<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

発散場所開拓。

午前中はスイミングに行くつもりが、セガレが昼寝(朝寝?)してしまい、起こすのも忍びないので、結局諦めて私も一緒にゴロゴロ。
午後はじゃあどうしようかな、と思案した結果、昼食を食べてから自転車で5分くらいの育児支援施設「あおば」に出かけた。ここに来るのは2回目。乳幼児向け児童館といえる0123と違い、こちらは民家をそのまま活用したこじんまりとした施設で、「おばあちゃんの家に来たような」というコンセプトがとてもしっくり来る空間だ。部屋の中で遊ぶ子供を、保護者もゆったり座ったまま眺めていられる。(0123は結構広いので、親も子供を追いかけてあっちへこっちへウロウロしないといけない。)それに何より、スタッフの方が子供と遊んでくれるので、ますます気楽。こりゃいいわ。
今日は思いがけず、マタニティスイミングで一緒だった人と再会した。お腹が大きい時分に何度か一緒にプールに入っただけで、お互いの名前すらろくに知らない間柄だったのが、今や共に1歳児を抱える身。「わー久しぶり~!」と話に花が咲いた。すぐ近所に住んでいるとのことで、ということは我が家からも割とご近所さん。連絡先を教え合って、今度遊びに来てね!ということになった。
そんなこんなで私も楽しかった。火曜日はスイミングがあるので「あおば」にはなかなか来れないと思っていたが(火曜日以外は有料なのだ)、今後もセガレの昼寝時間の都合が許せば、また来ることにしようっと。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-31 21:04 | 母業一般

体質改悪?

昨日はオットの実家で結構たくさんお酒を頂いて帰宅した後、ゴキゲンの勢いでオットと飲み直した。
そしたらなんとしたことかその後なかなか寝就けず(すごく珍しい)、3時頃までまんじりともせずに過ごした挙句、今朝起きた時も頭の芯が重かった。・・・うわ、これって懐かしき二日酔い。妊娠前以来、2年以上ぶりの感覚だった。朝食食べたらすぐに抜けたけれども。
出産後、酒量が戻ったとはいえ、そりゃあ以前(最盛期)に比べれば微々たるもの。セガレの前で酔っ払うわけにはいかないし、なんせまだセガレに直流するので、そこはさすがに飲む量とタイミングに自制が働いている。
それにしても昨日は飲んだ方かなあ。でもあれしきで二日酔いとは。体質変わっちゃったのかな。うーむ。
これって出産を経た体質改善?それとも改悪?どっちだろ。お酒を飲めなくなるということは、長期的に見れば多分改善だな。・・・っていうか、要はトシか。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-30 23:19 | 雑記

みんなでゴキゲン。

午前中は近所の保育園のバザーを覗いた。絵本や子供服を数点ゲットできて母ちゃんゴキゲン。秋はバザーの季節らしい。楽しいな。
午後は電車に乗ってオットの実家へ。今日は弟も来ていて、来月2歳になる姪っ子に久しぶりに行き合えた。お正月以来だったのだけれど、すっかりお姉ちゃんらしくなっていてびっくり。セガレもサイズではイトコ姉ちゃんにひけを取らず、微妙に一緒に遊んだりして、すっかり良いコンビ。かわいー。お互い「イトコ同士」を認識するのには、あとどのくらいかかるのかな。
セガレはおばあちゃんが買っておいてくれた「もこもこもこ」の絵本やおもちゃをいっぱい頂いてゴキゲン。昼寝するのも忘れて遊んでいた。セガレはではおじいちゃんに任せて、オットと私は相変わらず、お酒いっぱい飲んじゃって、これまたゴキゲン。ごちそうさまでした。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-29 23:05 | 家族

青春なのね。

オットが野球の早慶戦を観に行こうと言い出した。結婚以来そんなことは初めて。珍しい。広い場所は嬉しいので行きましょう。席は3塁側(慶応側)でいいよー別に。
久しぶりの神宮球場、秋天下の大空間はやっぱり気持ちいい。3塁側外野席にベビーカーごと陣取って、まずは何はともあれビールを調達。紙コップ片手に、3塁側の応援を間近で楽しむ。私にとってものすごーく珍しく、おもしろい光景だった。(試合進行そっちのけで応援を見ていた。)チアリーダーの子達がすごくかわいい。青春って、恥ずかしいそして素晴らしい。(キャー。)
全く知らなかったが今季はとっくに早稲田がリーグ優勝しているらしい。つまり消化試合。なのになぜ、慶応はそんなに血道を上げて応援するのだろう?(←素朴な疑問。)オットがその意義についてなんだか力説していたが、「でも要は慶応は負けなんでしょう?」と馬耳東風の私。
まあいいや。応援の甲斐あって今日の試合は慶応が勝った。良かったね。オットがセガレを抱っこしながら校歌を放吟するのを横で聞く。続いて敗者(リーグ優勝済み)の校歌、「ここで歌ったら刺される?」とオットに聞いたら、「外野席だから大丈夫でしょ」と言うので、オットからセガレを奪い取ってその手を振らせながら、10数年ぶりに歌った。ちょっと気持ちよかった。
ああ、なんだか若き血(!)をいっぱい吸収させてもらったよ。その勢いで外苑から表参道、渋谷まで一気に歩いて、電車に乗って帰宅した。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-28 22:27 | 散歩

