カテゴリ:旅行( 82 )

最終日@バンコク。

今日は深夜の帰国の飛行機まで、バンコクで1日過ごす。
プラプラと適当にね、というつもりだったが、遺憾な突発事態が発生し、朝イチで警察に行くことになってしまった。Yちゃんが付き合ってくれるというので、ありがたく車を出して同行してもらう。
いやね、昨日ホテルにチェックインして、Yちゃんに会うまでの時間に隣のショッピングセンターにフラフラ行ったら、私ったらあっという間に財布スラれたんですわ。不覚。超不覚。
実害は甚大ではないのだけど(とっくに減価償却した財布の中身は、タイ・バーツ少々とクレジットカード、キャッシュカードと免許証)、昨夜からカード会社に電話したり警察行ったりで、一番奪われたのは時間ですわよ!それにしても人ごみの中で、自分の子供に集中するあまりカバンへの注意がおろそかだったのは確かだ。く・や・し・い~!でも、子供さらわれるよりは余程良かったよ、と思うしかない。盗られたバーツも、タイの経済発展に少しでも役に立ってくれるのなら・・・なんて、泥棒さんには期待すべくもないか。(っていうか、それほどの金額ではない。)
ツーリスト・ポリスでは、Yちゃんの子供がセガレと一緒に車内でDVD見て待っていてくれたので助かった。Yちゃんのタイ語通訳もとてもありがたかった・・・くすん。
それで無事に盗難証明を出してもらったのが11時頃。その後Yちゃんに買物とランチに連れて行ってもらい、別れてからホテルに戻って、荷造りして15時頃にチェックアウト。
セガレをチャオプラヤ川のボートにでも乗せましょうかね、というのがあったので、スカイトレインで川べりへ。そこからボート乗ってワット・ポーの涅槃仏を見て、また同ルートで戻ってきた。慌しいけど、一応観光気分も味わった!
夕飯食べてホテルで荷物をピックアップして、タクシーで空港に着いたのが21時前。飛行機は予定よりも少し遅れて23時過ぎに出発し、子供たちはネライ通りあっという間におやすみ~。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-27 23:59 | 旅行

島にさよなら。

サムイ島に5泊なんて、事前には「あらゆっくり出来るわねー」と思っていたものだが、やっぱりあっという間に最終日になってしまった。うーさびしい。
バンコクへの飛行機は13時発で、12時前にホテルを出れば良いので、朝食のあと当然ながらプールで遊びおさめ。昨日今日と曇っていてちょっと涼しい。晴れている時とは海の色も違うし、今日は早々退散で正解かも。水着を濡れたまま荷物にしまい、チェックアウト。
タクシーで空港に着いた途端に雨が降ってきた。わー良いタイミングだったねえ。
帰りはプロペラ機で無事にバンコクに着いた。タクシーで3時すぎにホテルに到着。21階の部屋からは眼下にスカイトレインが丸見えで、セガレと盛り上がる。バンコク大都会だわ・・・。
一息ついてから、早速ホテルに隣接するショッピングセンターをちょっとブラブラ。その後6時頃に友人のYちゃん一家が車で迎えに来て、夕飯に連れて出てくれた。Yちゃんに会うのは3年ぶり。バンコク生活はもう5年を越えたそうだ。お姉ちゃん2人(3年生と年長さん)にセガレもほどなく慣れて(3年前赤ちゃんの頃にも会ったんだけどね)、子供同士で楽しんでいた。しかもYちゃんが子供におにぎりを作ってきてくれたのが、すごーくありがたい!おかげで父ちゃん母ちゃん、スパイシーなシーフードもたっぷり堪能できたよ!
[PR]

