<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中秋。

休前日の昨晩は、子供を保育園から引き取った後、3人で電車に乗って実家へ。
家から最寄の駅までは東向きに歩くのだけど、その道中、きゃあ、十五夜お月さんが見事!天気予報では期待できなかったのに、バッチリ。丸いねえ。父ちゃんもインドで同じお月様見てるかな~。
最近は中央線(上り)に乗ると、セガレには欠かせないチェックポイントがいくつかある。武蔵境駅手前の大学の馬場と、三鷹の跨線橋と、吉祥寺駅手前の「ケーキのおうち」(製菓学校のビルのてっぺんの、大きなケーキ型の張りぼて)と・・・・。ケーキはスースーも最近それを発見できるようになって、電車に乗るたび2人で「ケーキのおうちあるかなー」と。(下り電車に乗っても言うのよね。ないよ~。)
今日はどうかな。珍しく夜の電車なので、馬場や跨線橋は暗くて見えないが、ケーキはちゃんと見えた。しかも全体がライトアップされているのを見て、セガレは「ケーキにロウソクがついてる!!」と興奮。(いや、暗い中明るくなっているだけで、昼間もロウソクの先は赤く塗られているんだけどね。)
さてさて、駅でばあばに子供を預けて、母ちゃんは新宿へ。今日はすごーく珍しく、飲み会!しかも歓送迎会とかの公式?の会ではなく、同僚女子会なんていうカジュアルな名目で、6人で焼肉屋さんで(普段子連れでは鉄板モノに行けない私のリクエストによる)、マッコリで乾杯。
夜7時の新宿東口や歌舞伎町の雑踏に、おばちゃんクラクラしたですよ。ン年前までは私もこの辺を闊歩?していたもんだが、と若かりし頃を思ってもセンないけど、とにかく今の自分の生活ったら、これに比べると仙人のようだわ。
普段行けないだけに、たま~にこういう「浮世」に接すると、それを出来る自分がすごーく幸せに感じられる。子供が元気で、それを預かってくれる親がいて、「ご主人の出張中に飲みに行きましょうよ!」と誘ってくれる後輩がいて、ね。
(ちなみに後からオットに、「歌舞伎町に行くのをそんなに幸せがる感覚はわからん」と言われた。ええ、ええ、私も自分でビックリですよ。)
しかも。飲んでしゃべって、宴会の最後には、サプライズでケーキまで出てきた。
実はお誕生日。私。
えーん、みんなありがと。
[PR]

by pi-tang | 2010-09-23 23:42 | 雑記

萩の寺。

連休最終日。今朝からオットはまた出張に行ってしまった。今回は2週間だって。ちと長いぞ。
朝7時、呼んだタクシーで出掛けるオットを子供たちの熱烈「いってらっしゃーい」で見送ると、あとは途端に、「子供たちと何しよう・・・」。休みの日にオット不在だと、それが案外悩ましい。(平日は保育園にお任せしちゃって、いかにラクしていることか!)
それにしても良いお天気だねー。ということで、朝食後、3人でサイクリングに出かけた。(ちなみに電動自転車は超快調。手放せませんっ。)我が家から1キロくらい離れたお寺にハギが咲くと聞いていたので、それを見に行ってみることに。
小さなお寺だけど、確かに、白ハギがこぼれ始めていてなかなか良い風情だ。来週見ごろかな。裏の墓地にはお彼岸の花が沢山供えられていて、そんなのを眺めながら境内をしばし散策する。
自転車で足を伸ばして、市立美術館にも初めて行ってみた。子供2人連れて入るのはねえ、と思ったけど、受付の方が「今他のお客さんはいないから大丈夫ですよ」と言ってくださったので100円払って見学。その後、隣接するお庭へ。私としては美術館よりもこちらが主目的だったんだけど、実はお庭は無料で開放されていることが判明した。崖に沿った、湧き水のある素敵なスペースだ。蚊が多いのが難儀で早々に退散したけど、来月父ちゃん連れてまた来ましょう。
野川沿いをサイクリングして戻って、途中の児童遊園でひとしきり遊ぶ。スースーは1人でブランコに乗れるようになり(まだ危なっかしいけど)、シーソーもニイニと2人で出来るようになって(スースーを私が押さえる必要がなくなって)、2人できゃあきゃあ。子供ってあっという間に大きくなっちゃうなー、と実感。
[PR]

