カテゴリ:妊婦( 29 )

X-dayがきた(後半)。

夕方5時くらいからお腹がチクチク。陣痛かなと思いつつ、痛さとしてはモノの数ではなく、まだまだでしょーって感じ。でもだんだん間隔が狭まってきて15分おきくらいになったので、やっぱ陣痛かね、と、シャワーを浴びて夕飯食べて、7時半に1人で再度出陣。(今度はちゃんとタクシー。)産院でオットとも落ち合った。(ね、コハルンはちゃんと父ちゃんの仕事が終わるの待っててくれたでしょ。)
それからモニターテストを小一時間受けている間はまだ余裕。子宮口は4センチ開とのこと。え、もうそんなに?(自覚なし。)その後、入院室へ移動してからがジェットコースターのようだった!陣痛来る来る。間隔狭まる。痛いけど、でも前回そーとー長い間(23時間)苦しんだので、「まだまだこんなもんじゃないっ」と自分に言い聞かせては深呼吸。「まだ先は長いっ、疲れてる場合じゃないっ」と深呼吸。そうこうするうちに、痛みがどんどん下に降りてくる。一生懸命さすってくれるオットも、私の「痛い場所」が一気に下に移動しているのでペースについてこれないみたい。あれーなんかもうコハルンお尻の方に来ている感じがするよー。痛いよー。でもここからが長いんだよー。まだまだ出てこないに違いないんだよー。(←トラウマ。)
と、助産師さんが「分娩室に移動!」と言ってくれて、うそだーまだだーと思いつつも自力で移動。「はいもうそろそろよー」と言われても信じられずに、「子宮口開いてるんですか?」「全開ですよ!」「え、うそ!」てな感じ。
そうするうちに「いきんでいいですよー」って言われて、前回ヘロヘロで全くできなかった(かつ記憶もない)「いきみ」を実践。おーこれか!これなのね!あのね、小玉スイカが股にはさまってる感じ。出すぞー出すぞー。んー。んー。
むにゅー、にゅるりん、と母ちゃんハッキリ感じて、そしてコハルン(女の子)はこの世に誕生した。夜10時16分。結局陣痛開始から3時間強、その後分娩室に移ってから30分足らずの出来事だった。
きゃあ!赤ちゃんだ!ほんとに赤ちゃんだ!やっと会えたねえ!と喜ぶ余裕もこれあり(しつこいけど、前回はヘロヘロで全く余裕なし)。自分に意識があって、自分がコハルンと協力して産んだ実感があって、うれしい楽しい。コハルンありがとうね~。胎盤も見せてもらい、助産師さんに「キレイな立派な胎盤ですよ」と褒められた。(褒められてもなあ。)
夜中近くにはセガレとじじばばも来て、分娩室でご対面。セガレは無理やりの寝起きで、寝ぼけつつもコハルンに会えてニコニコはにかんでいる。ここにお兄ちゃんも誕生!
産後2時間を分娩室でカンガルーケア(赤ちゃん抱っこ)しながら休息し、そして入院室に移動した。ベッドにコハルンと母ちゃん、そして同じ部屋の簡易ベッドに父ちゃん、今日は3人で初めての「おやすみなさい」。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-29 23:59 | 妊婦