by pi-tang | 2009-09-26 23:20 | 旅行

ひたすら水遊び。

サムイ島5日目。今日はこれといった予定はなく、1日ホテル滞在を決め込む。
朝ごはんはホテルの、2ヶ所から選べるレストランでとっている。本館のテラス・レストランよりも、ビーチに面したオープンエアのレストランの方が、気持ち良いし、子供が多少ごそごそしても気にならないので気に入った。
充実のバイキングで子供もご満悦。スースーにはおかゆに魚の切身と、野菜炒めを刻んで入れればそれで上等。あとはパンを1つばかり握らせ、ヨーグルトに果物でも入れて食べさせればカンペキだ。ちなみに今回の旅行には、レトルトのベビーフードも大量に持ってきたのだけど、1日1食を目処に、主に昼食時に登場させている。夕食もまあ、セガレと同じ物を取分けることで問題なし。(あまり辛い料理は、今回もとより諦めてるんだけど。)どこにでも白米はあるのでありがたいな。
さて、ゆっくり朝食の後は、ひたすら水遊び。
私は今回、1度くらいマッサージに行きたいなあ、とタイミングをずーっと計っていて、でもやっぱ無理か~と諦めかけていた。(オットに2人を預けるのは大変、というか、水回りではちょっと怖い。では夜中にとも思ったけど、万一スースーが目を覚ましたらオットでは手に負えない。)そしたらホテル前のビーチのすぐ横にマッサージ小屋?(屋根の下にマットが4つ並んでいるだけ)があった。ここならば、とスースーが昼寝したすきに、オットにセガレを任せて、スースーを抱っこ連れしてお願いしまーすと。
実はスースーはすぐに目を覚ましちゃったんだけど、その後はマッサージ屋の姉さんたちがずっと相手してくれたので何ら問題なく、1時間のマッサージを受けられた。ビーチの木陰で波音を聞きながら、極楽極楽。
そんなこんなで結局9時ごろから4時近くまで水遊びしていた。セガレ、よく飽きないなあ。
元来旅行に出ると、つい観光とかで動き回りたくなる性分なんだけど、子供と一緒ではのんびりまったり。プールサイドに日がな1日寝そべっている西洋人の気持ちに少しばかり近づいてきた、かも?(いやでもやっぱりわからない。一家4人でビーチチェア並べて、しゃべるでもなく各自ひたすら本を読んでいる家族とか・・・楽しいのかなあ?)
[PR]

by pi-tang | 2009-09-25 23:59 | 旅行

動物いっぱいツアー。

サムイ島4日目。今日は島内観光の半日ツアーに申し込んでみた。
11時にホテルに迎えが来るというので、朝食の後にプールで1時間ばかりひと遊び。子供と一緒だと朝ちゃんと起こされるので(泣)、行動が効率的だな~。
迎えの車に乗ると、ツアーの同行はオーストラリアとクウェートからのそれぞれご夫婦。小型トラックの荷台を改造した車で、風がビュービュー入るのでセガレは喜んでいる。
意外と広い島で、山の方へずんずん入ったところで、まずはエレファント・トレッキング。「ゾウさんに乗ろうね!」というのは、「魚と泳ぐ」に並んで今回の旅の目的のひとつだったので、いきなりハイライトだ。とても楽しみにしていたセガレは、しかし本物のゾウを間近にした途端、緊張で硬直(苦笑)。ゾウさんやさしーよー、力持ちだよー、ということで、家族4人+ゾウ遣いの兄さんがいっぺんに1頭のゾウさんに収まった。のっしのっしと歩き始めたら、セガレもすぐに楽しくなったみたいだ。(ちなみにスースーはもちろん終始へいちゃら。)
ゾウさんの背中は高くて快適。オットも、人生四十余年でゾウに乗るのは初めてなんだって。インドで乗ったことないとは意外だ。(私は幼少の頃何度か乗ったんだけどな。)
途中、ゾウ遣いの兄さんが、ゾウが歩くのがのろいと言ってお尻をピシピシ叩くのを見て、セガレがひっそりと傷ついていた。ゾウさんは、のろくたっていいのにねえ?
林を一周して、30分のトレッキングはあっという間。ゾウさんありがとう。
続いて近くの滝を見物して、展望台で景色見て、お寺でお坊さんのミイラ見て、サルのショー(サルが高い椰子の木から実を取ってきてそれを上手に開けて飲むという、大変のどかな内容)を見て、自分たちもココナツジュース飲んで、とツアーは進む。
それから水族館に移動。「やっと涼しいぞ!」と期待したら、冷房ゆるーくって引き続き暑い。サムイ島の水族館は、設備は日本のに比ぶべくもないけれども(思えば水族館ってお金のかかる施設なんだろうなあ)、大きなサメがウヨウヨいたり、海ガメにエサやるコーナーがあったりしてそれなりに楽しめた。
続いて同じ施設の中のスタジアムでバード・ショーとタイガー・ショー。これでもかってくらい、生き物大百科なツアーだな。スースーはショーの音楽でノリノリだし、セガレも楽しそうだからいいか。(もっと小出しに見せたいくらいだけど。)
それが終わって3時頃、施設内の海岸レストランで遅いランチ。・・・と、食べ始めた途端に空が真っ暗になって、スコールがやってきた。わー今回初めての雨だあ。
食べ終えて、シャワーという感じでもなくドシャドシャ降りになった中を、逃げるように車に戻って出発。その後海岸の奇岩とやらを見る予定だったけど、雨の中行くのもねえ、ということで我々はスキップして車内待機した。コースはそれで終了で、ホテルに送ってもらい着いた頃には雨もだいぶ小止みになった。5時過ぎ着。
大変盛り沢山でございました。遅いランチのせいでお腹もあまり空いていないので、夕飯はホテル近くのレストランでバーベキューを買って帰って、部屋で食べた。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-24 23:10 | 旅行

