<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雨のゆりかもめ。

土曜日なのに朝から雨がち。あーあ。
3人で産院へ検診に出かけた。最寄駅から10分くらい歩くのでセガレ連れは面倒だなあ、と思ったけど、車通りのない遊歩道を通ったら、合羽を着たセガレはゴキゲンの雨散歩。住宅街のお庭に、梅の実や桜の実、あじさいの蕾やてんとう虫の幼虫など、いろんなものを見つけながら歩くのは楽しい。
今日は久しぶりに院長のおじいちゃん先生に診て頂いた。毎度ながら超音波検査は素っ気なくさり気なく、今回もあっという間。逆子は直っていた。(10日くらい前からコハルンの蹴る位置が上の方に移動したので、これについては私も確信していた。よかったー。)
積極的には性別を教えてくれない先生なので、意を鼓して聞いてみたら、「まだ確実じゃないけど、・・・っぽいね」とのことだった。ほうほうほう。ベテラン先生がそういうお見立てであれば、きっとそうに違いないですよ!
私はモニター画像がよくわからなかったが(だってコハルンもう大きくて、画面いっぱいで何がなんだかわかんない)、後からオットは、「ボクにはばっちり見えた。確定!」と言っていた。
さて、名づけ作戦本格始動だ。
勢いを得て、雨の中都心へ。(ていうか、明日から出張のオットが会社に忘れ物を取りに行くというので、ヒマだからついて行ったその足で、)珍しくお台場なんぞに足を踏み入れた。
来週はセガレの誕生日。プレゼントどうしよ。ノーアイディアの両親はトイザらスに下見に来てみたわけだ。うーん。セガレは別にこだわりのキャラクターもないし、本人に聞いてもまだおねだりするほどの知恵がないので(良いことだ)、引き続き妙案はなし、問題先送り。
(それで私は、セガレそっちのけでセールの新生児用肌着を物色。だってー性別わかったし♪)
今日のお台場メインイベントは結局、トイザらスではなく、「ゆりかもめ」に乗ったことだった。やっぱね。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-31 22:41 | 妊婦

呼びつ呼ばれつ。

ニンプはニンプを呼ぶ、とこのところ常々思っているのだが、世の中ニンプが多い。駅でも街でもやたらと目につく。
まあ、自分が街でベビーカーを押していれば同類族が目につくし、ウチと同じママチャリは巷にあふれているし、そういえば以前自分がスリングでセガレを抱っこしていた頃は世の中スリング族だらけだったし、まあ人間、そういうものなんだろう。逆に、その立場になく関心外の事柄で、全く気がつかずに見過ごしているものは実に多いに違いない。
ところで、職場にもニンプメイトが多いのだけれど、人事部の担当者に言わせると、実際現在、「過去最大に」ニンプが多いそうだ。ほほほ。そういう状況は、実に何かとありがたい。
プライベートの友人からもここのところ、実はニンプなのー、というカミングアウトが相次いでいる。ここひと月で3人くらいからメールが来た。年賀状以来のお久しぶり、相手は私がそれと知って連絡してきたというばかりでもないので、ビックリ度もたっぷり。しかもみんな同級生とかの同世代だ。え、私ったら20代後半だっけ、という錯覚に陥りそう。(それはウソ。)高齢出産バンザイ。
お互いに仕事があって普段なかなか会えない関係でも、産休に入ったら/赤ちゃん出てきたら、遊んでもらお、の予備軍として心強い。楽しみだー。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-30 22:16 | 妊婦

