<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

見られている父ちゃん。

居間で遊んでいたセガレがふと姿を消して、玄関方面で静かにゴソゴソやっている気配。こういう時は大抵ロクなことをしていないのよねえ(裸足で玄関に降りる、靴箱を開けて靴をいじる、たたんで置いてあるベビーカーに抱きついて倒す、etc.)、と思いながらそれでも放っておいたら、ペッタンペッタンと音を立てて居間に再登場した。オットの大きなスリッパを両足に履いてきて転びそうになりながら、「パッパ!」と嬉しそうに報告してくれる。あ~そう、パパのスリッパだねえ。
最近セガレのお陰で、オットの不在中にやたらとオットのカゲを見ることが多くなった。
私が台所でオットのお椀やお箸を片付けていると「パッパ!」、洗濯物のワイシャツを取り込めば「パッパ!」。またはセガレが玄関の靴べらを持ってきては「パッパ!」(私は靴べら使わない。なお、その靴べらで自分の足をペンペン叩いて、使う真似をしている姿も結構可笑しい。)はたまた今日は、デパートの折込チラシに出ていた男物の革のベルトの写真を指差して、「パッパ!」と言うのでいささか驚いた。こんな地味な小物も見ているんだー。
お風呂に入って遊んでいると、「水鉄砲」をオモチャ入れから出せと言う。そういえば私は普段あまりコレ出さないなーと思いながらセガレに渡すと、「パッパ!」と言って嬉しそうにいじっていた。そう~パパとお風呂に入るとやってくれるの。どれどれ、こうやって水入れるのね、ぴゅー。
以上、本日は、最近仕事が忙しそうな父ちゃんへの喜ばせ文章。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-30 22:38 | 母業一般

2人でチックン。

午前中0123(育児支援施設)での集まりに参加した足で、小児科に寄ってセガレと私2人してインフルエンザの予防接種を受けた。昨年は赤子だったので接種を受けなかったセガレ、今年も要らないかなーと迷いつつも(周りには同月齢で受けない子もままいる様子)、結局まあ、チックンちょっと我慢してね。
1週間前の発熱以来の風邪の諸症状はほぼ終息しているが、鼻水だけ今朝も残っていた。結局医者に診せずじまいだったので、今日の予診は良い機会。結果は「大丈夫、打っちゃいましょう」とのこと。お風邪もおしまいのようで良かった。セガレは私の膝で先生に喉をアーンされても泣かず、チックンでも泣かず。でもその後に、次は私の注射の番ということで看護婦さんに抱っこされた途端に、堰を切ったようにエーン。私は泣くセガレに気を取られるうちに、自分の注射はあっという間に終わった。
大人は1回の接種で済むのだが、セガレはなんと2回必要なので、2週間後にもう1回チックンしなきゃいけない。お気の毒さま。今度は母ちゃんずっと抱っこしててあげられるから、泣かずに済むといいな。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-29 22:24 | 母業一般

大安の酉の日に。

今日は幼馴染Hちゃんの結婚式。新郎新婦のお仕事柄、平日の披露宴です。今年の初めに電撃的に結婚発表を受けて以来、この日を心待ちにしていました。セガレを実家に預けて、久しぶりにちょいとお洒落して軽やかに出発。・・・と思いきや、慣れないストッキングが寒くて寒くて、ヒールで歩くなんてとてもできなくて、結局普段着のズボンにズック靴を穿いて出かけ、現地で着替えるという体たらく。(社会復帰あやうし。)
ともかく、良いお式で素敵なひと時でした。Hちゃんとは幼稚園が一緒で、小学校は別だけれども中学校で再会した、かれこれ30年以上のご縁。(と書きながら自分で驚愕。)この日が来るのを楽しみにしていたご両親に、「おめでとうございます」とお伝えするだけでも涙が出てきて困りました。Hちゃんは7月に入籍を済ませ既に旦那様と一緒に暮らしていて、来年の春にはママになります。ここに来てこれからは「ママ友」という新たな関係が築けるなんて、私も幸せ。本当におめでとう。そういえば今日は三の酉ということで、和食のお料理には福を呼び込む熊手をあしらったお品も出てきました。
さて、今日は式場が千葉県で遠かったため、急いで帰ってきたもののセガレには9時間近くもお留守番してもらいました。こんな長い時間は初めてでいささか心配でしたが、実家から私が出かける時は「バイバイ」と言いながら、納得して送り出してくれました。じじばばと過ごしている間、1度も泣くこともなく2度の食事とお昼寝とお風呂を済ませ、私が帰宅したらニコーッとお迎えしてくれて、その後はベタベタ私にまとわりついていました。イイコにしてくれていたセガレにありがとう。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-28 22:47 | 雑記