by pi-tang | 2010-09-20 23:40 | 母業一般

稲刈り。

先週「田んぼの時間」の事務局からメール連絡が来た。この夏の暑さで稲がグングン育って、予定されていた稲刈りの日まで持たないため、急遽1週間早めます、と。
今日の10時に田んぼに集合。7月の草むしりは我が家は旅行のため不参加で、8月はイベント自体が夏休みだったので、2ヶ月ぶりの田んぼだ。
ひゃあ、黄金色に、実っている!お米、出来てる!!
「稲刈り鎌」の扱い方をはじめ、諸注意を受けて稲刈り開始。もちろん初めての経験だ。稲束をつかんで鎌を当ててさっと引くのだけど、これが意外とサクサクと小気味良い。すっぱすっぱと刈るのは、ちょっとしたストレス解消になるかも。セガレやスースーも(真似事ながら)挑戦した。お手々切るなよ~。
田んぼの脇には、2本の木に棒を渡した稲架が拵えられた。刈られた稲をどんどん束ねて、そちらに架ける。いやはや、重労働ですな。
そうこうするうちに黄金色の田んぼからはあっという間に色が消え、みんなで落穂を拾った後には黒い「刈田」が出現した。
世話役の方によれば、今年は豊作で、60キロ(1俵)は出来たのではないか、とのこと。去年はそこまでは出来なかったらしい。
稲架にスズメ除けのネットを掛けて、今日の作業は終了。1週間干して、来週脱穀だそうだ。
ところで、子供たちの本日のメインイベントは、稲刈りよりも断然、「虫」と「実」だった。
バッタ、イナゴ、カマキリ、コオロギ、チョウ・・・。セガレは持参の虫捕り網とカゴで典型的な虫取り少年ルックに身を固め、年長のお兄ちゃんと意気投合して、田んぼ回りをピョンピョン飛び回っていた。カゴいっぱい捕まえた虫は、観察するまでもなく(「つかまえること」が楽しいレベル)、最後にみんな放してやった。
一方スースーは、女子らしくフルーツに夢中。ヤマボウシの実も気に入ったようだけど、それよりも、沢山実ったブルーベリーを摘んではバカ食いしていた。洗いもせずに泥んこの手で・・・。胃腸が頑丈で何よりでした・・・。(ただしブルーベリーは、定石通り、夜、下から真っ黒なものとなって出てきた!)
[PR]

by pi-tang | 2010-09-18 23:52 | 雑記

なぞなぞ。

おもむろに、セガレからの出題。
「パンはパンでも、残すパンはなーんだ?」
んん?聞いたことないなぞなぞだけど・・・そんなの答え、決まってる。
決まってるけど、セガレはその言葉を知ってるとも思えない。でも私としては、それ以外の答はありえない・・・?
「うーん(考えるフリ)・・・はい、ザンパン(残飯)!!」と私。
「ブブー!」とセガレ。
「ええ~なになに?降参!」
「答えは・・・サンドイッチでーす。」
「な、なんで?」
「だって、パンの耳を残すから。ねっ?」
・・・ギャフン。負けた。
さては、保育園で仕入れてきたな。(だって母ちゃんは、サンドイッチなんてほとんど作らないもん。)
絶対、「残飯」の方が良い答えだってば!保育園のお友達に教えてあげて!
[PR]