ちいさな幸せ。

午前中、オットとセガレがプールに行っている束の間に、いつも通りすごい勢いで家事を片付ける。良い天気!なのでつい洗濯機2回転。お気に入りの(童謡ではない)CDかけて、洗濯物干して、掃除して、お風呂洗って・・・。ゴソゴソくんがいないのではかどるはかどる。ああ、結構幸せかも。
と思い至ったところで愕然。この程度を「幸せ」と感じていて良いの?私の幸せ感度、ずいぶん鈍ってなーい?お安くなーい?「掃除機を存分にかける」なんてことよりもも少し大きな幸せを望んでも、バチは当たらない気がするけれど?
まあでも、別にオットとセガレが留守なことが幸せなワケではなく、つまり、恙無いことが幸せなのだからまあ良いか。些細なことでも幸せと感じられるなんて、それこそが幸せ。幸せ感度は鈍いどころか、むしろ研ぎ澄まされているのかも。(プラス思考。)
なーんて何をブツブツ屁理屈こねているんだか。でもこうしてどうしよもないことを思考しながらゴシゴシ拭掃除していても、まだなお私のところにゴソゴソくんがやって来ないなんて、やっぱりささやかな幸せだ。
さーてでも、お掃除大抵終わったよ。そろそろ帰ってこないかな。お昼ごはん準備しようっと。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-28 11:33 | 雑記

冬物出した。

午後衣替えをした。セガレの分は今月初めに済ませていたのだが、大人2名分は、天候と気力と時間的余裕の3点がピタリと揃う日がなかなかなくて今日までサボっていた。結局寒くなって、着るものがな~い!という段になるまで先送りしてしまったということは、どうやらコレは、私にとって好きな作業じゃない、ということなのだろう。
だって~、なんか冬物出すのって、どうも気が重い。外はカラリとさわやか天気なのに、部屋の中で一人で(セガレ昼寝中)衣装ケースをガタガタ引っ張り出して、年季の入ったくすんだ色のセーターやら毛玉つきフリースやら何やらを発掘して。防虫剤の臭いはプンプンするし。「ああ、今年もまたコレ着るのか・・・」という感じ。冬が来ること自体はイヤじゃないのだけれど、「冬支度」はなんだかちょっとね。
これが夏の支度だったら割と張り切るんだけどなあ。この初夏も、「あ!コレがあった。去年は産後で着れなかったから今年は絶対着よう♪」なんつっていそいそとあれこれ出したものだ。(そしてでも、1歳児抱えた身には到底現実的ではないデザインのワンピースが多数、一度も着られることなく本日そのまま衣装ケースへお戻り。)
さあとりあえず冬物出した。ようやく「おつとめ」を果たした感じ。
今年はでは、来年の冬支度が楽しみになるような、キレイな色のセーターでも買おうかな。(物欲噴火中。)
[PR]

by pi-tang | 2006-10-26 22:12 | 家事

今日図書館へ返した本。

セガレの読書録として。
もこもこもこ(谷川俊太郎・元永定正)◆大好き大好き。朝昼晩と私のところへ「読め」と持ってくる。私が無言でページをめくると、次ページを先走って全部ソラで言ってくれる。私が読んであげると、もれなくキャキャッと笑っている。近々買うことにしましょう。
きんぎょがにげた(五味太郎)◆簡単なかくし絵の本。「きんぎょさんどこ?」と聞くと、わかってはいるみたいだけれども指はささない。楽しむにはまだ少し早いのかな?でも絵の中に自分の知っているもの(車、馬、飛行機、靴・・・)を見つけては、盛んに教えてくれる。あ、そういえば主人公の「きんぎょ」は、まだ本物を知らないねえ!
やこうれっしゃ(西村繁男)◆私のツボ。昭和の香り満々、芸も細かくて眺めていて飽きない。セガレにこの風情は到底わからんだろう、と思いきや、人物が沢山描いてあるのが楽しいのか、何度も読めとせがんでくる。(読むといっても字のない絵本なんだけど。)弁当食べる客を指して「おいしい」サイン、赤ちゃん指して「エンエン」、眠る客見て「ネンネ」、はたまた、駅のホームの時計を指して教えてくれたり、まあ、とにかくいろいろと発見に忙しい。
とっきゅうでんしゃあつまれ(山本忠敬)◆1980年代後半の電車の絵がいっぱい。古~い!と思ったらやっぱり絶版なのね。私にとってはなんともレトロな列車の絵がひたすら並んでいるのだが、セガレにとっては古いも新しいも何も。「じぇんじぇ(でんしゃ)!」「じぇんじぇ!」と、ふと見ればいつも食い入るように眺めている。
のりものいっぱい(柳原良平)◆ええ、ええ、乗り物づくしですとも。セガレはもちろん大好きですとも。シンプルな切り絵の乗り物が並ぶ中、2箇所だけ人の顔が出てくる。セガレはその1つめ(最初のページ)に「こんにちは」、2つめ(最後のページ)に「バイバイ」を欠かさない。