10分の7は私が食べた。

先日某所で食べた「カラメルババロア」が超絶美味しかった。レシピがあったので本日挑戦。分量が「10人前」となっているのは多すぎるので半分にしようかと思ったものの、「あの味を10人前食べられたらさぞかし幸せだろう」という単純明快な理由で、フルで作ってみた。
果たして、「あの味」がそれなりに再現できて満足満足。大きなボールに一杯、大スプーンでがぼっとすくって食べられて、ああ幸せ。メレンゲ(卵白)が生で入っているので、セガレにあげるのはちょっとやめておこう。母ちゃん1人でこんな美味しいオヤツ食べてるよ。悪いね。
更に、仕事から帰宅したオットを「いいモノがあるよ!」と誘惑し、夜中11時すぎに、生クリームと砂糖たっぷりのババロアを大スプーンでがぼっと2人でつっつく。オットもうまいうまい。私ったらオットに毎日「痩せろ~痩せろ~」と呪文のように囁きながら、その舌の根が乾かぬうちにコレだもの。いいヨメではない。でもだって10人前あるし。(翌朝オットは「ちょっともたれてる」と言っていた。実は私も。ホホホ。次回は5人前にしておこう。)
それにしても毎年のことながら、秋冬にかけて甘いモノ熱が上昇中。三度のメシよりチョコレート、と言っても過言ではない。先週オットが出張のおみやげでゴディバを買ってきてくれた。ああ~もうしょうがないから食べるしかない。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-27 23:58 | 雑記

新兵器ピピッ。

セガレはまだ風邪が治りきっていないようで、今朝からはお腹に来た。熱から始まり嘔吐、鼻水、下痢。ノドにだけは来ていないようだ。
天気も悪いので今日も引きこもり。遅めの朝食を食べた後、10時から13時まで3人揃ってぐっすり昼寝するという快挙を成し遂げた。ぐうたら幸せ。
その後外出するというオットに買物を頼んで、私とセガレは引き続きおうちでゆっくり。
ところで昨日、耳で1秒で計れるという体温計を購入した。先日セガレが発熱した際、体温計を嫌がって嫌がって難渋したので、新兵器として。耳に差し込んだ瞬間にピピッ!おー早い!オットがうれしがって何回も何回も自分で計る。私も計る。セガレにも計らせる。ピピッ。しかし不思議なことに、3人とも何度計っても必ず「36.8度」なのは何故だろう。信憑性がちいと。まあ熱があるかないかの目安にはなるだろうからヨシとするか。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-27 14:06 | 雑記