by pi-tang | 2010-09-17 23:40 | セガレ

新メンバー。

今週、我が家に新入りが来た。
金魚。神社のお祭りですくってきた、金魚。
話は9月4日に遡り、セガレが以前通っていた保育園の夏祭に遊びに行った際、金魚すくいで3匹ゲットして持ち帰った。(ちなみに保育園の金魚すくいは、「ポイ」がビニール製で、決して破れない!)
ええ、飼うの?ほんとに?と心の準備も飼い方リサーチも整わないまま、とりあえずエサでしょ!とエサを買ってきて投入した。しかし・・・恐らくそのエサのやりすぎがいかんかったのか、そもそも何かと無造作だったのが災いして、翌々日には悲しい事態になってしまった。(後から知ったけど、環境が変わって数日間は、エサやっちゃいけないらしい。)
セガレが思いがけず号泣したので、さすがに母ちゃんもかなり動揺して深く反省。
実はその際に水槽はじめ金魚飼育キットを買っていたので(その水槽を抱えてワクワクで帰宅したら、みんな浮かんでいたという悲劇)、先週末のお祭りで金魚すくいを見つけて、「じゃあちゃんと、飼ってみましょうかね」ということで。
セガレとオットがすくったのと、あと夕方の最後には叩き売り状態でタダでもらったりして、結局7匹持ち帰った。うわ沢山だな。水槽には神社の湧き水を入れた。(カルキ抜きも不要だし間違いない、とのオットの主張による。)金魚屋台のおじさんがビニールに入れてくれた野川の小さなエビも3匹同居。エサは今回は、セガレがやりたがるのをグッとこらえて慎重に、慎重に。
でも、月曜日に1匹、火曜日に2匹、夕方帰宅したら浮かんでいた。なかなか難しいのねー。ごめんね。
ということで、今残っているのが4匹。今のところ元気そうだ。小さな水槽なので、そのくらいが適正かな。
結局、金魚も4人家族なのね。我が家に分相応なのかも。がんばって暮らしてねー。
[PR]

by pi-tang | 2010-09-16 23:16 | 家族

里祭。

運動会を終え、午後はセガレのプール。そして夕方から今日にかけてはこれまた一大イベント、地元神社のお祭だった。
この神社に一目惚れしてこの地に引越してきたと言っても過言ではないのだけど、その、年に一度の祭礼も、期待以上に素敵なものだった。いやーなんせ、イナカなんですわ。一言で言うと。「むーらの鎮守の神様の~♪」という歌が頭の中で鳴り続ける2日間だった。
宵宮の昨晩は、お囃子の奉納および、地元老人演芸大会(これが永遠かのごとく続いていた)。そして弁天様の裏山から花火が揚がった。
今日は昼前から、セガレが町内子供会で山車を曳くのについていった。スースーは三輪車で参加。意外と社域が広くて、初めてのエリアを探検した。途中のお神酒所では子供にジュース&お菓子が振舞われるどさくさに紛れて、随伴の大人達も泡(ビール)を振舞って頂いたりして、なんておいしい~。いやー暑くてね。
今日もお囃子が奉納されていたが、これが無形文化財というだけあって素晴らしい(笛鉦太鼓に加えてひょっとこや狐等の舞)。実は保存会の会長の娘ちゃんが保育園でセガレと同じクラスにいて、前からその話は聞いていたのだけど、今回初めてゆっくり見て、かなり見応えがあった。セガレもすっかり魅入られていたな。
夕方にはまた屋台を覗いたりして、結局2日間べったり地元密着。
私が小さい頃から毎年楽しみにしていた井草八幡の秋祭に比べると、こちらは神社の規模がぐんと小さくて、お陰で何かとユルイ感じ。参加型というか。これまた大変よろしい。
これからセガレとスースーにとって、毎年のお楽しみになることだろう。
[PR]

by pi-tang | 2010-09-12 23:16 | 雑記

運動会!

