<   2005年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

年度末です。

あっという間に年度末!お世話になった人達が何人か今日付で退職される。挨拶回りされているのを眺めるにつけ、毎年のことながらちょっぴり淋しくなる。
明日からは新年度。我が部にも新人が1人来るのをはじめ、数人が配属替えになるとのこと。今日の夕方は新体制に備えて一斉に席替えをした。私はこの正月に席替えしたばかり、且つあと2週間で産休に入るのだが、玉突きなので仕方ない。上司が「また引越ししてもらうけど、アナタの場合はもれなくOくん(1年生)のおまかせパックつきだから。」と言ってくれた。
果たしてOくんはじめ周りの人がみんな手伝ってくれたおかげでラクちんにお引越しできた。(私がちょっとでも運ぼうとすると「ここで産まれたら困るから!」と怒られた。)
しかも私の汚い机周り、この機会に片付けの端緒につくことができて良かった。あと2週間でちゃんとキレイにしなきゃー。・・・と、12年の間に意外に溜まってしまった私物を前にため息。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-31 22:39 | 雑記

快適空間。

同期Kちゃんと、いつものおバカ話の延長で私の腹具合についてしゃべっていた。「仕事中も胎動がぐにょぐにょスゴイので気が散るんだー」と言ったら、「赤ちゃんも狭いところで窮屈で、体伸ばしたくてしょうがないんだろうね」と言われた。たーしーかーに、そうなのかも。
さしずめエコノミークラス症候群になっちゃうから体操してるのね、「ママ~ここ狭いよ!せめてビジネスクラスにしてよ!」って言ってるのかも、でもそれってすごいヤな子だね~、とひとしきり大笑い。
そうねえ。もしもオットのおなかに移動できたら、ビジネスどころかファーストクラス並みのゆったりさで、ぷーかぷーか快適に過ごせそうだ。
でもそんな贅沢?はさせてあげられないから、赤ちゃん、もすこし我慢しててね。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-30 22:51

適正飲酒。

昨夜はオットが、同僚某課長に誘われたので飲みに行くよ~と言ってきた。年度末記念?、はいはい行ってらっしゃーい。
私は家でいい加減な夕飯を食べて、とっとと布団に潜りこんで本を読んでいた。ヨッパライが帰ってくる前に寝入ってしまおうという算段だ。が、つい読書に夢中になってしまい、まだ灯りがついているうちに、あらら、オットがご帰還。
うわーこのゴキゲンな表情、「明日の朝はなんにも覚えていない」ことは一目瞭然だ!
ずいぶんと饒舌で、飲み会で話したあんなことこんなことを逐一教えてくれるのを、フンフン良かったねー、と聞き流し(ちなみにおなかの赤ちゃんに向かっても「おーい、○○課長がコウコウ言ってたぞ~」って大声で話しかけていた)、ほどなくハイおやすみー、と眠りにつかせた。

翌朝冷蔵庫を開けてみると、オットが無意識のうちに帰途コンビニで買ってきた「プリン」と「ポテトチップ」と「チロルチョコ(2個)」と「ぽんかんジュース」が入っていた。私の歓心を買うための珠玉のセレクションだと思うとちょっとトホホである。(が、プリンは朝一緒に食べ、チョコは会社に持っていって速攻食べた。おいしかった。)
「・・・キモチわるーい・・・」と言って起き出してきたオットは、案の定何にも覚えていなかった。夜中に私に話し続けて入眠妨害したことはおろか、飲み会の様子の一部も記憶から欠落しているらしいので、「○○課長はこうなのよ。こんなことも言ったのよ。」と私が全部教え返してあげた。

しかし、私も普段は「記憶喪失の酒」なので(エバる話ではない)、オットのこういう有り様には実は極めて寛容だ。ニンプになって飲まなくなり、「覚えている自分」の優越感がたまらない。
・・・なんて悦に入っている場合じゃない!ことはわかっている。
とせめて、サントリーにもらったモデレーションカレンダーの日付欄に、きちんと「飲みすぎシール」を貼っておいた。オットさま、くれぐれも肝臓大切に。
(ちなみにこのカレンダーは、私にこんなことも言ってくれるいいヤツだ・・・。)
[PR]