複雑なきもち。

昨日の園からの連絡帳にはちょっと考えさせられた。
『最近夕方などMちゃんと遊ぶことが多く、今日の昼寝前も、セガレくんはMちゃんと遊ぼうと思っていた様子。でも、Mちゃんは他のお友だちとついたてを使って遊んでいて、そこにセガレくんは入りたくなかったのか、入れなかったのか、Mちゃんの作ったものをこわそうとしてMちゃんにいやがられ、それがイヤで髪の毛をかんでひっぱってしまいました。中に秘めているセガレくんの思いをうまく出せず、思いが通じ合わないのはつらいですね・・・。聞いても「遊びたかった」ではなく、「こわしたかった」と言っていたので、本当の気持ちを出せるようにしていけたら、と思いました。言葉が出なくてもイヤな気持ちは表現してくれるようになったので、これからですね!』
うーん。
結構複雑な感情が出てきたもんだなー、というのが第一印象。が、お友だちに危害を与えているというのは困ったもんだし、セガレの「屈折」は、心配というか悩ましい。これまで先生からは、『セガレはイヤが出せていない」的なことを言われたことがあるので、感情が表現できるようになっただけでも、進歩なのかな?もう少し気長に構えていいのかしら。
なんてことを返事に書いたら、本日のお便りは以下。
「イヤが出せるようになったことはよかったことですね!言葉と気持ちが本当に結びついていくのはまだまだこれからですので、「気長に」で大丈夫ですよ。「素直に言っていいんだよ」、「本当はこうだったんだよね」と、「セガレくんの気持ちをわかっているよ」ということを、言葉だけでなくスキンシップもしながら伝えていくことは、園でも大事にしていきたいと思っています。』

おうちで屈託なく、「Mちゃんすきー」とかってニコニコしているセガレを見るにつけ、まあきっと、一過性のもので、必要な通過点よね、と自分を納得させている母ちゃん。
それにしても、セガレの人格形成のずいぶんと大きな部分を、園に委託しているなあ、私。(今さら気づいた。)
[PR]

by pi-tang | 2008-05-29 22:54 | 保育園

にしては季節外れ。

夜セガレとお風呂に入っていたら、窓の外で雨が降り始めたようだ。(最近よく降るなー。)
「父ちゃんカサ持っているかしらね」なんて話しながらものんびりお湯に浸かっていると、やがて遠くで「ドーン」という音が聞こえた。
「え、カミナリ!?」
と母ちゃんが言うと、セガレはすかさず
「ちがうよ!・・・はなびでしょ!!」
その必死な形相に思わず笑ったけれども、それよりも、そう言うセガレのお手てがしっかりと「おへそ」を隠していたので、母ちゃんつい吹き出してしまった。
これで私が「違うよ、カミナリだよ、ちゃんとおへそ隠さなきゃ!!」とでも追い討ちをかければ、セガレがみるみる顔を歪めて泣き出すことは明白だ(実証済み)。それはそれでカワイソおかしいのだけれども、母ちゃんそんなイジワルはしないよー。
「ああ、花火かー。そうかもね。びっくりしたねえ。」
と言ったところで、セガレもひと安心。
(その後は音が聞こえなかったな。ホントに雷だったかどうかは不明。)
[PR]