X-dayがきた(前半)。

出産予定日5日前。
朝6時、左足の強烈な「こむらがえり」に起こされる。ニンプにありがちなこむらがえり、実は私はこれまでほとんどなかったのだが(セガレを妊娠中はしばしばあった)、思えばこれが予兆というか、きっかけ。
トイレに立ったら、おしるしがあった。うおー、来たか。今日は父ちゃん仕事休めないって言ってたよ、どうするよ!と思案するうちに、さらに破水らしき感触が。うおーうおー、なんだこれ。そうくる??朝っぱらからPC開いて、「お産あれこれ」を慌てて検索。(結局ドロナワ。)ちなみにお腹はちっとも痛くなく、動き回るのもへいちゃらだ。あ、そうだ、とりあえ洗濯機回しておこう。 
セガレの保育園は休ませることにし、お手軽にバナナとヨーグルトを食べさせた。8時に産院に電話したら、「入院準備をしていらっしゃい」と指示されたので、3人でタクシーで出発。産院で私だけ降りて、そのままオットが実家にセガレを預けて、その足で出勤、という完璧な算段をしたものの、産院到着直前に、セガレが朝食を見事にリバースしてしまった。(実は車に弱いセガレ。)両親軽くパニくって、とにかく3人で産院でタクシーを降りる。運転手さんゴメンナサイ。私の破水よりも、セガレを全身着替えさせるのが先決だっ!
さて、私は診察へ。モニターで赤ちゃんの心拍とお腹の張り具合を見て、コハルンが元気なことを確認。子宮口はまだ1.5センチしか開いていないそうだ。そうこうするうちに私の母が産院に来てくれたので、オットはセガレをバトンタッチして無事出勤し、セガレもばあばと実家に行ってしまった。
診察の結果、午前中もう一度モニターテストをするけど、その後は一旦帰ってよろしい、陣痛が来たらまた来てくださいとのことだった。先生によれば、「通常は破水すると24時間以内に陣痛が始まると言われるが、もっとかかる場合もあるから、とりあえず抗生剤を3日分出します。」へ?あと3日もかかるの?破水から始まるお産は急を要すると読んでいたので若干拍子抜けしつつも、んじゃまーどこも痛くないんで、帰らせてもらいますわ。家では普通に家事をして良いし、陣痛が来るように軽い運動をしても良いとのこと。ではとばかりに、13時ごろ、母の自転車に乗って(あくまで成り行き上、20分程度)実家に行く。羊水タラタラ流しながら、それでも自転車漕いでる己の姿は、我ながら笑えた。恐るべし経産婦。
で、午後は実家でゴロゴロ。プール遊びをするセガレに付き合ったり昼寝したりして普通に過ごすうちに日が暮れた。
本日の判断ミス:その①セガレは保育園に行かせればよかったよ。その②無理して朝食にヨーグルトなんて食べさせなければよかったよ。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-29 23:58 | 妊婦

コハルン誕生!

7月29日(火)の晩に2,796グラムの女の子を出産しました。
陣痛4時間半、あっという間(注:前回比)でした。
感謝感謝感謝です。記録は追々。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-29 22:16 | 妊婦

ようやく備える。

さて、昨晩は花火大会から22時過ぎに帰宅すると、セガレはシャワーを浴びてあっという間に沈没。
その後私は雑誌を眺めながらウダウダ過ごしていたら、うーん?下腹部がググと押される感じが、十数分おきに数回。痛いというほどではないけれども、なーんか、コハルン下りてきた感じがする。花火会場へのアクセスで結構歩いたものね。
オットに言うと、「え、きた?きたの?」と俄かにアタフタしているが、正直言ってワタクシ、前回の陣痛をきれいさっぱり忘れておりまして(忘却ホルモン万歳)、果たしてこれが「それ」なのかどうなのか、ちっとも判断つかない。これまでも夕方とかにきていた「お腹の張り」との違いがよくわからん。うーん、やっぱ痛いってほどじゃないけど、その瞬間歩くのはつらいかな。でも、経産婦は進みが速いというから、それはそれで侮れない。
一応入院に備えてボチボチ荷物をまとめてみる。そうこうするうちに夜中の1時近くになったけれども、間隔は狭まらないし、痛みも増さないので、「とりあえず寝てみるわ」ということで就寝。
で、今朝起きたら、なんだかお腹は張りがちだけれども、結局なんてことない。前駆陣痛というほどのことでもなく、単にいっぱい歩いたので、少し下がってきたということかな。よろしい。
今日まで何もしていなかった入院の備えが出来てよかった。まったく、いざという時まで動かないんだからね~。
日曜日の本日はおうちでゴロゴロ。なぜならオットが、「月曜と火曜は仕事を休めない!」とおっしゃるので、コハルンがこれ以上下りて来たら困るから。まあ、あと1週間待ってもらって、予定日頃に出てきてもらうのが理想かな。出てきても暑いだけだしね。コハルン、よろしく。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-27 21:29 | 妊婦

