<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

初託児。

今日も保育園ネタ。
近所の保育園(入園の第一希望)の講演会に行った。夜6時45分~8時30分という、普段の平日には外出は「アリエナイ」時間設定。(セガレの食事→オフロ→寝かしつけ、のゴールデンタイム。)園児の保護者や職員を主な対象とした勉強会ということなので、そうなるのはしょうがない。ただ、その間保育をしてくれるというので、家から徒歩5分ちょっとの場所だし、勇気を出して申し込んでみた。動機としては、託児をしてみたいというのが7割、講演を聴きたいというのは実は二の次で3割くらい。
講演は臨床発達心理の先生による、子供の気持ちを読み取ることの重要性について。とても興味深い、タメになる話だった。(ビジネスにおける「コーチング」に通ずるものがあるなあ、と思った。)ははー育児ってタイヘンだ~!(何を今更。)
さて、セガレ。実はおばあちゃん以外の全くの他人さんに見て頂くのは今回が初めての経験なんだけど果たして?
保母さんがマンツーマンで見ていてくださったのだが、セガレは眼前のオモチャに嬉々として、いつの間にか母ちゃんが消えていても大丈夫だったそうだ。「泣かなかったですか?」と聞くと(←言外に、「もちろん泣きましたよね、ね?ね??」という母ちゃんの複雑な心理が含まれている)、保母さん曰く、「私が一瞬隣の部屋に行って不在にした時と、すべり台の踊り場で危ない姿勢を取ったのでダメダメ、と注意した時の、その2回だけフエーンとなったわねえ」とのこと。なんだいなんだい。そうですか。良かったよ。
講演を聴きつつも、心半分はセガレでいっぱいだった私の心子知らず。「大泣きでタイヘンでしたよ~」って言われても、それはそれで私は喜んだ(?)と思うのに。親心って、我ながら曰く言いがたいくらいフクザツだ。夜道を家に急ぎながら、ベビーカーのセガレに語りかける母ちゃんは妙に饒舌。要は私がさびしかったのね。たかだか2時間なのに。
でもよしわかった。キミがそうならそれで、母ちゃん託児の味をしめたよ!
[PR]

by pi-tang | 2006-06-30 22:02 | 母業一般

久々お注射。

午前中は0123(育児支援施設)での集まりに出て、そのままみんなでランチに流れた。
食後その足で小児科へ、セガレの麻疹・風疹の予防接種を受けに行った。麻疹は怖い病気なので、1歳の誕生日プレゼントに予防接種を!なんていうらしい。(つまり、1歳になったらスグに打てということ。ヤなプレゼントだけど。)セガレにももっと早く打たせたかったのだが、先月末に突発疹をやって、そうすると免疫力が低下しており1ヶ月くらいは予防接種は避けた方が良い、ということだったので、今日になってしまった。先生に週末の発熱のことなどを申告したが、予診の結果接種OK。よしよし、とっとと済ませてしまいましょう。
さてと、お、今日は針を刺されても泣かないぞ。先生もびっくり。
と思ったら、針を抜いて消毒綿を腕に当てたら、そこでウエーン、とちょっと泣いた。刺された瞬間は驚いて固まってしまったみたい?
でもまあ、強いね。エライ。注射ギライの母ちゃんより強いかも。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-29 19:47 | 母業一般

保育園めぐり中。

セガレはほぼ復活。午前中、市内の保育園でおたんじょう会があるというので遊びに行ってみた。武蔵野市の保育園は何かと地域の子供に開放しているようで(他の自治体もそうなのかな)、最近なるべくせっせと通うようにしている。保育園というものに私自身が馴染んでおきたいというのもあるが、なんせ、園児達が先生にじゃれているのを見るのはかわいくって和む。
さて、開始時間に少し遅れて到着すると、ホールに園児全員が集まって、対象の6月生まれの子達が前に出て並んでいるところだった。名前を呼ばれると、年齢に応じて、はにかんだりはしゃいだり、でもみんなお祝いしてもらってとても嬉しそう。かわいい~。その後、地域ボランティアのおばさん団体による歌や絵本など。和やかな数十分だった。セガレも私の膝に抱かれて、音楽や絵本にえらく反応していた。(そのうちに脱走して廊下を這いずり回っていたけど。)
事前に電話で申し込みをした際に、問われるままにセガレの誕生日を伝えておいたら、ちゃんと手作りのかわいいカードが用意されていて、会の終了後にくださった!わーい良かったね。
今日は園庭開放をしているというので、会の後遊ばせて帰ろうと思っていたのだけれど、あまりに暑いのでオソトはやめて、帰ってお昼寝。ついでに私も一緒にお昼寝!
[PR]

