そうだったのか。

平日はついつい引きこもり生活が続いている。
お天気もスッキリしないし。スースーの外気浴は、夕方の保育園のお迎えでまず十分だと思うし。ベビーカーまたはスリングで、わざわざ外出するのがなんだか億劫なのだ。別に体調が悪いというわけではないのだけれどもね。
今日はお昼から久しぶりに晴れたので、重い腰を上げて、「郵便局に行く」というかねての懸案をやっつけた。出かけたからには、と、図書館寄ったり買物したりと用事を片付ける。結局結構歩いて、帰るとグッタリあー疲れた、と。・・・なんか年寄りみたいだな。
3年前の今頃、セガレを出産して後の数ヶ月間は、同じように引きこもりで、毎日人恋しくてたまらなかった。日中誰ともしゃべらないよー、赤子はかわいいけどウークー言うだけだよー、今日は宅配便のおじさんと1回しゃべったから上出来だったよー、というような日々。オットに「お願いだから早く帰って私としゃべれ!」みたいな日々。今思えば外出できないことでストレスを感じていたなあ。ところが今回は・・・。
そうか、セガレがいるから、そういうストレスがなくって、だからわざわざ外に出たいとも思わないのかな。
保育園から帰ってくると何かとウルサイので、そのために日中体力温存しているフシがあるのだけど、そのウルサイのが、母ちゃんにとっては実は重要なのだわ。
[PR]

by pi-tang | 2008-10-09 13:47 | 母業一般