by pi-tang | 2008-05-27 23:12 | 母業一般

お米を作りに。

早起きして朝風呂浴びて、早目の8時過ぎにチェックアウト。ローカル線を乗り継いで、小諸に移動した。昨夕から降り始めて明け方には土砂降りだった雨が、着いた頃には奇跡的に上がった。
10時前に俳句のお仲間に合流する。今回の旅の、温泉は実はおまけであって、もひとつちゃんと目的というか、イベントがあるのだ。
高濱虚子記念館の近くの休憩所に移動して、一同着替えて(セガレも雨合羽の上下を着込んで)、ほど近くの田んぼまで歩いて出かけて、さていざ、「田植え体験」!
セガレを従えて張り切る父ちゃんを横目に、ニンプは傍で見学。さすがに、田んぼで前かがみはおなかがジャマそうだし、こけたら立ち直れなさそうだし、足も冷えそうなので。
お世話の方の説明を聞いてから、10名あまりの参加者(セガレ込み)が、行列をなしてずぶずぶと水田に足を踏み入れた。c0053700_728825.jpg
実は田植えなんて見るのも生まれて初めてだ。おもしろーい。でも、やはり大変な作業だな。
セガレは真剣な様子で父ちゃんにひっついて、早苗を2、3束は植えたらしい。よろめきながらも案外転ばずに、途中で畦に上がって母ちゃんと一緒に見学。
事前に、「今日はおこめをつくるよー」と入れ知恵されていたセガレだが、田んぼから上がった後も「おこめはどこにあるの?」と不思議そうだった。ごもっとも。要は、何がなんだかわかってなかったな。数ヶ月後に稲穂に実ったのを見ることができたら、さぞかしたまげることだろう。
30分あまりの奮闘の後みんなが引き上げると、お世話の方が、残りの田んぼに、今度は田植機で一気に植えるのを見せてくださった。なんて画期的。すばらしい。
c0053700_7442264.jpg(←右側が素人さん一同お手植。左側が機械植。その差は歴然!)
休憩所に戻って足を洗ってお昼を食べて、その後は2時間ほど、吟行がてら近所をブラブラ。俳句はからきしだけど、楽しいお散歩だ。
15時からの句会に、我々は新幹線の時間の都合で参加できないので、投句だけしておいとまする。
帰りの電車では、もちろん3人で爆睡。(セガレよ、せっかくの「あさま」なのに!)気がついたらもう上野だった。
さてさて。さすがにもう、出産前の旅行は今回でおしまい。セガレ、温泉はしばらくお預けだねー。(と思ったら、父ちゃんが、「9月の刈り入れにはセガレと2人で来る!」と張り切っている。えー、私はコハルンとお留守番!?)
実は今回は、私の勤続記念旅行でもあった。職場にもらった旅行券、大きなお腹では(かつ産後しばらくはなおさら)使えないよーと思ったけれども、ギリギリ活用できて、あーよかった。(一緒にもらった休暇の権利は、産休間近で休んでいる余裕がないので、やむ無く返上。)
[PR]

by pi-tang | 2008-05-25 22:55 | 旅行

信州へ新樹旅。

この期におよんで温泉行脚。本日は「あさま」に乗って信州方面へ。
上田で乗り継ぎ、昼過ぎには別所温泉に到着。早目に宿にチェックインした後、手ぬぐい持って散策に繰り出す。北向観音や国宝の五重塔を参拝。新緑がむわっと薫る。咲いている花は、東京よりも半月くらい遅い感じで、ツツジやオダマキ、コデマリなどを沢山見た。小ぶりで歩きやすい、素敵な風情の町だ。
散歩の道々、旅行会社からもらった外湯めぐりパス(他の提携宿のお風呂にも入れる)を駆使する。夕方自分たちの宿に戻るまでに、共同浴場を含めて既に3回もお風呂入っちゃった!お湯も良くって、一同ツルツルご機嫌。
宿で美味しいごはん食べてまったりしていると、たまたま土曜日には館内で「紙芝居とわらべ歌の会」があるというので、行ってみる。お客は私たちだけで、地元のおばさんが、セガレのレベルに合った紙芝居を読んで、手遊びをしてくれた。よかったね。
その後はまたお風呂入って、そして早めにバタンキュー。
それにしてもセガレは温泉小僧だ。大好きらしい。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-24 22:31 | 旅行

ソリューション!

本日も暑かった。園では当然泥んこ遊びをしたとのこと。
すわ今日も泥んこ汚れ?と一瞬おののく母ちゃん(まあ、金曜日なので洗濯の手間という点ではやや鷹揚になれるけど)は、セガレの棚の洗濯物の少なさに拍子抜けした。はて?
ノートを見ると、なんとそこには思わぬ福音が。
「今日は庭でどろんこ遊び。また砂場に水をためて、全身どろんこになって楽しみました。今日はプールパンツをはいて行ったので張り切っていましたね。えのぐで作った色水でも遊び、顔に水をつけて楽しんでいました。」
なんだ、そのテがあったんじゃない!!!(カエルマークつきの水着は、去年以来園に預けていたんだった。)
ええ、ええもう、どんどんやっちゃってくださいな。モンスターペアレントにはなりませんよ!
ばんざい夏到来。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-23 22:04 | 保育園