by pi-tang | 2006-06-28 19:29 | 母業一般

足浴&豆腐パスタ。

セガレが土曜の夕方から発熱し、その夜中には39.4度まで上がってしまった。
日曜日、機嫌は悪くなく熱以外の症状もないのだけれど、午後、念のため武蔵境の日赤病院の休日外来まで遠征。喉がちょっと腫れていて夏風邪でしょう、との診断。前日にイトコ兄ちゃんとはしゃいだので知恵熱でも出たかな。とりあえず大事ではなさそうなので一安心する。
その日は社宅の友人から、家でパーティをするというので声をかけて頂いていたのだが、そんなワケでちょっと顔を出す程度の参加となった。
そしたら、その場に来ていらしたママ先輩(自然育児系に造詣が深い)から、「子供の熱には足浴と豆腐パスタ!!」と教えて頂いたので、夕方帰宅して、早速足浴を試してみた。(洗面所のシンクにお湯を溜めて、台に腰掛けると絶好の足湯になった。気持ち良さそうなので私もセガレを抱っこして一緒に足湯を堪能♪) セガレが頭にじっとり汗をかくまでお湯に浸かった後は、オヤスミの時間まで普通に過ごした。寝ついてから豆腐パスタ(豆腐に小麦粉を混ぜて練ったものをガーゼに包んで額に乗せる)を貼っておいたら、夜中になる前に、ナント熱は下がってしまった。同時に教えてもらったコンニャク温湿布もスタンバっていたのだけど、幸いそこまでの出番はなし。
で、本日月曜日も熱はない。大事を取って1日在宅していたら、昨日のパーティで一緒になったまた別のママ先輩が、セガレくんに、と言ってアイスと手作りプリンを差し入れてくださった。こういう点、社宅ってホントに心強いしありがたい。
それにしても、ふむー。民間療法(このテのもの)ってスゴイなあ。ちょっと傾倒しそうな予感。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-26 23:05 | 母業一般

お誕生会。

私の弟一家と両親が来訪しました。6月は妹(弟の奥さん)とセガレとオットと、6月生まれが3人もいるので、今日は合同お誕生会。
昼過ぎにまずみんなで畑に行って大根、キュウリ、ナスその他を収穫し、その後家に戻ってごはんやケーキを食べました。
そういえば去年の6月はじめ、同じように弟一家がウチに遊びに来て、妹の誕生日ケーキをみんなで食べました。私は出産予定日の前日でお腹パンパンだったのですが、意識して甥っ子(当時1歳7ヶ月)を抱っこしまくっていたら、その晩に無事陣痛が来たのを思い出します。
まあそんな思い出はともかく、その甥っ子は今や2歳8ヶ月、セガレに対するイトコ兄ちゃんっぷりもだんだん板についてきました。2人がじゃれているのを見るのは本当におもしろい。
さて、セガレはおじちゃん達から誕生日プレゼントをもらっちゃいました。なんと子供用ガーデニングセット!アメリカ製で、子供用とはいえ、クワスキスコップジョウロその他の結構立派なセットです。でも金属部分もあるので、今日現在のセガレにはまだちょっと早いかな。
と思ったら、オットが横で「おお~これは畑で使える!!」と興奮しています。
・・・オットも誕生日近いからね。セガレと2人で一緒にプレゼントもらったのね。よかったね。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-24 20:34 | 家族

アイスクリーム!