適正体重。

今週は既に妊娠37週、つまり産み月(正期産)に入ってしまった。もう出てきても大丈夫とは、ひょえー早い。まだ兆候らしいものは全くないけれども、さすがにお腹の大きさは我ながらご立派。暑いから早く出してしまいたい気もするけれど、でも出てきたらもっと暑いし、なんせまだ準備が整わないので(精神的・物理的ともに)、もうちょっとお腹でゆっくりしていてくださいませ。
今日は健診へ。初めて推定体重を測ってもらったところ、37週2日で2,812グラムとのこと。「ちょうどいいね」と先生に言われた。同時期のセガレは・・・と見ると、36週5日時点で2,806グラムだった。セガレはお腹にいる時からずっと「大きめ」と言われていて、実際3,312グラムで出てきたのだけれども(ツラかった)、それに比べるとコハルンはお手頃な適正サイズのようだ。
助産士さんにも、「前回で道が出来てるから今回はきっとラクよ」と言われて、それだけを信じているのだけれども・・・。はてさて、あと2週間強でどれだけ育つのかな?コハルン、頼むよ。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-15 22:40 | 妊婦

ベビーシャワー!

電車とバスを乗り継いで同僚Yさん宅へ。同じ社宅にいたのが昨冬マンションに引っ越してしまって、今回初めてお邪魔した。すーてーきな新居!
他の同僚やそのファミリーも集まって、ご夫妻心づくしのお料理を囲んで楽しいひと時。広いルーフバルコニーで、お子たちもゴキゲンに遊びころげている。
さて今日はしかも、私とコハルンのためのbaby showerという、嬉しいオマケまでついていた。みなさんからかわいいベビーグッズ等を沢山頂いて感激。
ううう、スタイ(よだれかけ)なんて、ガラガラなんて、コハルンすっかり「兄ちゃんのお下がりで充分よね」という前提だったけれども、こうやって新しいのをいただくと、やっぱりかわいいなあ。よかったねえコハルン。
母ちゃん幸せのあまり、今日はスパークリングワインを沢山頂いちゃいました。許せコハルン。(新品のオモチャあげるからね!)
[PR]

by pi-tang | 2008-07-13 22:50 | 妊婦

お産仲間がいた。

本日も産院へ出かけてマタニティ・ヨーガに参加。その後引き続き、「お話し会」と称して、お産や入院に向けての説明をしてくれるというので出席した。
3年前に1度経験しているので、話の内容は私にとっては「再確認」という感じだったけれども、だんだん緊張感?が高まりそれなりに有意義だった。
その席で偶然、以前0123(児童館)でよく遊んでいた親娘と一緒になった。私が勤め始めてからはとんとご無沙汰していたのだけど、わー、2人目ちゃんができたんだー。
聞けば、予定日が私と4日違い。上の娘ちゃんとセガレは、誕生日が1日違いなので、今回も案外1日違いになるかも!入院で一緒になれるといいな。
なんでも上の娘ちゃんは武蔵野日赤病院で産んだのだけど、そちらでは、産後の入院時に子供(兄姉も)は面会禁止で、それは困るので今回こちらの産院に変えたらしい。なるほどそれは切実なニーズだわ。
こちらの産院はその辺りゆるゆる。子供の面会はもちろんOK(泊まっても良いと今日聞いた)だし、コハルンが出てくる時間帯によっては、セガレを分娩に立ち合わせたいなーと思っている。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-10 22:11 | 妊婦

ようやく向き合う。

午後、産院へ出かけて「マタニティ・ヨーガ」のクラスに参加した。講師は助産士さん。
3年前にも1回受けたのだけれども、まあ当然全く忘れているわけで、合掌・瞑想から始まる1時間あまりのプログラムは結構新鮮だ。しかしまあ、自分の身体の固いことに愕然とした。こりゃ、産む時つらそうだわ。これから1ヶ月間、家でもせいぜい股関節を広げるポーズとかに励むことにしようと決心する。
ヨーガでじわっと身体を温めた後は、お茶とクッキーで囲んでおしゃべりタイム。今日は7名のニンプが参加していた。助産士さんに促されて、1人ずつ自己紹介がてら、出産に向けての不安点とか、この産院を選んだ理由とかを述べていく。この産院にこだわって遠く(埼玉県とか!)から来ている人がほとんどでびっくりした。「自然出産」や「母乳育児」ナドを標榜している産院なのだけど、集まるニンプもそれなりにそれっぽい(いわゆる「中央線的」)のは私の偏見かな?年齢層も高いし。(という私も立派にその一員。)
以前ここで出産した経産婦もいて、前回の入院がとても快適で(完全母子同室、母乳の出に配慮した食事・・・)、その後の育児も順調だったので今回も是非と、と話していた。同感同感!
4時過ぎに和やかに散会し、私は園のお迎えへとややダッシュ。
ところで思えば前回は、産休に入った途端にマタニティビクスとスイミングに通ったりして、それなりに赤ん坊のためというか、安産に向けた努力をしたものだけれども、今回はまったく無頓着だー。母ちゃんの「今のうち欲望」を満たすのが最優先となっている。(理由その①:「今のうち」の重要性を認識済みだから!、その②:前回は努力しても、別に安産じゃなかったしぃ~。)
家では先週から慌てて「ソフロロジー」の音楽を聴き始めたくらいかな。コハルン、付け焼刃でごめん。あと1ヶ月、いっぱい向き合おう。それで願わくば、つるんすぽんと、出てきてほしいなあ~。
[PR]