by pi-tang | 2005-03-30 22:28 | 家族

春をお散歩。

今日は特段のあてもなく散歩しました。まず日本橋に出て、1周年というコレド(おもちゃ売場)、丸善(靴の修理)、三越(ベビー服売場ウロウロ)。地下のお菓子売場では春の和菓子をたくさん眺めてまさに眼福。それから地下鉄で銀座に出て、木村屋であんぱん買って、無印良品覗いて、ビックカメラで遊んで、それで帰ってきました。
オットが財布を家に忘れてきたので、散財せずに済んで何より?
春風の中でのウィンドウショッピングは楽しかったけれど、さすがにふうふうです。椅子を見れば座る。ちょっと歩いちゃ座る。赤ちゃんがおなかの中で「やすめー」と主張するようになったので、言うなりです。
コートの要らない陽気を幸い、地下鉄ではお腹を突き出して優先席に突進。これまではコートで隠れて、今いち妊婦ということがバレませんでしたが(別にツラくなかったからよいけれど)、良いタイミングで春になったものです。
夕食はそのまま家の近所で、おいしい羊の焼肉をたらふく食べました。満足。
でもね赤ちゃんサマ、「やすめー」って言われたら休むから、お願いだから「食べろー」って言わないで、あんまり。言うこと聞いちゃうんだからさあ、私。(←責任ヲ赤子ニ転ズ。)
[PR]

by pi-tang | 2005-03-27 22:21 | 散歩

舟遊び。

今週は火曜日まで遊んでいたので、3日間出勤したらもうまた週末がやって来た♪
しかもぴかぴか陽気だ。先日書いた「さくらまつり」の舟遊び、桜が咲いたらさぞかし混むだろうと思い、確実性を狙って今日のうちに乗ってみることにした。(しかし少なくとも今日はガラガラであることが判明し、開花後の状況もちょっと心配。がんばれ深川観光協会!)
お昼過ぎ、我が家から10分ほどの黒船橋の船着場でボートに乗って、大横川、平久川、小名木川を巡って高橋(たかばし)まで約40分間の水上の旅。船出ほどなくして、うちのマンションの目の前も通り過ぎた。水上から我が家を見上げるというのもオツなもの。船上ではNPOの方(深川在住25年の公務員とのこと)が深川今昔あれこれの興味深いお話を交えてガイドしてくださった。貯木場が新木場に移転する前の風景や、昔はすぐに大水が出て大変だったという話・・・。この町に暮らして常々思うことだが、数十年前の木場の風景、私も同時代に生きて目撃したかった!
なんでも江東区では、ゆくゆく河岸を更に整備して、日常交通、観光、防災、等の目的で水上輸送を活性化させる試みがあるらしい。確かにこの豊かな運河網は立派な「資源」と言えるだろう。(住宅や倉庫が並ぶ変哲のない沿岸風景をどう見せるかは工夫のしどころだけれど。)
ちょうど今担当しているスリランカの観光プロジェクトで、ある漁業の町の古い運河を再開発して観光客用の遊覧ボートを浮かべ、地域住民にお金を落とそう、という計画を作っているのだが、まさにまさにこういうことか、と合点がいく。多くの人にとっては「水上」って非日常だから、私みたいに単純な観光客が喜びやすい分野なんだと思う!

高橋で下船して、せっかくなのでほど近い「芭蕉記念館」を訪ねて、隅田川べりを散歩しながら清澄庭園まで出て、おやつを食べながらボーっと暫くを過ごした。水もすっかりぬるんで鯉も元気元気、カンヒザクラは満開、木蓮も景気良く花弁を広げ、芽柳の黄緑色も目に優しい。
さてさて、いよいよ春爛漫。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-26 22:09 | 散歩

ちょっとした悩み。

南伊豆から東京に戻り、夜は俳句会に直行した。
今回旅行に行って何が良かったって、久しぶりに俳句を作れたのが良かった。
ニンプになってからこちら、どうも本能が先に立つ生活を送っていて(「お腹すいた」「疲れた」「眠い」の類)、いわゆる「ワビサビ」なーんて、感じているヒマがない。(俳句は別にワビサビの世界だとは思わないが。) 昨秋から年末、正月、早春・・・にかけて、ゆっくりと季題に向き合うこともなくここまで来てしまったのは、実はとっても不本意だった。
今回の旅行では吟行しようね、と宣言していたので、だから、伊豆で春爛漫の季題にいっぱい出会えたのはラッキーだった。

俳句会の後、例によってみんなでちょっと一杯、を傾けつつ先生に、その旨(「どうも直情的で俳句ができんのですわ」と)正直に告白したら、「そんな時こそ季題をじっくり観察して、感情を排除した本来の客観写生の句作に打ち込むチャンスでしょう」とアドバイスされた。
ううーむ。なるほど。目からウロコが落ちた? ほら、メモ、メモ。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-22 23:54 | 俳句

春を先取り。

月曜から一泊旅行に行ってきた。オットが、年度内にリフレッシュ休暇を取る必要にかられていたものに、私も便乗。
ニンプっぷりも堂に入ってきた今日この頃、「攻め」の姿勢もそろそろフェイドアウトだ。「人里離れた山奥の秘湯へ」の野望は已む無く却下して、「イザとなれば病院があるような集落のそば」という観点から、目的地は南伊豆に決定。

