カテゴリ:旅行( 82 )

海だ海だ!

さあ母ちゃんにも遅れて夏が来たよ!数日前からセガレと、「あと〇回寝たらうみ~!」と指折り数えていたその日がやってきた。
中央線で東京駅に行って、11時の特急さざなみ号に乗る。房総館山まではあっという間。バスに乗り継いで、途中で安房神社を見物したりしつつ、白浜にやってきた。
今回は民宿に2泊。住んでいる市と白浜町(旧)が友好都市で、民宿を安く斡旋してくれるというのに申し込んだのだ。バス停から10分余り歩いたところで、「「ふつーの家」然とした宿に着いた。おばさんが歓迎してくれる。
荷物を解いてひとやすみした後、夕食までの時間、すぐ近くの野島崎灯台へ散歩に出かけた。防波堤で魚釣りの人を眺めたり、磯を覗き込んだり。海女さん小屋もあって興味深い。(お盆で休漁中。)灯台に登るのは4時半までで時間アウトだったので、明日また来ることにした。房総半島最南端の碑の近くの展望台に登ると、水平線がまーるく見えた。きもちいーい。セガレはハイテンションだし、スースーもゴキゲン。
宿に戻ってお風呂と夕食のあと、今日は盆踊り大会があるというので再び広場に繰り出す。町の青年会主催だって。のどかでいいなあ。みんなお盆で帰省していて、この盆踊り大会で同級生に再会して盛り上がるのが毎年恒例なんだろうなあ。(←妄想。私には帰省先がないので、そーいうのがうらやましい!)
昼間あんなに暑かった空気も、夜はグンと涼しくて秋の気配。白浜音頭(というのがあるようだ)を聞きながら宿にボチボチ戻って、みんなでバタンキュー。
[PR]

by pi-tang | 2009-08-14 23:32 | 旅行

秋川渓谷へ。

週末は、私の両親と一緒に武蔵五日市に一泊旅行に出かけた。
昨日は秋川で川遊び。お弁当を広げた後、待ちかねて水着に着替えたセガレは、父ちゃんと網を握りしめて小魚や小カエルを飽かず追いかける。水はまだ少し冷たくて(泳いでいる人も沢山いたけど)、スースーは足をつけたら最初フェーンと泣いていた。私は初めて来たけど、三鷹駅からほんの1時間でこんな清流で遊べるなんてウレシイなあ。
そうそう川辺では偶然、職場の同僚グループに会ってビックリした。(バーベュー大会だって。楽しそう~。)
今日は宿の目の前の川でまた少し遊んだ後、バスに乗って「払沢の滝」へ。バス停から滝までの遊歩道では、セガレも大張り切り。滝でひとしきり森林浴してから、またバスで温泉施設に寄って、そしてホリデー快速で一気に帰ってきた。近場も悪くございませぬ。
[PR]

by pi-tang | 2009-07-12 23:58 | 旅行

京都行ってきた。

この週末は京都に遊びに行ってきました。金曜日の午後にオットが京都で仕事があるというので、あら偶然、私もちょうどその日に子供と関西旅行に行こうと思っていたのよ~、と(笑)。
じゃあ落ち合いましょう、ということで、夕方嵐山の宿で合流することになったものの、そこまで私は子供2人を連れて「のぞみ」に乗って行かないといけない。我ながらチャレンジ大一番です。しかも座席は1つ。(セガレの指定席取ると、運賃も小学生並みに取られるそうな。そんな~。)事前にはかーなーりドキドキでしたが、平日の午後でまず空いていて、3人席を占拠してなんとか過ごせました。(しかものぞみって乗り慣れてないんだけど、座席前がゆったりしていて、ベビーカーをそのまま入れられたのでかなり助かった。)
さて、晩春の京都。
そして、嵐を呼ぶ男、セガレ。
土曜日は見事に雨でした。雨雨雨。ええ、雨ですとも。
大人だけだったら、「雨の京都散策もまた風情が。」で済むのかもしれないけど・・・天気予報を見て覚悟と備えはしていたものの、まあ結構珍道中でしたわ。何はともあれ、セガレのナイロンの雨合羽がワークしないことが発覚し、アウトドア用の防水加工のすごいやつを買ってやろうと固く決心した母ちゃんでした。(セガレの服に雨が滲みているのに気づかぬまま歩かせてしまい、脱がせた時には、すわ虐待かって感じにぐっしょり濡れそぼっていた。いや、傘をささないと言い張ったセガレも悪いのだが。)結果的には、嵯峨嵐山散策は早々に諦め、街中で錦市場はじめアーケードの下をぶらついておりました。
日曜日もスッキリしない天気ながら、前日に比べれば格段に良い感じ。散策の後、トロッコ電車と保津川下りを楽しみました。前日の雨で水量たっぷりの川下りはなかなかスリリングで、セガレは「なみこわい~やだ~」と途中大泣きでしたが。
そして嵐電に乗って街へ出て、またのぞみに乗って帰ってきました。
はあ。子供に風邪をひかせないことに注力しすぎて疲れてしまいましたが、でも珍道中は珍道中なりに思い出深いものになった・・・はず。
[PR]