by pi-tang | 2008-07-03 21:31 | 妊婦

のんびり検診へ。

今日は午前中検診へ。35週1日。産休に入って初めての検診は、私ものんびりモード。実家の母が「コハルンを見てみたい」というので、付き合ってもらう。
副院長はエコー検査をゆっくり見せてくれるので、イベントとしても楽しい。果たして今日も、お目々ぱっちり(眼窩だけど)で、口元に手をやってモグモグしているコハルンと対面できた。もうすっかり人間になっているねえ。大きさその他、標準通り。心臓がパクパクしているのをはっきりと見て取れるのには、母も「自分が妊娠してた時代には考えられない」と感動の様子。(逆に私は、当時の妊婦検診というのがどんなものだったのかが気になる!)
先生に性別を聞いたら、以前の院長同様に、「ハッキリとはわからないけれども、多分・・・ぽい」と言われた。ここまで週数が進むと却って見づらくなるそうだ。私としては、7月のセールで産着を買う気満々なので、どちらとハッキリ言ってほしかったのだけど、まあしょうがないか。私的には、もう決めた!
先日行った採血の結果も何も問題ないと言われた。貧血もなし。思うに今回は、セガレ前提である程度きちんとした食事と、それから何より規則正しい生活を送っているので、それがコハルにも良いのだろうな。
それにしても来週には臨月で、再来週から正期産とは、我ながら信じられない。うわ、焦ってきた~。
[PR]

by pi-tang | 2008-06-30 22:01 | 妊婦

サンキュー!

さてさて、産休だ!産休だ!セガレは保育園に行ってしまった!昼間1人だ!ユメみたい!何しよう!!
とりあえず、数ヶ月前から暖めていた野望と計画は沢山ある。(★はマスト度)
①部屋の片付け(★★★):これは一大事なので無理せずゆっくりと。(3部屋+LD+台所)×1日ずつ+水回り1日+納戸1日+予備1日で所要計8日。(計画だけは綿密。)
②出産準備(★★):といっても、1人目の時と違って、考えても考えても特にすることはない。物置からベビーベッドを出すのはオットに頼まないといけないし。(しかも①の完了が前提。)私が平日できるのは、せいぜい産着の水通し(お下がりを含め)くらい?これは晴れた日に。
③入院準備(★):産院からもらった「持ち物リスト」に照らしてグッズをカバンに詰めようと張り切る。が、パジャマも洗面道具も直前まで使うし、前広すぎる感がある。結局、新しいティッシュペーパーを箱ごとつっこんだだけで、30秒で完了してしまった。
④写真の現像・アルバム整理(★★★):過去1年間のものがパソコンに入れっぱなしなのが、潜在的なストレス源だった。
⑤俳句帳の整理(★):ここ数年間(前回妊娠中以降)で作った句は多くないけど、いろんなところにメモ書き状態で散らばっているのでとてもイカン。
⑥その他モロモロ(★):人に会いに行くとか、1人でカフェ・ランチとか、レディースデイに映画とか、そんな、普段だったらユメのようなモロモロ。

・・・あれもしようこれもしようと皮算用していたけれど、書き連ねちゃうとそんなものか。
今日は1日在宅し、とりあえず作戦を練るのに終始した。熟考の結果、「まあ、家の中のことは動けない(外出できない)カラダになってからでいいや」という結論に達し、①は手付かず。おいおい。
[PR]

by pi-tang | 2008-06-23 22:01 | 妊婦