「踊り子号」で下田駅に降り立つと、願ってもないぴかぴかお天気!やはりこちらは春が早く、汗ばむような陽気で、持参したコートはあっという間に邪魔っけだ。
早速バスで石廊崎へ出た。久しぶりの太平洋だ~。伊豆七島こそ春霞の奥だったが、いつか潜ってみたい神子元島や、行き交う岬めぐりの遊覧船を望みつつ、礁(いくり)を洗う春潮を飽かず眺める。
宿への道中、広大な菜の花畑に遭遇したので迷わず立ち寄る。すばらしく満開。無口になるくらい感動。昔教科書で習った「いちめんのなのはな・・・」っていう詩が自然と口をつく。(これね。
c0053700_21525614.jpg
黄色とはなつかしき色花菜畑  (←思わず作った句)

下賀茂温泉では、カラダが溶けるかと思うくらいメいっぱいオフロに入った。海の幸も満喫してゴクラク、ゴクラク。

翌日は予報通りあいにくの天気だったが、それならそれで、ということで、時折春雨がぱらつく中、下田の町を散策した。釣り人を冷やかしたり、足湯に浸かったり。
張り切って散歩した結果、帰りの踊り子号では例によって爆睡してしまい、「スーパービュー」車両の広い窓も全く関係なかったのが若干悔やまれるが、まあいいや。

さすがに今回が最後のニンプ旅行との覚悟だったが、春先取りの濃ゆーい2日間だった。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-22 23:34 | 旅行

集合。

実家の両親と一緒にオットの実家にお邪魔してお食事会。両オヤ的に大イベントで、訪ねる方も大ハシャギなら、迎える方も大興奮、で気合のお料理の数々が迎え撃ち。
オットと私は実はラクチンな立場だったので、バクバクおいしく頂くばっかりでした。

余興として?「名づけ会議」を仕掛けたのだけれど(数十個の命名案を羅列した叩き台の紙を持参)、またもヨッパライの人々にはぐらかされて、失敗。う~どうなることやら。
でも名づけ会議している場合じゃないくらい、あれこれ楽しいおしゃべりにあっという間に時間が過ぎました。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-20 23:29 | 家族

ハウスキーピング。

オットが珍しく出勤の土曜日。普段は、こんなお天気の良い週末は出かけないのがもったいない!と思ってしまう貧乏性なタチなのだが(そしてそんな時はあっというまに家事は後回し)、今日はどういう風の吹き回しかお留守番気分。ほうほう~。これはこれですごく贅沢だ。今日のイベントはズバリ、「家事」。
不在通知が入っていた小包の再配達を受け取って(「来るべき郵便屋さんを待つ」という行為自体が、お留守番気分満杯)、洗濯機2回も回して、掃除機かけて、大サービスでモップがけまでして、その他「オットの家事領域」までガシガシ侵犯して、買物にも出かけて(昼間に1人スーパーに行くのも実はとっても久しぶり)、その後2時間もアイロンがけして・・・、
とまあ、取り憑かれたようにこなしたこなした。
といっても所詮イタについてないので、おままごと感覚ではある。たまにだから楽しいのね。
なーんて言っている場合ではない。
4月からハウスキーパーとしてがんばるぞ!
掃除のおかげでギシギシ痛む腰をさすりながら(←ニンプっぽい)、静かに自分に気合を入れてみる。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-19 22:20 | 家事

楽しみなこと。

春だ休みだ連休だ!
引越しまであと一ト月を切り、残り少ないモンナカでの週末に、予定を押し込めています。
楽しみなことのひとつがこちら
我が家の目の前を流れる大横川沿いの桜を、和船からゆったりと愛でる、なーんて、ゆかしいことこの上ない!(汐入川なので、時にいろんなものが流れてくるこの川を?という気がしないでもないけれど。そういえば余談ですが、一昨年の総選挙の時、うちのマンションの眼下をボートが走ってきて、何事かと思ったら地元の候補者(「下町の貴公子」「下町のケネディ」との異名を取るらしい?元大臣)が、「住民のみなさま~!水の上から失礼しまーーーーす!○○をよろしくお願いしますーー!」と叫んでいて笑ってしまいました。水の町深川ならではの光景です。)

川沿いの桜のライトアップも楽しみ。これまでしていなかったのが勿体無いくらい立派な並木なのです。・・・でも、勿体無い、と気軽に書くけど、きっとお金かかるんだろうなあ。がんばれ商店街!お客さんいっぱい来て成功するといいですね。
[PR]

by pi-tang | 2005-03-18 22:58 | 散歩