セガレがお誕生日祝いを沢山頂いているカゲで、ひそかに私にもプレゼントが届きました。
じゃじゃん、アイスクリームメーカー!
プレゼントというか実は、クレジットカードのポイントを貯めた景品です。このテのって、カタログ眺めながら「自分じゃ絶対買わないけれども、あったらちょっと嬉しいもの」を選ぼうとするのですが、もともと物欲満々なタチではないので、得てしてなかなか欲しいものがありません。今回のも、一昨年くらいから「今年度は欲しいものナシ。ボツ!来年度に期待!」なんてブツブツ言いながら、ポイントを繰り越してきたものです。(オットに、「しょせん景品なんだから、そんなにアツクなるな」となだめられながら。)
アイスクリームメーカーもね、別にね、なきゃないでいいんだけどね、セガレにね、自家製アイスだったら安心だしね、夏だしね、まあセガレにね、セガレのためにね。
という大義名分で一大決心、清水の舞台から飛び降りるつもりで選びました。(オオゲサ。)
デロンギのアイスクリームメーカーなのですが、それが、目下すこぶる快調。これまでの3回、どれもすっごくおいしくできました。感動。もう、ハーゲンダッツ3割引のたびに「ついつい買い」をすることもなくなるかも?
ところでセガレくん、あんまり冷たいもの沢山食べるとポンポン痛くなるからね。
アイスクリームは母ちゃんが食べます!!
[PR]

by pi-tang | 2006-06-23 20:04 | 家事

うれしい贈り物。

c0053700_11192895.jpg俳句の仲間達から、セガレの誕生日のお祝いに何かプレゼントを、とお申し出がありました。恐縮しつつも根が図々しいので(また!)、結局おねだりさせて頂きました。曰く、「みなさんのお気に入りの絵本が欲しいですう。」
そしたら、わーい、沢山届きました!各人1冊の推薦絵本、珠玉のセレクションです。
私が今すぐ欲しいと思っていたお話、も少したったら欲しいと思っていたお話、そして私も今回初めて知るお話が、絶妙なバランスで含まれていました。推薦者がそれぞれその本を選んでくださった思惑を想像するだに楽しい、それはそれは嬉しい贈り物でした。
友人の家に遊びに行って本棚を見るのって、なんだか「その人の見えないナニカ」を垣間見てしまうようでちょっとときめきます。今回はその上、その人が「昔」好きだったお話、ということで、時間軸を超えた本棚拝見という感じで、ワクワク感も倍増です。
おっとおっと、プレゼントはセガレ宛てに頂いたものでした。
母ちゃん嬉しがって、「あ、セガレったらまた絵本見てる!ぐちゃぐちゃにしちゃうからやめて~!」なんて言っている場合じゃないですね。ちゃんと大切に読んであげることにしましょう。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-22 23:03 | 雑記

空白の時間に考えたこと。

セガレを寝かしつける時、興が乗れば子守唄を歌ってやります。(乗らなければ、母ちゃん先に爆睡しちゃうこともこれままあり。)いわゆる「子守唄」は私のレパートリーが少ないので、普通の童謡を歌っていることも多いです。
さて、その童謡の曲目もどうもマンネリ化してきたので、今日はあいうえお順に歌いながら、つらつらと曲目リストを考えてみることにしました。童謡には動物モノが多いので、「お題」はそれでいきましょう。
以下が私のあらん限りの叡智を結集させた結果です。

:おつかいありさん、:いぬのおまわりさん、:うさぎのダンス、:◆、:おうまの親子(「う」だけどおまけ)、:七つの子、:こぎつねこんこん、:森のくまさん、:かえるのうた(ケロケロ・・・おまけ)、:ことりのうた、:アイアイ(おさるさん)、:◆、:すずめの学校、:◆、:ぞうさん、:しょじょじのたぬき、:ちょうちょう、:◆、:でんでんむし、:とんぼのめがね、:◆、:◆、:◆、:黒ねこのタンゴ、:◆、:はとぽっぽ、:かわいいかくれんぼ、:ぶんぶんぶん(おまけ)、:べこのこうしのこ、:ほ・ほ・ほーたるこい、:◆、:ミッキーマウスマーチ(おまけ!)、:ムーミン(おまけ!)、:めだかの学校、:◆、:やぎさんゆうびん、:◆、:◆、:つきのさばく(ラクダね)、:山の音楽家(やまのこりす)、:◆、:◆、:◆、:◆

◆は、どーしても思いつかないマーク。な行とら行あたり、苦戦です。(どなたか妙案を!)
でも、これからは「今日は「さ行」でいこう」なーんて、とりあえず曲目が確保できたのでヨシとしましょう。