お魚と泳ぐ。

今日はナンユアンという島への、1日シュノーケリング・ツアーに参加した。
事前のリサーチによれば、ビーチの波打ち際すぐに魚がウヨウヨ来るので、浮輪でも魚が沢山見れると言う。是非セガレを連れて行きたいが、1歳児はねえ…。現地の手配会社に問合わせたら、パラソルとチェアを借りれば日陰は確保できますよー、桟橋からしばらく、ビーチ手前まではベビーカーも通れるし、赤ちゃん連れで参加する方もいますよー、と。ほんとかな?と半信半疑ながら申し込んでみた。
7時過ぎに迎えのバスに乗り、島北部の桟橋まで40分くらいドライブ。桟橋でチェックインして大きなカタマランに乗ると、意外にも満員で熱気ムンムンだ。主にヨーロッパの人たちかな。島をホッピングしてバンコクまで行く船らしい。
島まで90分と聞いていたのが2時間かかった。子供の船酔いを心配していたが、2人ともほぼずっと爆睡で無事。その代わりに私が軽く酔ってしまった。(体質変わった?加齢??)
c0053700_1551327.jpgさてナンユアン島。入島人数に制限を設けて環境を保護しているというだけあって、島の景色もお魚もすばらしい。
ビーチからラムネ色の海にチャプンと足を入れた途端に、ほんとにウヨウヨ!
持参したパンをやるとウジャーとすごい勢いで群がってくるのには、セガレ大喜び。
スースーが立ってる周りにもウヨウヨ。スースー、お魚さんよー、わかるー??
陽射は確かにとても強いけど、今回は4人とも、旅行前に購入した新兵器ラッシュガードを着こんでいるので上半身の対策はバッチリ。でも顔は・・・焼けるなこれは。
島のレストランでビュッフェのランチを食べて、その後もしばしお魚と遊んだ。
セガレは浮輪に乗って、すぐ近くの岩の周りを何回もグルグルしてゴキゲン。c0053700_1563979.jpg父ちゃん母ちゃんも、交替でシュノーケリングをそれなりに楽しんだ。
私としては欲を言えば、セガレに水中マスクで水中の魚を見せたかったんだけど、今回はそこまでは無理だった。あと数年かな。
3時発の船に乗って、また子供爆睡・母ちゃん半酔いで、5時にサムイ島に帰着。
スースーも無事だったし(確かに赤ちゃん参加者も数名いた)、セガレには楽しい体験となったようで何より。結果オーライだけど、もう少し船旅の時間が短かったら言うことなかったかなあ。
夕飯はホテル近くの、キッズ・スペースがあるレストランでタイ料理。その後お部屋→バタンキュー。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-23 23:59 | 旅行

プール三昧。

朝はゆっくり。今朝の一番早起きはスースーだったが、それでも8時ごろお目覚め。
朝食時、セガレが「お口がいたーい」と食が進まない。昨日までは食欲旺盛だったんだけど…。顎がまだ少しふくらんでいて、そのせいか飲み込みにくいようだ。
一方のスースーは、少し鼻水が出るけどほぼ問題なし。食欲も普通にあるし(タイ米もパクパク食べる)、ずっとゴキゲン。強いぞ!
そのままプールに行ったら、しかしセガレは途端に元気になった。初めは浅いキッズプールで、のちに浮輪で大きなプールにも行ってプカプカぱしゃぱしゃ。噴水のトンネルをくぐる場所があるのだけど、きゃあきゃあ大興奮。よ、よかったね、楽しそうで・・・。
そのうちに海にも行ってみた。先月、房総の海ではヒーヒー言っていたセガレだが、今日は遠浅で水がキレイなためか、はたまた保育園でのプール三昧の成果か、抵抗なく突進。スースーも浮きをつけてチャプチャプしたり、お砂で遊んだり。
プールサイドでお昼を食べて(スースーはその場でお昼寝)、その後も泳ぎ続ける。私が「もうお部屋に戻って休もうよう~」といってもセガレはまだまだハイテンション。体力温存してほしいんだけどなあ。
結局6時間くらい水遊びして、ようやく部屋に戻っても、セガレはお昼寝などしない。
休憩もそこそこに、ホテルのキッズルームで少し遊んだあと、タクシーで大きなスーパーに買出しに出かけた。
お菓子や果物の他に、主な収穫としてスースーの浮輪類。持参した腕のフロートは、1つ穴が開いてしまったのだ(兄ちゃんのお下がりだからね)。それの新しいのと、あと足を入れる浮輪も買ったので、明日からもバッチリだ。
タイスキをたらふく食べてホテルに戻ると、部屋にケーキが届いていた。今日は私の誕生日。わー父ちゃんありがとう!!
セガレとローソク吹いて、もう夜の9時近いけどセガレ「とくべつ」にケーキを食べる。ココナツ味がコッチっぽい。ああ、シアワセでございます。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-22 23:58 | 旅行