by pi-tang | 2009-04-26 23:41 | 旅行

魚と温泉とイチゴ。

嵐が去って、残りの行程はピカピカ。初夏のようなお天気のうちに過ごせた。
日曜日は鴨川シーワールドへ。初めて来たけど、房総中の家族連れが集まったかと思われるような大盛況でビックリ。でも混雑の中をシャチやらイルカやらのショーもいっぱい見れたし、水族館としても充実していて、セガレもうれしい。(ただし、シャチのショーは、直前にスースーと授乳室に行っていたら席取り戦略に失敗して、セガレは父ちゃんの肩車で見れたけど、私はほとんど見えなかった。うー残念。)
翌日は、宿泊した小湊をプラプラ。お寺に行って、遊覧船に乗って鯛の群れを見て、砂浜で遊んで(嵐で色々なものが打ち上げられていて、セガレ興味津々)。その後館山までトボトボ移動して、イチゴ狩りをした。30分間食べ放題一本勝負だって!
この際言っておくけど、私は実は果物の中でイチゴが一番好きだ。(マンゴーも好きだけど、皮をむく手間がない点でイチゴに軍配。ドリアンも好きだけど、これはもはや別カテゴリー。)
とエバるほどのことでもないんだが、まあそんなわけで、母ちゃんかなりエキサイト、鼻息荒いぞ。ハウスの中はベビーカーは当然入れず、スースーは最初のうちこそ父ちゃんに抱っこされていたが、ほどなく畦の地べたに放置されて土まみれになって、それでも両親兄はそれを無視してイチゴを貪り食った。とっても甘い美味しいイチゴだった。食べた食べた。これであと1週間くらいは(だけですか!)、イチゴは見たくもない。
その後、ハウスの周りの田んぼの畦で駆け回って、つくしんぼを少し摘んで帰路に着いた。帰りの特急は予定通り、17時すぎに東京駅に到着。セガレも楽しみにしていた「うみのおんせん」への旅行、無事終了。
[PR]

by pi-tang | 2009-03-16 23:57 | 旅行

雨男どころではない。

週末から2泊で南房総へ旅行に出かけた。引越し1週間前の我々にそんな余裕があろうか。いやない。しかし、諸般の事情で(って要は、年度内が期限のクーポンがありましてね)、決行。
あいにく本日の天気は春の嵐の予報。ドンピシャ当たったようだけど、11時東京発の特急わかしおに乗るべく家を出るときには雨も止んでおり、もう過ぎ去ったものとタカをくくって出かけた。が、余裕で到着した東京駅で件のわかしおが「強風のため運休」と知る。がびーん。嵐は東に行くのね・・・。京葉線は風に脆いのね・・・。
しょーがないから13時発のに振り替えて、でも駅で子供連れて時間を潰すあてもなく、しょーがないから高島屋まで歩いてみた。「階段でアンモナイトの化石でも探そうかね・・・」と自嘲しつつ、ためしに案内所のおねーさんに聞いてみたら、ちゃんと「店内化石パンフレット」を頂きましたよ!すごいぞ高島屋!しかも、化石探しにセガレがくらいつくこと。あっちにも!こっちにも!と探して(すごい沢山ある)、母ちゃんが、催事場の物産展で試食しようよ~と提案しても(笑)、そっちのけ。あとはおもちゃ売場にいたら、結構あっという間に時間になった。
そして駅に戻ると、しかしなんと13時発も運休とのこと。「遠いぞ南房総・・・!」と途方に暮れるが、まあ別に現地で予定があるわけでもなし、夕食にありつければ御の字、と観念してホームに新聞紙敷いて座り込んで過ごす。赤ちゃん連れの旅行は、もともと予定はあってないようなもの。不測の事態(天候含む)への備えは余念ないわけで、初日の嵐くらい、なーんともないざます(←負け惜しみ)。結局14時半に電車は出発し、あとはあっという間で明るいうちに着けたけど、余裕でグアムあたりと同じくらい遠かったぞ南房総!
はあ。来るだけで疲弊した分、あとは夕食の魚と温泉を堪能した。
ところで、以前オットと2人で旅行していた頃には、オットの「やや雨男疑惑」を私の「晴女度」が凌駕していたようで、天候には大抵恵まれていた。それが、過去3年間の子連れ旅行の統計をみたところ、薩摩で台風に遭遇したり、ランカウィ島では嵐で飛行機が着陸出来ず、やっと着いた途端どしゃどしゃだったり、那須では同じように春の嵐で東京駅まで3時間かかったり。その他、松本でも伊豆でも箱根でも別所でも雨に遭ったな。
セガレ、嵐を呼ぶ男、大決定。
[PR]