それにしても「子供の寝かしつけ」って、その間沈思黙考するわけにもいかないし(すればすなわち先に爆睡)、暗いから読書するわけにもいかないし、セガレをトントンさすりながらも脳みそは無の境地になることを強いられがちな、大いなる空白の時間です。
優れた頭脳の持ち主だったらこのスキに世紀の大発見でもできるだろうなあ~、なんて思いますが、私にはもとより無理。せいぜい今日のようにしょーもないことを考えているのが関の山です。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-21 22:06 | 母業一般

子育てマップ。

桜桃忌をめぐる散歩のついでに、三鷹市の育児支援施設「すくすく広場」に立ち寄った。事前に家にあった三鷹の子連れおでかけマップで下調べしてみたところ、禅林寺のすぐ近くにあるという。良い機会なので休憩がてら行ってみましょ。
三鷹市民ではない私たちも快く迎え入れてくれて、セガレはそこでお弁当を食べ、おもちゃでたっぷり遊ぶことができた。母ちゃんの道楽散歩に付き合った見返りとしては充分だったかな。セガレも母ちゃんも両方ハッピーな1日となった。

子育てマップと言えば、吉祥寺地域のものも持っているのだが、行政の育児支援関連施設はもちろん、子連れに優しいレストランやらオムツ替えできるトイレやら子供服のリサイクルショップやら、まさに「痒いところに手が届く」、「これこれコレが知りたかった!」、「あら今度行ってみましょ」という情報がたくさん載っている。あるとないでは大違い。NPOがスポンサーの支援を得て作成しているようだ。育児支援が声高に叫ばれる昨今、政府の施策ももちろんとても気になるけれども、このような民間ベースの地道な活動の恩恵を受けている人たちが、私を含めて確実に存在する。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-19 22:12 | 母業一般

桜桃忌。

三鷹の禅林寺に森鴎外と太宰治のお墓があることはずいぶん前から知っていたのだが、「いつでも行ける」というご近所さんの油断もあって、これまで訪れたことはなかった。
今日は桜桃忌。この地に住んで、平日がヒマで、お散歩日和で、そしてセガレも快調。こんなチャンスは今年だけだろう。(太宰ファンではないけれど、)行ってみましょ。

昼前にお寺に着いたところ、墓前にはポツポツながら参拝者が絶えない。花束よりも更にたくさん、サクランボが箱ごとが供えられている。
太宰のお墓の向かいには聞いていた通り鴎外のお墓。そういえば高校時代、修学旅行で訪れた津和野で鴎外のお墓にも行った。同じ墓石の墓が三鷹にあると習って以来気になっていたのだが、十数年ぶりにようやく実物を目にすることができた。
お参り後、セガレが気持ちよさそうに昼寝しているので、境内で私もしばし休憩。梅雨晴れの暑さの中、木陰が気持ち良い。セガレが目を覚ました後もなお座り込んでいると、数人の参詣客が過ぎざま声をかけてくれる。とあるおじさんはセガレをあやしてくれた挙句、「ボウヤは間違ってもそこの上水に身投げしちゃあいけないよ~ハハハ」だって。しかも女の人とだなんて、そりゃ、母ちゃん許しませんよ!
一旦お寺を辞して、読経が上げられるという2時に再度行ってみた。今度はすごい人出だ。老若男女善男善女。いかにも太宰に傾倒してるフウな若者もいっぱいいた。大したものだ。うーん、私も読み返してみたくなった。(←単純)
読経後に境内で行われた会合を冒頭だけ覗いてみたところ、住職さんが「こんな快晴では桜桃忌らしくないですね」と挨拶されていた。なるほど、そうなのかも。
帰り道、玉川上水沿いの身投げ現場に寄ってみた。(市によれば、「入水地点」を知りたがるファンが多いもののそういう記念碑を建てるのもナンなので、一切の表示・案内はなく、目印として太宰の出身地産の石をゴロンと置いたのだそうだ。)
意外や人影はなく(みんなまだお寺にいるのだろう)、忌日らしい案内もなく閑としていて、ただ、玉鹿石の上にサクランボが3粒そっとのっかっていた。
[PR]

by pi-tang | 2006-06-19 20:42 | 散歩