今週はオットが出張で不在だった。例によって闇雲に1週間を過ごし、今日は朝から保育園の運動会。水曜日あたりの台風も過ぎ去って、快晴!(というかまた暑い・・・。)
子供たちは随分前から、運動会の練習を家でも張り切ってやっていた。セガレのマスゲーム(ポンポン持って踊るらしい)の振りつけを、園庭で練習を見ているスースーも覚えていて、2人して「まーえ、まーえ、うしろ、うしろ、1、2、3、4、とまれ!」とかって楽しそうに踊っているので、母ちゃんの期待感もいやが応にも高騰していた。
さて、今日は乳児クラスは8時50分集合。9時半の幼児クラスの集合に先立ち、まずはスースーたちの体操と競技だ。
競技ったってね、他愛ないですよ。親と一緒にヨーイドンして、子供のみ輪っかくぐったりちょっとした台の上歩いたりして、最後に神社の鈴の緒みたいの引っ張って鈴を鳴らして、ゴール。以上。
それだけ。それだけ、でも、えらいこと盛り上がる。固まったり泣いちゃう子も続出して、親たちは一喜一憂だ。
スースーは、準備体操では固まって全然ダメだったけど(家でのカゲ錬の成果ゼロ)、この競争ではなかなか堂々と、泣くお友達を尻目に自分はさっさかゴールにたどり着くことが出来た。あっぱれ。
続いて第2部として幼児の運動会。
セガレは去年、前の保育園で、運動会はなんと新型インフル(疑)で休んでしまった。(そういえば去年の今頃猛威を揮っていたことよ。)なので、いわゆる「幼児さん」としてのセガレの運動会は私も初めてだ。本日はばっちり応援しましょう。
これが、予想以上にスゴかった。特に年長さんの、鼓笛隊や組体操は上手でかっこ良くて、感動してしまった。ヒトんちの子でこれだけ感動するんだから、来年セガレの時は母ちゃん号泣することが今から明らかだ(笑)。
年中のセガレも、例のマスゲームと玉入れ競争を頑張った。みんなお揃いの体操着着て、整列してお友達を応援したり勝つと喜んだり、そんな姿を見るだけでも「そんなことできるんだ~大きくなったなあ」としみじみ(←感動のツボが浅い)。
そしてフィナーレは、3学年の縦割り3チームでのリレー競走。黄色チーム2番手のセガレは、2位でバトンをもらったのを、コーナーワークで追い越して1位にして(というか、前を走っていた子が無用に大回りしてくれただけ)、そのままチームは1等賞!すごーい。
(でも本人は夢中で走っただけなのでわかっていなくて、「キミが1等賞にしたねえ」と言っても、「違うよ、1等賞になったのは〇〇くん(アンカーの子)だよ!」だって。それも、そうだね!)
いやいや、いーもん見せてもらいました。
ところでそれに先立って、別の場所でも懸命に走っていたおっさんが約1名。
実はオットは、今朝の8時頃に成田空港に帰り着いた。運動会は11時半までの予定なので「実に微妙だね~」という感じだったのだけど、スカイライナーの中で(気持ちだけ)爆走したお陰で、「これから最後のリレーでセガレが入場門に整列しているその瞬間」に、保育園にタクシー乗りつけた。(駅から運転手さんに、「保育園の運動会!もうすぐ終わっちゃう!」と訴えてマキを入れたらしい。)スーツケースを門のところに放置して、園庭にダッシュ!
間に合った~。セガレも「父ちゃん来た!」と気がつき、ますます張り切って走ることが出来て、めでたしめでたし。
セガレとスースーは参加賞のお土産を握り締めながら、父ちゃんはスーツケースごろごろ転がしながら、おうちに帰った。みんなお疲れ様。(疲れてないのは母ちゃんだけ?いやいや、暑い中の応援それなりにツラかった・・・。)
[PR]