by pi-tang | 2009-03-14 23:17 | 旅行

歳末ポカ納め。

八ヶ岳旅行からの帰りの出来事。小海線の駅まで知合いの車で行き、盛大にお見送りして頂いて、4人で電車に乗り込んでほっと一息。小淵沢駅であずさに乗り換えるべく、さて・・・あれ?あれ?荷物がない!一番大きなカバンがありません。
顛末を詳細に書くともうそれだけでへこむので割愛しますが、要は乗った駅の待合室に置き忘れてきたのです。結局知合いに電話して、駅に戻って荷物を拾い、それを自宅まで発送して頂くという大メイワク者と相成りました。
何がいけないって、急がない荷物は先に宅配便で自宅に発送していたので、そのカバンの中には厳選された「急ぐ荷物」(=洗濯物)が入っていたのです。翌日から実家にお泊り予定につき、子供の服の着回しプランがかなり戦略的に練られていたのですが(子供2人分の服の多さったら!)、荷物が翌日着となってしまってはその晩の洗濯はあっさり不能。
がーーーーーーん、戦略的プラン、台無し!
・・・母ちゃん相当落ち込みました。
敗因は明確です。オットがベビーカー(スースー)を押して、私がセガレの手を引いていた。それぞれ、それに注力していた。
大人2人で子供2人を、電車で無事に運ぶので精一杯!生き物運ぶので精一杯!自ら主張しないカバンなんて、あっという間に置いてかれる運命!カバンも泣けばいいのに!(←八つ当たり。)
次回以降は役割分担を明確にし、かつ指差し・声掛け確認を怠らないことを、オットと固く誓い合いました。とほほ。まあ子供忘れてこなかっただけヨシとしようや、とも。・・・いやいや、この超プラス思考が、時に物事の進歩を妨げるのです。猛省のうえ、来年はもっと緻密にいろいろ、がんばるぞ。
[PR]

by pi-tang | 2008-12-30 23:30 | 旅行

雪を探しに。

年の瀬も押し迫ってナンですが、昨日今日と1泊で、八ヶ岳の知り合いのおうちに遊びに行きました。スースー連れ4人で初めてのお泊り(実家以外)に際しては、「安・近・短」を実践してみました。(「安」は知り合いのお宅で「気安い」ね。)
両日ともスカっと好天で、往きの「あずさ」の車窓から始まり、終始富士山を堪能。うっとり。
初日の夕方、スースーは温泉露天風呂に無事デビューしました。(ひとつも泣かず。すばらしい!)セガレはその露天風呂で、父ちゃんと「流れ星」を初めて見たそうな。
今年はこの周辺でも雪がまだ殆ど降っていないそうです。「セガレに雪遊びさせたい」という野望を満たすべく、翌日はスキー場に連れて行って頂きました。子供用のスノーパークで「ソリ遊び」に初挑戦。セガレは怖がるかと思いきや、親と2人乗りしてゴキゲンでした。(スースーはその間、奥様と同行Mさんが屋内のカフェで見ていてくださいました。)
その他、今回も素敵なおうちでゆっくり楽しませて頂きました。美味しいものも食べ続け。ありがとうございました。
でもまあやっぱ、赤ちゃん連れの旅行は何かと大変だわ~。(詳細は次に!)
[PR]