サムイ島に到着。

昨晩は夜中の2時近く(日本時間)にバンコクに到着。夢の中の子供たちをホテルまで運ぶ覚悟をしていたが、着陸時には2人ともぱっちり覚醒してくれた。飛行機を降りてゲートに足を踏み入れると、ムアン、という空気。
「わー、南国の匂いだねえ。母ちゃんこれが大好きなんだ!」
トランジットで滞在したホテルは、空港からタクシーで10分くらい。昨夜は気がつかなかったが、今朝起きたら見事な「エアポートビュー」で、目の前の滑走路を飛行機がバンバン離発着している。朝6時に一番早起きしたセガレは大喜び。
そして今朝は2人とも、熱がない!!奇跡だ~。
セガレの顎の腫れが気になるが、痛がる様子もない。おたふく風邪だとしたら、予防接種のおかげで軽く済んでいるのかな?
11時過ぎに空港に移動して、13時発の飛行機でサムイ島へ。到着した途端、暑い暑い。
「あついのに、サムーイ!」って、そりゃ言うでしょー日本人なら当然。(スミマセン!)
ホテルの迎えの車で無事にセンタラ・ホテルについたのが14時半。旅装を解いて、ようやく一息つく。
実はサムイ島には新婚旅行で来て(メインはブータンだったんだけど、その後、ヒマラヤ・トレッキングの垢を落としに南の島に寄った)、今回6年ぶりの再訪だ。ホテルも同じ。大きなリゾートにはプールも沢山あるので子連れにも良さそうかなーと。
いやはや、6年たって、当時の倍の人数で同じホテルに来ているという事実には、さすがに一定の感懐がありますな。
夕方、早速プールに行きたいというセガレを「今日は探検だけね~」となだめて、リゾート内を散策。プールのすぐ向こうに広がるチャウエン・ビーチは白砂の長ーい砂浜で、まさに絵ハガキのような風景だ。明日はここで泳ごうね!
ホテルの近辺をブラブラ散歩して、島で最初のイベントとして予定していた「セガレの散髪」を済ませた。道端床屋みたいなのを期待していたのが見つからず、なんだか結構オシャレな店でのカットとなったが、100バーツ(280円)ナリ。
待っている間、店の奥からおもむろに2歳の女の子が出てきて(店員さんの姪っ子だそうで)、スースーと遊んでくれるというのが、ものすごく正しい展開で笑えた&助かった。スースーはタイ人のお姉さん達に次々に抱っこされても、ぜーんぜん平気。
夕飯はホテル目の前のシーフード屋へ。興奮して(?)頼みすぎたので、食べ残りは部屋に持ち帰った。子供が寝た後、買い込んできたビール飲みながらオットと平らげる。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-21 23:49 | 旅行

さて出発です。

今日からタイ旅行!と言っても夜の飛行機で、3時前に家を出る予定なのでそれまではのんびり。掃除・洗濯したり、セガレは父ちゃんと中央公園に遊びに行ったり、ほぼ普段通りに過ごした。
さてところで、昨晩スースーが少し熱っぽかった。今朝は37.4度。うーむー。機嫌はいいけど…。
ついでにセガレが、なんだか顎が腫れている。素人目にも「これはおたふく風邪なのでは!?」と思うような…。こちらも元気はあるが、すこーし熱っぽい。
おいおい。健康が取り柄のお子様たち、なぜ!今日!前代未聞の2人同時発熱!
日曜日だしなす術もなく、とりあえずオットと「おたふく風邪」の英名をチェックしてから(「ムンプス」です)、出発。
新宿から成田エクスプレス。成田では飛行機が1時間遅延したため時間たっぷり。展望台で飛行機を眺めた後は、キッズスペースで遊んでいた。2人とも…なんだ元気じゃないの。
20時5分に飛行機が出た後は、ほどなくスースーおやすみ。バシネットにぱんぱんに納まって寝てくれたので助かった。セガレはシートで寝る体勢を取るのに四苦八苦していたが、結果的には床に転がっておやすみ。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-20 23:59 | 旅行