結局5冊とも大好きで、どれも毎日何回も読めとせがまれた。返すのが惜しくなっちゃったくらい。(それにしても、私が読んでいる新聞をバシャバシャと奪い取って、かわりに絵本を手に押し込むのはやめてください。)
部屋におもちゃと本の両方を一緒に置いていても、最近は4対1くらいの時間配分で圧倒的に本を見ていることが多い。大ブームらしい。恐るべしオットのDNA?
[PR]

by pi-tang | 2006-10-26 21:46 | 絵本

自分へのごほうび。

1日中雨という天気予報に、午前中のプールはサボりモードだったが、10時過ぎに窓の外を見たら雨が上がっていた。寒いので躊躇したけれど、「セガレ1日中在宅」は精神衛生上大変よろしくない(セガレと私の双方にとって)ので、重い腰を上げて自転車で出かける。
行ってしまえばセガレもプールは好きなので今日もゴキゲン。来てヨカッタ、という気になる。
しかも今日は予期せぬことに、クラブでスポーツ水着のセールをしていた。折から欲しいと思いつつ、でも古いのでも別に困ることないからまあいいか、と先送りにしていたところ。ちょっと迷ったけど、結局「自分へのご褒美」ということで買ってしまった。(なんのご褒美だろう?寒い中セガレをプールにつれてきたご褒美?)
外出ついでに生クリームを買ってきたので、セガレが寝静まった今、スイートポテトを焼いている。(ガス台下のオーブンはセガレが触り放題なので、夜中にしか使えない!)そろそろいい香りがしてきた~。新品の耐熱ガラスのプリンカップを型にしてみたのだけれども、そういえばこのカップ、つい先週「自分へのご褒美」として買ったんだった。
「自分へのご褒美」の要件は、①もっぱらワタシ用、②別になきゃないで済む、③なきゃないで済むにしては高い、③えてしてオットに無断で、④ワタシのお金で買うんだからまあいいか(←でもこの④はやや曖昧)、というところか。最近ご褒美濫発傾向かも?ヤバい。ストレスたまっているのかな。
いやいや、出産このかた自分の欲しい物なんて全く後回しだったものね。ようやく少し余裕が出てきたのだ。そうだそうだ、そういうことで、ヨシとしよう!
[PR]

by pi-tang | 2006-10-24 22:39 | 雑記

本日の和み系。

c0053700_21264868.jpg我が家のある部屋に、月の満ち欠けを絵で示したカレンダーが掛かっています。(見にくいけどこんなの→)
それを眺めていたセガレ、やおら三日月を指さしたと思ったら、とーっても嬉しい発見をした表情で一言、
「ばなあ!」(←バナナ!)
だって。
・・・そうだねそうだね。似ているね。大好きなバナナに、似ているね。
「名月を取てくれろと泣く子かな」の、一茶の知り合い?の子にすら匹敵するものを感じましたよ、母ちゃんは。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-23 21:23 | 母業一般

パンダかぼちゃ。

昨晩オットが帰国した。今回は珍しく中国への出張だったので、セガレ用にパンダのぬいぐるみを連れて帰ってきた。(先日上野動物園で本物を見せて以来のオヤクソク。)
今日は午前中は家でゴロゴロ、午後は街へ買物へ。普通のゆっくり日曜日。
最近は買物といっても、動線上に然るべきタイミングで公園を組み込んで、セガレを存分にウロウロさせることが必須だ。今日は芝生の公園に行ってみたら、お兄さんがウサギを2羽放し飼いにしていた。「さわっていいよー」と言ってくれたので、セガレもナデナデさせてもらった。子供が数人群がって、そこだけ「ふれあい動物園」状態。お兄さん、ありがとう。
発散済みのセガレをベビーカーに押し込めて買物の続き。街中の至る処にハロウィンのかぼちゃ(ジャックオランタン)がいる今日この頃、セガレはそれらを指さしては、覚えたての単語、「パンダ!」と叫んでいる。似ている・・・かあ?そういえば目のあたりが黒いのは一緒だね。着想斬新。
[PR]

by pi-tang | 2006-10-22 22:45 | 散歩