<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

生まれた生まれた!

Mちゃんが先週の金曜日に女の子を出産した。予定日よりも3週間ほど早いのでちょっとビックリしたけれど、ご無事の出産で何より何より。
今日早速会いに行った。Mちゃんの実家近くの病院、ということは私の実家も近い。夜だったし、総合病院に赤子を連れて行くのはまだちょっとコワイので、赤子は実家に預けて行った。
予定より早いだけあって小さな赤ちゃん!うちの赤子の出生時体重とは1キロ以上も違う。新生児室のガラス越しに、スヤスヤかわいく眠っていた。当面はネンネがお仕事ね。がんばって大きくなってね~。
ママとなったMちゃんは大変に元気そうだ。小さい赤ちゃんでしかも無痛分娩、結構ラクショーだったらしい。「産後の肥立ち」という単語すら無縁のようにピンピンしている。うらやましいぞ。
それにしてもうれしいな。これから赤ちゃん同士遊ばせるのが楽しみ!
[PR]

by pi-tang | 2005-11-29 22:59 | 雑記

涙のヒミツ。

赤子は最近泣き方がオオゲサだ。
新生児の頃は、涙腺が発達していなかったためか泣いても涙が出ずに、しばしば私から「ウソ泣き疑惑」を持たれていたものだが、最近は、ちょっと泣いても大粒の涙がボロリンボロリンこぼれている。ああ、オオゲサオオゲサ。眠いからって身をよじりながら涙を流すのはどういうワケだ。黙って眠ればいいのに。誰も止めないよう。
なーんて思いながらなだめているはずみで、赤子の涙をペロリと舐めてみた。
ちゃんとしょっぱかった。
母乳は確かにほの甘いのに、赤子は母乳しか飲んでいないのに、赤子の涙にはちゃんと塩分が組成されている。
すごい、すごいね。なんだかびっくり、感動した。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-28 22:42 | 母業一般

また紅葉。

行く秋を惜しんでまた紅葉散歩しましょう~と、午後から出かける。
早稲田大学の銀杏は見頃。演劇博物館を覗いてから、神田川を渡って関口芭蕉庵に寄って、胸突坂をせっせと登って椿山荘に出た。
今日は大安だったようで結婚式のカップルがいっぱいいた。眼福眼福!それにしても薄汚いカッコしたこのフウフ(ベビーカー連れ)がこんな華々しい場所にお邪魔するのはちょっと気が引けるが、まあいいか。
もしもスタッフに誰何されたら、「結婚式を挙げないまま子供が出来たが、将来子供に結婚式の写真を見せて、と言われた時のために、やっぱり式を挙げようと思って下見に来ました。」と答えることにしよう、と口裏を合わせて突入した。お庭をひと回りし、見事な紅葉を堪能。
あれれ、誰も誰何してくれなかった。おかげでウソをつかずに済んだ。それどころか、「授乳スペースはありますか」と聞いてみたら(←結局ずうずうしい)とても親切に案内してくれ、快適な数十分を過ごしてしまった。
お金落とさなくてスミマセン。今度結婚式を挙げることがあれば、是非使わせて頂きます。(!?!?)
[PR]

by pi-tang | 2005-11-27 21:14 | 散歩

離乳食開始!

タイトルの通り。親なりに、大イベント。
オットの実家から頂いたおいしい新米で10倍がゆを作りました。うーんなんて贅沢な。赤子クン、キミはいい季節に生まれたねー。
果汁をあまりおいしがらなかったので、それ以降3週間くらい母乳しかあげていませんでした。今日も、まあ試しに、くらいの気持ちでね。
ところが、最初の一口を口にした途端、赤子ったらニンマリして、その後もスプーンにハグハグくらいついてはペロリと完食。なんと。こちらがびっくり。
どうやら食いしん坊まで父ちゃんゆずりか。いいぞいいぞー。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-26 22:04 | 母業一般

なつかしかった。

近所に住む同僚Tちゃんのおうちに夜ごはんを頂きに遊びに行った。転職した昔の同僚(パパ)が4歳の男の子を連れて遊びに来るよ~というので、誘ってくれたのだ。彼と会うのは久しぶり。かれこれ10年近く前に一緒の部署で働いていた3人、当時は社会人としてコドモだった私たちが、今こうしてホントの子供を連れて再び集うことになろうとは。
なーんてしみじみしながら、子供と積木遊びをしながら、おいしいカレーを頂きながら、和やかなひと時。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-25 23:11 | 雑記

口座開設。

赤子名義の預金口座を開設した。
出産祝いで頂戴したお金はこれまでタンス貯金しており、ちょっとした赤子用の買物の際に、「じゃあこれは○○さんから頂いたお金で買ったことにしましょ」という感じでありがたく使わせて頂いていた。
が、いつしか何かの拍子で、「ちょっととりあえず」生活費に使い込まれる事態が生じてきた。(いやー、銀行でおろしそこねた時トカに・・・お金にはイロがついていないし・・・いやはや、私がルーズなんですね、スミマセン。)
こんな調子ではこの先適正に管財していく自信がないので(ただでさえ「家計簿つけ」は私の弱点)、その旨オットに問題提起し、家族会議を持った。
「赤子用に頂戴したお金が、私たちのサンマやら豆腐やらに化けているのは問題だと思う。」
「キミのサンマならまだいい。母乳となってやがて赤子に行きわたるんだから。問題は、ボクだ。」
「そうそう、アナタの食べるその大根代になっているのは、いかがなものか。」
「ボクのこの、ビールに化けているのは、いかにも説明がつかない。」
「いわんやあの、激ウマ焼酎に化けているのなんて、論外論外。」
・・・ということで、やっぱりちゃんと全部貯金することに決定した。

