<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

テッキョウ渡って。

朝から張り切って、千葉に住む友人Yちゃんの家に遊びに行きました。大昔インドで一緒だった同級生なのですが、近所に美味しいインド料理屋さんがあるから一緒に食べよう!と前から誘ってくれていたのです。とても魅力的だけど、セガレ連れでインド料理屋はちいとなあ、と思っていたら、デリバリーできるのでおうちでカレーパーティとのこと。それなら安心。
インド仲間4人が集まって、評判通りのカレーに舌鼓を打ちながらおしゃべりおしゃべり。みんな小学生・幼稚園生のママさんなので、私の先を行く、PTAや習いごとなどのお話も満載です。それぞれに悩みも尽きないようですが、美味しいもの食べて少し発散。Yちゃんお邪魔しました♪
ところで今日は1時間あまりの電車の旅、セガレは道中イイコに出来るかなあ、と案じていました。行きは先頭車両の一番前を陣取って、運転士さんと同じ景色を見せながら過ごしたら割とあっという間でした。(抱っこはつらかったけれど。)セガレは相変わらず、デンシャ!シンゴウ!エチ(駅)!トッチュウ(特急)!などいちいちの指差確認に加え、今日は川の向こうの千葉方面ということで、テッキョウ!カワ!という新単語をものにしました。そして帰りは、Yちゃんちでお兄ちゃん(幼稚園でお留守)の沢山のおもちゃで遊ばせてもらったことに満足して、車中ずーっと爆睡していたので事なきをえました。ほ。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-28 22:18 | 雑記

ラッキーを数える。

強化月間につき、今日も友達が来てくれた。高校時代の育休sの4人プラスお子ちゃまが集まって大繁盛。3歳のお姉ちゃまが1人と、あとはセガレと同学年がセガレを含めて4人。6月生まれのセガレを頭に9月生まれ、12月生まれ、3月生まれとバランス良く揃っているのだ。それぞれの子の成長っぷりは、毎度ながらかわいいうれしいおもしろい。
他の区に住む友達は、保育園の結果がまだ出ていないとのことで、ドキドキの真最中。いづこの自治体も厳しいようだ。春になったらそれぞれ新生活。お互い頑張りましょう。

ところで、今日は市に申し込んでいた駅前の駐輪場の利用許可が届いた。落選することもあるそうなのでオットと私の2人分出したところ(使うのは1台だけ)、両方とも通った。ラッキー。
ここ10日間ほど、保育園が決まったと思った矢先に断乳でセガレも私も号泣など、悲喜こもごもの我が家。オットと戯れに、良いこと悪いことの星取りをしている。セガレが夜泣くたびに「悪いこと」の星が増えて負けが込みがちだったのだが、今日で一気に2つも「良いこと」カウントが増えた!どんなに些細なことでもね、いいのいいの。数えたモン勝ち。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-27 22:45 | 雑記

強化月間開始。

午前中職場に電話して、保育園が決まったことを報告する。具体的な復職日が決定し、いよいよカウントダウンが始まった。
お昼からは幼馴染が我が家に集合。松戸在住の妊婦Hちゃんも、臨月を控えて最近実家(吉祥寺までバスで1本)に戻ったというので来てくれた。ずいぶん立派なおなかになったこと!1、2歳児3人に囲まれて充分に「心の準備」をしてね~。今日もたっぷりおしゃべり。
私が間もなく仕事に戻るということで、「じゃあその前にいっぱい遊ぼう!」と言ってくれる友人がいるのはありがたいことだ。今週あたりから、平日遊ぶぞ強化月間。そうするうちにセガレの気も紛れるだろうし、良かった良かった!
[PR]

by pi-tang | 2007-02-26 23:29 | 雑記

断乳その後。

出来心から(?))断乳してみたものの後に引けなくなって1週間。セガレは4晩続けて絶叫し、続く2晩はおとなしく寝た。8時間目覚めることなく寝てくれるなんて、私にとっても2年近くぶりに訪れた夢の連続睡眠だ。ああなんて画期的!と思ったのも束の間、次の晩は夜中にまた起きて1時間あまり泣いた。そのたびにオットと2人がかりでおんぶ大作戦。(抱っこじゃ寝てくれない。)
調べていると、断乳にかかる期間はもちろん子供の月齢や個性によって様々なのだが、押しなべて「3晩は泣かれる」というケースが多いみたい。中には「1ヶ月かかりました」なんていう子もいるようで、げ、セガレもそのクチか?やっぱり時期を誤ったんじゃないかなあ、とまだくよくよしているこの母ちゃん。
でもセガレの泣き方を見ていると、だんだん様子が変わってきた。最初の数晩は「おっぱいがない」という事実にこの世の終わりを見ているような泣き方だったのだが、ここ数日は、その現実については不本意ながらも納得した上で、「おっぱいがないのはわかっちゃいるけど、ではボクはどうやって寝たらいいんだよう!」と怒って泣いているようだ。要は寝入り方がわからずに泣いている感じ。眠り病の持病を持つ母ちゃんとしては、「目をつぶって、チョコレートのことでも考えればスグに幸せに眠れるよ!」と教えたいところなのだが、セガレは残念ながらまだチョコレートの味を知らないものねえ・・・。
ということで、試練はまだもうしばらく続きそう。