海3日目。

海も今日で最終日。10時前にチェックアウトして、荷物を預けてまた岬公園に遊びに行く。磯を防波堤で囲んだ「海プール」があって、セガレの水遊びがには絶好の規模だ。スースーと私は、あとが面倒くさいので今日は水着はパス。足びちゃびちゃして遊びながら、セガレと父ちゃんが泳ぐのを眺めていた。
宿に戻って身支度したあと、バスターミナルから千倉行きに乗る。途中下車して道の駅「潮風王国」に寄った。実はオットの通う床屋さんからオススメ!と聞いたので来てみたのだけど、確かに、海遊びも出来る開放的な施設。ここでは海には入らなかったけど、セガレは池に置いてある本物の船にいたくひかれたようで、そこでずーっと遊んでいた。操縦室もあって船長さん気分で、「イシダイが釣れました~!」「今度はタコとってくるよ~!」とか叫びながら、船の中を駆けずり回っている。母ちゃんアワビがいいな~。イセエビもお願いしますよ!
お昼ごはんを食べて干物などの買物を少しして、またバスで千倉駅へ。時間があったので、駅前の店に入ってカキ氷を食べて時間を潰してから、新宿さざなみ号に乗った。子供2人が同時に昼寝するという奇跡的な時間が訪れたので、父ちゃん母ちゃんしばし、プシュー(←缶ビール開ける音)。おつかれさまでした。
[PR]

by pi-tang | 2009-08-16 23:34 | 旅行

海水浴&灯台。

今日は海水浴!スースーは人生初、セガレにとっても2年ぶりで、物心ついてから(今ついてるのか?)は初めてだ。
しっかし今日も暑そうだ。浜まで車で送ってくれた宿のおじさんが、色白スースーが日焼けするのをとても心配してくれる。赤ちゃんは日焼けすると、夜火照って寝られなくなってかわいそう、そうなると親も大変だから控え目にした方がいいよー、と。ご助言に従い、水着の上に長袖シャツを着せることにする。(冷房対策で持ってきたのが、こう役に立つとは。)セガレは保育園の毎日プールで真っ黒なので(こちらも赤ちゃんの時はまっ白モチモチだったけど、既に面影なし)あまり構わないけど・・・ラッシュガードはないので、ランニングを着せて泳がせることにした。
日除けのついたベンチを確保してベースを作って、さて行くべし!
セガレは早速、海辺の生き物探しに夢中。貝、カニ、海藻、舟虫、いそぎんちゃく・・・。「海辺のずかん」を読み込んでいるだけあって(笑)なかなか詳しいっす。
しかしいっこうに泳ごうとしない。浮輪をつけて泳ごうよ~と促して海に出たところ、結論から言うと「とっても怖い」(笑)。ひーひー言うのを無理やり沖(といってもすぐそこで、セガレでも背が届くくらい!)に連れて行くのだけど、母ちゃん浮輪から手を離さないでね!と必死だ。私が戯れで一瞬でも手を離すともう、ひいいい、と私の首根っこにかじりついてくる。まあ初めてだしね、こんなもの?
転じてスースーは、まだ恐れを知らない無垢ちゃんで、腕浮輪つけて抱っこで水に入るとニコニコ。波打ち際にお座りさせると、1人でべちゃべちゃ水を叩いている。少し遊んで上がったら、ほどなく父ちゃんの抱っこで寝てしまったので、ベビーカーでおやすみ。(ほんとラクな子だ。)
セガレもひとしきり楽しんだ後、昼前には海から上がった。
宿に戻り、部屋で買ってきたお昼ご飯食べて休憩。3時ごろまた散歩に出かけた。
昨日は入れなかった野島崎灯台に入場。77段の螺旋階段+それに続くはしご階段を、セガレは1人でとっとこ登った。外に出るとビュービューの風+海キラキラで気持ちいい!スースーも大喜び。下界の暑さが嘘のようでずっとその場にいたいくらいだった。
とっとこと下りてから、セガレは父ちゃんとまた磯遊びを少しして(その間スースーは私と、近くの芝生広場でアンヨの練習など)そして宿に帰った。
夜ご飯にはサザエを含みお刺身が沢山。とても美味しいけど・・・スースーごそごそで食べた気がしません(涙)。
[PR]

by pi-tang | 2009-08-15 23:56 | 旅行