先が見えてきた。

コハルンはますます存在感を増している。
職場では、周りの席の同僚に、「立ち上がる時にいちいち「ヨイショ」って言うけど、気にしないでね」と宣言済みだ。
これまでほぼ毎日マタニティ用のパンツで通勤していたのだが、そろそろ夏仕様で、昨日はワンピース、今日はジャンパースカートを着ていった。我ながら「いかにも」な姿だし、周りにも「立派にニンプだ」と指摘された。うわーでもこういうカッコウって、腹まわりラクだわああ。こりゃもう後戻りできない!
ところで、3年前のセガレ妊娠中の日記を読み返してみると、当時はこの週数で既に結構いっぱいいっぱいだったようだ。「仕事中つらくて出先から車で戻った」だの、「ミーティング中にお腹がつっぱって痛かった」だの、「限界、もうシオドキ」だの、弱気な言葉が並んでいる。前回も結構ラクなニンプだったと思っていただけに、我ながらちょっと意外。
今回は、「カラダが重い」という圧倒的な事実以外には、仕事上の不具合はまだ特段感じない。(通勤の駅の階段登るのはちょっときついけど。)
まあ、前回はなんせ初めてのことで、なにかと自分に予想がつかなかった。今は基本的には1日中座っている仕事だし、当時は8時9時まで残業もしてたし(今は一切していない)、条件はやや違うかな。
産休まであと4週間。とまれ、無事に過ごせますように。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-22 22:53 | 妊婦

クレーム母ちゃんへの途。

保育園では今日も泥んこ遊びをしたようだ。
「砂場に水たまりを作りました。山も作り、山をくずしたり、そのどろんこでごちそうを作ったり。最後に全身どろんこになって、パンツも違う色に染まるくらい楽しんでいましたよ!」
ええ、ええ、楽しんでいたでしょうとも。・・・洗濯物見ればわかります!
本日もこってり泥色に染まったTシャツとパンツ。
あーもう、石鹸でこすり洗いして、その後洗濯機で洗うんだけど全くもって限界がある。今日は(安物ながら)新品の白系Tシャツを着せてしまった母ちゃんがバカだったよ・・・あーあーあー・・・。
いや、泥んこ遊びは、セガレのためにもほんとにありがたい。ありがたい。だけど!
園からは数次に亘り、「どろんこ遊びしてもよい服で来てください」と言われているので、あちらには落度はないと思う。でーも、「泥染めになってもよい服」なんてそう何枚も持っているわけではなく(←まだ覚悟が足りない)、「いつ泥んこ遊びするか」がわからないのは、母ちゃんにとって毎朝の洋服チョイス時は、ある意味バクチだ。
今日はお散歩かもしれず、お散歩だったらそれほどは汚れない。はたまた雨の日なら部屋遊びだから、ここぞとばかり、ちょっとキレイなTシャツ着せていったり。
服の泥染めには100歩譲って涙を呑むにしても、平日の夜に、洗面所でゴシゴシ手洗いすることの時間ロスも大きい。夜中の2~30分があっという間に費やされてしまうのには、勘弁してー。
ということで、「泥遊び用の服を別に置いておくので、その時にはそれを着せてほしい」という、園への切実なリクエストが喉元まで出掛かっているのだけれども、そんなこと言ったら、私ったらモンスターペアレントかなあ?なんて、ちょっとひるんでもいる。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-21 22:27 | 保育園

変な八百屋さん。

夕食時におしゃべりしながら、「トマト」と言おうとした拍子に、「トマ!」と言い間違えたセガレ。自分でそれが可笑しかったらしくケラケラと笑って、続いてわざと、「かぼきゃ!」とか「にんぎん!」とか、言い違えては大喜び。
あらそうくる?と母ちゃんも負けずに、「ちゃがいも!」とか「きゅーび!」とか「がまねぎ!」とか、次々にお返ししたら、セガレはキャーキャー大ウケだった。・・・うーむ、不思議なツボだ。
ま、こんなひと時で、母ちゃんの一日の疲れが吹き飛ぶんだから、お安いものだわね。
[PR]

by pi-tang | 2008-05-20 22:16 | 母業一般