それから赤子の印鑑を準備して、昨日勇んで郵便局に出かけたのだが、私が赤子名義で口座を作る際には、親子関係を照明する書類の提示が必要です、とダメをくらった。昨今厳しいのね。
で、本日母子手帳を握り締めて再度出頭。ようやく開設できた。あーすっきりした。赤子よ安心してね、母ちゃんもう、使い込みしないよ。

以上、お祝いを頂戴した方々への感謝をこめまして。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-25 22:57 | 母業一般

歩け歩けの日。

勤労感謝の日。最近勤労していない私としては、オットをせいぜいいたわろう。いつもお疲れサマです。
はい、いたわった。
じゃあ、お天気良いのででかけましょう!

信濃町へ出て神宮外苑の銀杏並木を見に行った。キレイだけど、見頃はあと1週間後くらいかな。でもすごい人出。絵画館周辺では折しも「いちょう祭り」が開催されていて、またもや全国物産展に遭遇した。私たちが物産展ズキなのではなくて、実りの秋は物産展のシーズンなのね、ということで納得する。
気持ちいいいなあ。なんだかどこどこまでも歩けそうな気分。
と勢いづいて、そのまま青山、表参道、原宿、明治神宮、代々木、新宿へと歩き、サザンテラスのクリスマスを眺めてから、電車に乗って帰ってきた。あらまあ、ホントにずいぶん歩いたこと。
赤子はその間ベビーカーおよびスリングの中で、適宜おやすみしていた。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-23 21:41 | 散歩

育休パパ。

休息日を経て体調快復。タップリ寝たので朝から爽快。午前中は近所の保育園の、地域の0歳児を対象とした「赤ちゃんひろば」という交流会に参加した。
こちらはウチから見て唯一の「近所の」保育園で(武蔵野市は保育園が少なく、しかも、駅のそばには皆無!)、将来私が復職する際には是非お世話になりたいなあ、と思っている所だ。というか現実問題として、ここに通えなかったら進退窮まるだろう。
まあそんな先の不安はともかく、今日は7人の赤ちゃんが集まり、ベテラン保育士さんのお話を聞きながらママ同士お喋りして、和やかに時間を過ごした。
いや、「ママ同士」というのはウソ!今日はなんと「赤ちゃんとパパ」が一組参加していたのだ。なんでも、民間企業に勤めるお母さんは産後8週間の産休明けと同時に復職し、小学校教員のお父さんが1年間の育児休暇を取得中とのこと。職業を聞けばなるほどという気もするが、ウワサに聞きし「育休パパ」の本物にお目にかかれて感動した。しかもこういう、得てしてママばかりの交流会に参加される心意気は大したものだと思う。スバラシイ。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-22 22:23 | 母業一般

白菜シップ。

昨夜は調子悪いついでに、乳腺炎にもなりかけた。初めての痛みにブルーになりながら、インターネットで対処法を調べてみたところ、応急処置としてキャベツやポトスやアロエの冷湿布が効くとのこと。冷蔵庫に「白菜」があったので、まあこれでもいいかな、と思ってちぎって貼り付けて就寝した。
朝起きたら私の体温でシナシナになった白菜の残骸と引き換えに、熱と痛みはだいぶ引いていたが、自分の上半身がすっかり漬物くさくなっていたのには閉口した。次回はポトスにしよう。

まあ大事に至らずに済んでよかった。今回の原因はコレというのも思い当たらないが、強いて推測すれば、ここ数日授乳時間の間隔が広がっている(母乳の生産過剰、供給過少?)ことがいけないのかな。1日の授乳回数が減ってきてひそかに喜んでいた矢先なんだけどなあ。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-22 21:59 | 母業一般

やすみました。

今朝起きたら腰が痛くてなんだかぐったり。週末はしゃぎすぎたのかな。
食事は昨日の残りがあるし、買物に出る必要はない。ついでに眠り病も発症したため、今日は休息日を決め込む。赤子と一緒にフトンに転がって、ウーウーバブバブというおしゃべりを子守唄(ならぬ母守唄?)にして、赤子よりもたくさん昼寝した。
私の不調を案じたオットが、8時過ぎに帰宅してくれた。赤子をオフロに入れてくれたのが何より助かった。(おかげでその後ゆっくり一人で入浴して腰を暖めることができた。)

どうも腰はこわいなあ。近い将来ギックリ腰になりそうな気がする。そんな母ちゃんの不安をよそに、赤子は日に日にずっしり感を増している。(しばらくきちんと計っていないけれど、今8キロ超。)ああ、どうすればよいのだろう。
[PR]

by pi-tang | 2005-11-21 21:43 | 雑記