2006年 03月 20日 ( 1 )

地に足のついた生活。

赤子は引き続きアンヨの練習に夢中。
「カタカタ」(最近は「ウォーカー」とカタカナで呼ぶらしい)につかまらせると、すっごい誇らしそうなとびきり笑顔で前に突き進んで来る。だいぶ早くなった。
つかまり立ち・伝い歩きで転ぶことはまずなくなった。私と片手だけつないでいても、立つことができるようになった。私が赤子の腰をもって立たせて、そーっと手を離すと・・・3秒、4秒くらい一人で立つことができる、ことがある。これまたすっごいうれしそう。
さてさて、地に足つけて、踏ん張ってください。
[PR]

by pi-tang | 2006-03-20 19:14 | 母業一般