一目見て、とても楽しかったのね~と判ったよ!
オットによれば、9家族20人が参加して、ボランティアのおじさん達と一緒に、森林でのオリエンテーリング、それからカレーライスを食べて、午後はニジマスの手づかみ体験、栗拾い、スイカ割り・・・と盛りだくさん。オットも充分楽しんだようだ。
セガレは参加者で一番オチビさんだったけど、オリエンテーリングも全部自分で歩いて頑張ったとのこと。オット曰く、まさかスイカ割りはできないだろうなと思いきや、普通の木刀を持って、しかもちゃんと当たったそうな。(力不足で割れなかったけど。)「スイカに当たった瞬間、落涙しそうになったね」とはオットの弁(笑)。
お土産は大きな松ぼっくりと、それから栗がたくさん!さっそく栗を一部茹でて、セガレの止まないおしゃべりを聞きながら夕食と一緒に頂いた。
セガレは楽しい思い出と一緒に、ひとかどの「自信」も持って帰ったみたい。良かったね。
[PR]

by pi-tang | 2008-09-07 23:46 | 母業一般