晩秋散歩+パーティ。

今朝はセガレの体調の大事をとってプールはお休み。好天に誘われて、3人で昼前から新宿へ出かけました。
c0053700_1214596.jpg少し買物をしたあと、お弁当を買って新宿御苑へ。東京のもみじもだいぶ美しい!最初は池の近くの芝生に陣取ったのですが、セガレが飽きることなく池っぷちへ突進するのに閉口して、食べかけのお弁当を抱えたまま広い芝生広場に移動。ここなら安心。存分に駆けずり回ってください。セガレはヨソのお姉さん達に愛想ふりまいたり、自分の顔よりも大きなスズカケの落葉を拾ってウチワのように遊んだり、芝生でゴロゴロ父ちゃんとじゃれたり、そして生まれて初めて落葉カサカサいっぱいで遊んだり。苑内ではベビーカーに乗るのをいやがって、自分で歩きたがります。成長したなあ。夕陽に輝くイチョウの黄金色に息を呑みつつ苑を後にしました。
その後、今夜は俳句の仲間うちでとあるお祝いのパーティがあるため、会場である御宅へ移動。30名以上が集まって和やかで楽しいひと時を過ごしました。セガレも社交界。この仲間うちにはだんだんお馴染みになってきて、今日もみなさんに可愛がって頂き好調でございました。
2次会へ移動するというみなさんと一緒に地下鉄に乗ったら、セガレはその途端にあっさりご就寝。盛り沢山の一日でした。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-27 11:51 | 散歩

ほとんど同窓会。

今日は高校時代の友達が子供を連れて大集結してくれました。育休を謳歌するべく毎月のように集まっているメンバーを軸に、今日は仕事が休みのMちゃんと、北関東の某都市からこの会のために上京してくれたAちゃんも加わり、総勢ママ6名+お子ちゃま8名(4歳クンを頭に5ヶ月チャンまで)。我が家の収容人数記録更新かも!
セガレには今日のためにも是非とも体調復活してもらいたかったので、セーフでよかった~。と思ったら、お子達の半分以上が「病み上がり」で、どちらも状況は似たようなものだったみたい。全員集まれて何よりでした。
ともあれ楽しかった。お子達はあっちで授乳、こっちでオムツ替え、あっちで絶叫、こっちでネンネ、あっちで食べこぼし、こっちですっ転び、といやもうスゴイ状態ではあったけれど、まあすべて予測の範囲内。ケガ人が出なくて幸い。みんなの成長が目に見えるのは本当に嬉しいことです。
あれこれと忙しいお子達を横目にしつつ、ママ達もおしゃべり負けていられません。デリバリーのお寿司とピザ、それからお持たせの沢山のお菓子をつまみながら、大笑いしっぱなし。どんなに久しぶりに会っても、いつでもあっという間に「箸が転がっても楽しい」時代に戻れる、貴重な仲間です。
ところで、今日集まった高校1年の時のクラスには女子が16名いたのだけど、そのうち(把握しているだけでも)今日集まった6名が全員、去年から今年にかけて出産しました。うち4名が初産。それって結構スゴいことだと思う!高齢出産バンザーイ。(私はギリギリで違うけど!)
「次は新年会ね!」ということで、散会。みんな来てくれてありがとう~。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-24 22:45 | 雑記

静養中。

お熱のセガレ、昨夜は体温計を脇に差し込んでも抵抗して計らせてくれないし、豆腐パスタを額に貼り付けても即座にイヤイヤと払いのけてしまう。母ちゃん打つ手もなくそのまま寝かせていたのだが、夜中に嘔吐することもなく、今朝起きたら熱は下がっていた。鼻が少し出ているものの元気もほぼ復活。なんだったんだ!?まあいいや。今日は祝日。3人でゆっくりと過ごそう。
昼前にオットは畑へ行き、3時間近く帰ってこなかった。長らく収穫を楽しんだトマトとピーマン、ししとうを抜いて、土壌を作り直してきたとのこと。その場所にさて今度は何を植えようかな、と考えるのに楽しそう。私としては、商品価値の高い(八百屋で価格のより高い)作物をお願いします。
入れ替わりで今度は私が1人で夕飯用の買物に出る。どんよりとした天気で、街はすっかり冬支度。最近は5時前には暗くなってしまうので、買物していてもなんだか焦ってしまう。
寒い寒い。ということで、今夜は鍋。今年初めてのアンコウ鍋をつついた。そうそう、先週買ってオットを待っていたボジョレーヌーボーも、昨夜はセガレ発熱騒ぎでそれどころではなかったので、今夜ようやく空けた。ゴクゴク。おいち。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-23 22:10 | 雑記