さて、今日はオットの両親が遊びに来てくれた。セガレはじじばばちゃんと沢山遊んで、一緒にお散歩もして、傷心が少しは癒えたかな。ついでに私もね。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-25 22:43

お雛さまのような。

暖かい日が続いていたが、今日は「まだ2月だった」と我に返るような冷たさ。セガレは鼻タレおよび若干情緒不安定につき、午前中のプールはお休み。
午後は3人で電車に乗って、同僚Sちゃんの赤ちゃんに会いに行った。10月に生まれてすぐに病院で会わせてもらった新生児ちゃんも早や満4ヶ月。私たちがお邪魔した時には、お部屋に飾られた立派なお雛様に見守られてネンネ中だったが、ほどなくお目覚め。かわい~い。
今日は同僚4家族という大勢で押しかけてしまったのだが、ベビちゃんは動じない。ちっとも泣かない。時々みんなに微笑んでくれる。・・・なんて天使ちゃん!挙句の果てには、抱っこさせてもらったオットの腕の中でスヤスヤ眠ってしまった。(おなかのクッションがよっぼど良かったのね。)これにはオットもいたく感激したようで、その後も、「いやー女の子かわいいね、赤ちゃんかわいいね、セガレとは別の生き物だね」とずっと言っていた。
すっかりママパパになっているSちゃんご夫婦をはじめ、同僚のみんなにも久しぶりに会えてとても嬉しかった。ママパパの先輩達から保育園の話もいろいろと聞いて、私の復職ブルー+断乳ブルーも少し引っ込んだ。
帰り道、ベビーカーを押しながらオットに、「私ね、職場の人とおしゃべりするの、好きみたい」とご報告。自分の小さな再発見を忘れないようにね。今日のおかげで、「春が楽しみ」の度合い(このところ「春は寂しい」と拮抗している)が、確実に大きくなった。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-24 21:02 | 雑記

健康診断。

今日は保育園の健康診断。先週届いた選考結果によると、今はあくまで「内定」段階で、この健康診断の結果と、あとこれから提出する若干の書類(昨年の所得云々)を以って入園が本決定するらしい。
あいにくの天気だったので、早速雨の日の通園をシミュレーションする羽目に遭った。今日はベビーバギーにレインカバーをかけて出かけたが、今年の梅雨頃にはきっと、セガレはレインコート着て自分で歩いて行けるようになっているだろう。
さて、これまでも何度か遊びに来ている保育園ではあるが、「内定者」としての心持ちはまた格別。あーこの広間で、この床で、このおもちゃで、セガレは遊ぶことになるのね。皆々さまくれぐれもよろしく。
それにしても、数十人の同級のお友達が一堂に会して順番を待っていたのだが、6月生まれのセガレは明らかに兄ちゃんだ。早生まれのお友達なんかは、まだハイハイが当り前だし、体つきもセガレと違って「かわいい赤ちゃん」。1歳児クラスくらいは殊更に、月齢による発育状況差が大きいのかもしれない。
おもちゃで遊ばせているうちにセガレの順番が来て、身体計測の後、お医者さんによる健診。こちらの園医は、セガレがいつもお世話になっている(と言っても最近は予防接種くらいだが)小児科の先生で、そんなことも、この園に決まって嬉しい要素のひとつだ。現在若干鼻タレ中のセガレではあるが、診断結果は異状なし、で無事終了。「内定取消」はなさそうだ。良かったね。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-23 21:40 | 母業一般

アンティたちとの午後。

昨日に引き続き、シンガポールの友人と遊ぶ。セガレに会わせて!と言う彼女達の言葉を鵜呑みにし、今日は吉祥寺に来てもらう。
午後2時に駅で待ち合わせ。彼女達は今朝は早くから、2人で築地の魚市場へ行って浅草へ行って上野動物園でパンダに会って、それからこちらに来たそうだ。東京には過去数回来ているとはいえ、私には思いもよらない欲張りなルーティング。上野公園では早咲きの桜も見れたそうでご満悦そう。
まずは井の頭公園へ案内する。いせやで「日本人にとってとても重要なスナック」であるところの焼鳥を1本ずつ買って、ベンチに座って食べてから園内をブラブラ。満開の梅の木を見せて「中国人にとってもラッキーな花でしょ」と言ったら、「ああこれがメイホア(梅花)!初めて本物を見た」と言っていた。そっか、南国だものねえ。
その後、私が普段買物をしているエリアをわざわざ通りながら我が家へ到着。遅れて、友人の東京在住のお姉さんと、私の両親(昔からおなじみ)もジョインして楽しい夕餉となった。せっせと帰ってきたオットにも、お開き間際に一目会ってもらうことができた。
それにしてもセガレは初めての英語アンティ(おばちゃん)たちに、あっという間になついていたな。図々しいくらいにずっと遊んでもらっていた。「サンキュー」と言わせれば「さんきゅー」と言い、「ニイハオ」と言わせれば「にいはお」と言い、結構面白いぞ。
今度はセガレを連れてシンガポールに遊びに来てねと言いながら、彼女達は帰って行った。それはそれは、楽しい計画かも。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-22 22:03 | 雑記