by pi-tang | 2008-12-30 23:07 | 旅行

お米を作りに。

早起きして朝風呂浴びて、早目の8時過ぎにチェックアウト。ローカル線を乗り継いで、小諸に移動した。昨夕から降り始めて明け方には土砂降りだった雨が、着いた頃には奇跡的に上がった。
10時前に俳句のお仲間に合流する。今回の旅の、温泉は実はおまけであって、もひとつちゃんと目的というか、イベントがあるのだ。
高濱虚子記念館の近くの休憩所に移動して、一同着替えて(セガレも雨合羽の上下を着込んで)、ほど近くの田んぼまで歩いて出かけて、さていざ、「田植え体験」!
セガレを従えて張り切る父ちゃんを横目に、ニンプは傍で見学。さすがに、田んぼで前かがみはおなかがジャマそうだし、こけたら立ち直れなさそうだし、足も冷えそうなので。
お世話の方の説明を聞いてから、10名あまりの参加者(セガレ込み)が、行列をなしてずぶずぶと水田に足を踏み入れた。c0053700_728825.jpg
実は田植えなんて見るのも生まれて初めてだ。おもしろーい。でも、やはり大変な作業だな。
セガレは真剣な様子で父ちゃんにひっついて、早苗を2、3束は植えたらしい。よろめきながらも案外転ばずに、途中で畦に上がって母ちゃんと一緒に見学。
事前に、「今日はおこめをつくるよー」と入れ知恵されていたセガレだが、田んぼから上がった後も「おこめはどこにあるの?」と不思議そうだった。ごもっとも。要は、何がなんだかわかってなかったな。数ヶ月後に稲穂に実ったのを見ることができたら、さぞかしたまげることだろう。
30分あまりの奮闘の後みんなが引き上げると、お世話の方が、残りの田んぼに、今度は田植機で一気に植えるのを見せてくださった。なんて画期的。すばらしい。
c0053700_7442264.jpg(←右側が素人さん一同お手植。左側が機械植。その差は歴然!)
休憩所に戻って足を洗ってお昼を食べて、その後は2時間ほど、吟行がてら近所をブラブラ。俳句はからきしだけど、楽しいお散歩だ。
15時からの句会に、我々は新幹線の時間の都合で参加できないので、投句だけしておいとまする。
帰りの電車では、もちろん3人で爆睡。(セガレよ、せっかくの「あさま」なのに!)気がついたらもう上野だった。
さてさて。さすがにもう、出産前の旅行は今回でおしまい。セガレ、温泉はしばらくお預けだねー。(と思ったら、父ちゃんが、「9月の刈り入れにはセガレと2人で来る!」と張り切っている。えー、私はコハルンとお留守番!?)
実は今回は、私の勤続記念旅行でもあった。職場にもらった旅行券、大きなお腹では(かつ産後しばらくはなおさら)使えないよーと思ったけれども、ギリギリ活用できて、あーよかった。(一緒にもらった休暇の権利は、産休間近で休んでいる余裕がないので、やむ無く返上。)
[PR]

by pi-tang | 2008-05-25 22:55 | 旅行

信州へ新樹旅。

この期におよんで温泉行脚。本日は「あさま」に乗って信州方面へ。
上田で乗り継ぎ、昼過ぎには別所温泉に到着。早目に宿にチェックインした後、手ぬぐい持って散策に繰り出す。北向観音や国宝の五重塔を参拝。新緑がむわっと薫る。咲いている花は、東京よりも半月くらい遅い感じで、ツツジやオダマキ、コデマリなどを沢山見た。小ぶりで歩きやすい、素敵な風情の町だ。
散歩の道々、旅行会社からもらった外湯めぐりパス(他の提携宿のお風呂にも入れる)を駆使する。夕方自分たちの宿に戻るまでに、共同浴場を含めて既に3回もお風呂入っちゃった!お湯も良くって、一同ツルツルご機嫌。
宿で美味しいごはん食べてまったりしていると、たまたま土曜日には館内で「紙芝居とわらべ歌の会」があるというので、行ってみる。お客は私たちだけで、地元のおばさんが、セガレのレベルに合った紙芝居を読んで、手遊びをしてくれた。よかったね。
その後はまたお風呂入って、そして早めにバタンキュー。
それにしてもセガレは温泉小僧だ。大好きらしい。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-24 22:31 | 旅行

この上ない子供の日。

4連休のはじめの3日間、箱根に遊びに行ってきました。オットの両親も一緒で、ご一行様にセガレもうれしいうれしい!
ロマンスカー乗って電車乗ってケーブルカー乗って、おじいちゃんおばあちゃんとお風呂に入って。翌日はロープウェイ乗って、海賊船乗って、公園でしゃぼん玉して、柏餅も食べて、そしてほんとにいっぱい歩いて。
最終日は子供の日。金時山の麓の公時神社で公時祭があるというので、行ってみました。
普段はひっそり閑としているであろう素朴なお宮に、今日は大きな鯉のぼりが飾られて、沢山の人でにぎわっています。わーいお祭だ!境内には大きな「まさかり」の像があったりして、なるほど金太郎。
お参りをしたら「金太郎飴」を振舞われました。(でもセガレにはまだあげなーい。曰く、「神様の食べ物だからね」。)父とオットは、これまた振舞いのお神酒で昼酒飲んでます!
境内では獅子舞が奉納されていて、これが独特のもので(国選択無形文化財とか)、興味深く見入ってしまいました。最後にはセガレもお獅子にガブリと噛んでもらいました。お正月に保育園にお獅子が来た時は恐怖に慄いていたセガレですが、今回は微妙に表情固まったまま、でも大丈夫でした。克服したかな?
あー思いがけず、縁起の良い子供の日となって、楽しかったねえ。
バスは渋滞の中をゆっくり山を下り、ロマンスカーに乗って夕方には帰京。
夜は自宅で、これも公時神社で戴いてきた菖蒲をお風呂に入れて、沢山歩いた疲れをほぐしました。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-05 22:26 | 旅行