お熱出した。

引き続き小春日。本日オットが肉っ食いの国への出張から帰ってくるので、夕食は例によってお刺身にしましょ。セガレがお昼寝から覚めたら買物に行こうっと。・・・と張り切っていたら、昼過ぎに起きてきたセガレはあっさり発熱していた。38.6度。ありゃりゃ。朝は元気だったけどちょっと鼻が出ていたし、風邪引いちゃったか~。
とにかく子供の間で風邪が大流行しているらしく、友人から来るメールは軒並み、子供が風邪引いた親もうつった家族みんなで大変、とかそんな話ばかり。「ハテなぜうちのセガレは風邪をひかないのだろう?もしかしておバカちゃん?」くらいに思っていたので、実はそう驚きもしない。バカじゃないってことだしね!
しかしながら買物プランは即刻消滅。セガレは露骨に元気がないが、でも医者に連れ出すのも気の毒というか億劫というか、まあ機嫌はそれほど悪くないし、今日は家で様子を見ることにしよう。
夕方には嘔吐。「嘔吐下痢」の風邪が流行と聞いていたので、ここでも母ちゃん意外と冷静で、脱がせたばかりのチョッキですかさずキャッチ。さっき食べさせたウドンが見事にウドンのまま出てきた。食欲ないかなと思って好物を与えたのだけれど、消化が悪かったみたい。お粥にすればよかったと反省。その後母乳を飲ませたら、1時間ほど後にもう一度、今度は液体だけ嘔吐した。
結局オットにメールして駅で豆腐とゼリーとジュースを買って来てもらう。セガレは父ちゃんの買ってきたゼリーを美味しそうに食べて、お熱のまま就寝。
オットと私はお刺身ディナーの野望かなわず、代わりにお寿司の出前を取った。あとから知ったが「いい夫婦の日」らしい。たまにはいいか。
(そういえばセガレは今年のバレンタイン・デイにも発熱したなあ。単なる偶然とはいえ、父ちゃん母ちゃんお互いに構い合ってる余裕なし。)
[PR]

by pi-tang | 2006-11-22 22:31 | 母業一般

キラキラが来た。

ようやく晴れて暖かい陽気。午後は一念発起して家の片付けに精を出した。
ついでにクリスマスの飾りつけをチョコチョコと。そのいちいちが、どう考えてもセガレの大好物なので、上へ上へ、手の届かない壁面やキッチンカウンターに飾る。床置きのツリーはもともと持っていないのだけれども、もしあったとしてもセガレが嬉々として全身でぶら下がりまくる姿が容易に想像できる。果たして来年あたりは飾れるようになるのかなあ?
ところで去年、クルミの殻や松ぼっくりなどを厚紙に貼りつけて小さなリースを作った。今年も使えるかな、と取り出してみると・・・見事に虫が湧いていた。米粒大の繭が無数にひっついていて、それが虫だと気がついた時のショックといったら。どうやら一緒に貼りつけた殻入りピーナツに棲んでいたらしい。手作りリースがオシャカになってしまったのはまあ仕方ないとしても、同じ袋にしまっていた小さな織物タペストリーもびっしり汚染されちゃった。20年近く毎年飾っていたお気に入りだったのに、「燃やすゴミ」に出すしかない有様だなんて、泣きそう。
さて、気を取り直して。
セガレに飾り終わった壁面を「キラキラだね」と教えてあげたら、たちどころにお気に召したようで、さかんに指差しては「キャキャ(キラキラ)」と言いながら両手首をチラチラ回している。
よしじゃあ近々街なかに、もっとおっきなキラキラを見に行こうね。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-21 23:58 | 雑記