おのぼりさん。

シンガポールの友人2名が、旧正月の休暇を利用して日本に遊びに来ている。今日はセガレを実家に預けて彼女達に会いに行った。
宿泊先のホテルで再会を喜んだ後、リクエストに従って六本木ヒルズへ。案内するよと張り切ったところで、実は私にとっても最も縁遠いエリアの一つだ。(人生で4度目くらい。)私のアドバンテージは「日本語が解る」ことぐらいだが、とにかく3人おのぼりさん状態で、ランチを楽しんだ。
それにしても私ったら、わかっちゃいたがー英語ができない。すっかり錆ついている。この1年半あまりの間に覚えた数々の童謡の歌詞で、脳みそのメモリーがまるごと上書きされてしまったのだ。六本木ヒルズで「ライブドア事件」のことを説明しようと思ったのだが、ちいとも文章が出てこず途方に暮れ、「IT、リッチヤングガイ、サクセス、サダンリー、ストックスキャンダル」などのキーワードをひたすら並べながら「これじゃわからんよな、トホホ」と思っていたら、友人が「ああ、ニュースで見たよ!なんだっけ、ライブドア?そうそう!」と理解してくれたのには、我ながら感動した。
・・・果たして社会復帰できるんだろうか。
という疑念はさておき、その後表参道に移動して明治神宮まで散策。今日も暖かい。南国人ゆえオーバーコートは持っていない彼女達だが、ジャケットだけでも全くOKだった。原宿駅前でお茶をしたところで、「子供が待ってるからまたね~」と言って別れた。
今日は良い気分転換になった。そうだ世の中は旧正月だ。新年快楽。断乳ブルーに陥っている場合ではないわ。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-21 22:43 | 雑記

癒し合い。

今日はプールに行ったのだが、セガレの様子が明らかにいつもと違った。母ちゃんから離れない。先生が抱っこしてくれようとすると泣いて嫌がる。(こんなの初めて。)周りの人に「断乳中のせいで不安定みたいで~」と伝えたら、みんな納得して「なんか、普段と違うよね」。
腕にフロートをつけるのも嫌がるので、仕方ないから私がずっと抱っこ。せっかくのプールなのにあんまり楽しくないんでない?まあいいか。そんなこともあるよね。
家でも、ひたすら私にそばにいることを求める。しかもセガレにがっつり向き合って一緒に遊ぶことを求められて、新聞も読ませてくれない。洗濯物もたたませてくれない。まあいいか。そんなこともあるよね。2人で傷を癒し合おう。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-20 22:43 | 母業一般

断乳ブルー。

断乳3日目。2晩目の昨夜は、余程疲れさせたのが奏功して、オットの背中で子守唄3分で陥落。が、夜中の3時半に目覚めて泣く。オットがおんぶしようとすると大抵抗して母ちゃんをご指名。父ちゃんは今日仕事だから、寝ててね。1時間半ほど私とおもちゃや絵本で遊んでいたが、5時頃に「お布団行こうか」と言ったら意外や素直に自ら歩いて布団に行く。背中をトントンしながら2曲くらい歌ってあげたら、あっさり眠った。昨夜よりはだいぶラクだー。
それにしても私がウツウツ。涙腺こわれっぱなし。今日は友人が遊びに来る予定が子供の体調不良でキャンセルになってしまった。ああ、セガレと2人きりで過ごす自信は到底ない。春のような陽気の中、Mちゃん母娘を呼び出して、バスで石神井公園に遊びに行った。気が紛れて良かった。
私はこのたび、断乳という選択をしてしまったことをほんとにほんとにほんとに後悔している。自分ったら相変わらず深謀遠慮がなさすぎ。
保育園とかセガレの年齢とか私の職場復帰とか私が酒を痛飲したいとか(!?)、おっぱいをやめる必要性がいくつかあるのは確かだが、思えば必然性はひとつもなかった。すべて私のエゴ。もう暫く、セガレがちゃんと自分の意思表示が出来るまで待って、それでじっくり卒乳(=子供がおっぱいをやめる時期を決めること)を目指せばよかった。
いや要は、セガレが不憫というのもあるけれど、それはほんの数日間のことで、むしろ私が全然気が済んでいないのだ。まだまだおっぱいあげたいのだ。セガレが乳離れしちゃうのが、ほんとにほんとにさびしいのだ。未練タラタラ。出産直後以来600日間あまり毎日あげ続けたおっぱいは、今や当然に私の日常なのに、ここに来て終わってしまうなんて。私が自分で勝手に終わらせてしまうなんて。
でももう後には引けない。大試練。(と書きながらも号泣。ホルモンのいたずらだな、こりゃ。)
[PR]

by pi-tang | 2007-02-19 23:16 | 母業一般