by pi-tang | 2010-09-11 23:41 | 保育園

アルプス1万尺。

最近セガレが、「アルプス一万尺」の手遊び歌を覚えたので、付き合ってやっている。せっせっせーのよいよいよい、のね。結構複雑な手の動きが出来るようになったのねえ。
スースーは、おなじ「せっせっせー」から始まる、こちらは初級の、「おてらのおしょさんがかぼちゃのたねをまきました」を歌って、出来るようになった。思えばセガレがこれをやっていたのは2歳8ヶ月頃だったので(その年の早春にとあるお寺に行って、この歌つながりでわざわざ「おしょうさん」を探した記憶があるので、時期をハッキリ覚えているのだ)、それに比べると早いな。
(そう!スースーは、言葉の出だしこそ兄ちゃんよりも遅かったけれども、その後特にこの1、2ヶ月の言語力の進歩はものすごくてビックリ。なんだかずーーーーっと、しゃべってるか歌ってるよこのコ!!!!)
さて、オフロで、布団で、じゃあセガレはアルプス1万尺ね、スースーは次におしょうさんね、と順番でやってやるのだけど・・・。
今日は、スースーの番になって一緒に「せっせせーの」して、私が定番を歌おうとしたら、スースーが「ちがうのー」と。「あーぷすいちあんくー」と。・・・兄ちゃんと同じの、やりたいんだって。
さすがに手の動きは出来ないけど、とりあえず歌を歌って手をパンパン合わせてやったら、ご満悦だった。「あーぷすいちあんんくーこやりのうーえで」って、スースーもしっかり歌えてるし。(横で聞いていて覚えてしまうのね。)
いやあ、妹、逞しい。
我が家の座右の銘(セガレの名句)、「スースーはいつもニイニのまねをする」を今日も唱える母ちゃんだった。
[PR]

by pi-tang | 2010-09-03 23:02 | 母業一般

お庭近況。

9月になってしまったけど、まだまだ暑さは続く。
そういえば家のお庭のその後。基本的には、雑草は逞しいわこっちは時間ないわ蚊はわんさかいるわ、ということで、なす術もなく自然に任せる夏だった。まあ予定通りだけど?(ガーデニングに精を出すのは老後、と決めている私。今は他の生き物育てるのでいっぱいです。)
大抵の草木が暑さにめげずに育っている中、一番元気なのはなんといっても朝顔。去年採った種から植えた2本がグングン伸びて、2階の窓まで張った紐をズンズン登って、毎日バンバン咲いている。彼女たち(←女性のような気がする)の上昇志向には脱帽だ。朝時間があると子供と庭に出て、萎んだ朝顔に息吹き入れてプンって風船割るのが(わかります?)、お約束だ。
あと目立つのは、実家から分けてもらったブーゲンビリアで、ものすごく旺盛に葉っぱを伸ばしている。ワサワサのまま横に広がっているのを上に伸ばしたいのだけど、うーん、どうしたらいいのだろう?
同じくハーブの類も、もう手の付けようがないくらいボーボーなんですけど、うーん、どうしたらいいのだろう?
家庭菜園は、なんせ担当者(オット)が不在がちであまり手をかけてないのだけど、ささやかながら、オクラ、空芯菜、モロヘイヤなどがコンスタントに採れている。あとナスも花をつけているのでもうすぐかな。オクラはとっても強くて早くて、3日に3コくらいの割合で取れるので、味噌汁の具にちょうどいい感じ。(と思いきや、レンジでチンするだけでもすごく甘いので、子供たちはそのままぱくっと食べてしまい、なかなか味噌汁になるまで持たない。)
ブルーベリーはもう終わっちゃったけど、小さな木ながらそれなりに実を楽しんだ。計5,60粒というところかな?7割方はスースーが食べちゃった。これからは、温州みかんが青い実を2つだけ、あと金柑が小さな実を沢山付けている。どちらも、食べられるまで持つかな~。柿は今年はならなかった(花は梅雨時に全部落ちてしまった)ので、来年以降に乞ご期待。
そういえば、ヒマワリ(スースーの)は6粒くらい蒔いた種のうち2本がだいぶ育ったのだけど、開花目前にして病気にやられてオダブツ。ごめんね。来年リベンジしませう。
それにしても、水遣りがネック。平日は朝も夕方も時間ないっ。雨!そろそろたのむよ、雨!
[PR]

by pi-tang | 2010-09-01 23:31 | おうち