<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

発表会。

セガレの保育園の発表会。セガレは早めに登園させて、遅れて、10時10分からの発表を見に行く。(ちなみに発表会は幼児クラスだけで、スースーたちはまだなし。先日のミニ発表会がその代わりだったということみたい。)
まずは「サルかに合戦」。みんな張り切って演技していてかわいかった。
サル役のセガレはというと、それが、緊張しているのがアリアリで、表情かたい~。いじわるそうじゃない~。カニに青柿を投げつけるのも、そーっとでやさしーい。と、突っ込みどころ満載。でも、他の3人のサル役の子とつるんで、最後には成敗されて名(迷?)演技でございました。
続いて鼓笛の演奏があった。25人でシングシングシング。セガレはティンプトンを一生懸命叩いていた。おうちでもずーっと練習していたものね。(パートごとに、「バナナ、バナナ、たべたいな!おやすみ、バナナ!おやすみ、バナナ!」とかって叩く練習をするのだ。これが最終的には、ちゃんと曲に合ったリズムとなっているのには感動。)
あー面白かった。セガレも、あんなにガチガチだったのに、「楽しかった、またやりたい」だって。それはよござんした。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-19 23:05 | セガレ

夜のおでかけ。

ひょんなことから、仕事がらみの某勉強会兼プロジェクトというのに参加することになり、その立ち上げ会合が今日の夜あった。6時半に発起人の大学の先生のご自宅に15名のメンバー(ほぼみんな初対面)で集まり、お弁当食べながら打合せ。
毎日必ず、5時前にせっせと退勤している身分なので、夜の打合せというのはとてもハードルが高いし(これは初回の今日だけなんだけど)、今後の作業にもちゃんとついていけるかな?ということで、参加表明するのには躊躇もあった。でも、今日の会合の和やかな雰囲気に安心して、がんばろ、とちょっと楽しみになってきた。
会合が9時に終わり、10時に帰宅したら子供たちは既にスヤスヤ。
子供たちのお迎えして夕飯食べさせてくれたばあばと、すごく頑張って8時半に帰宅してばあばとタッチ交代してくれたオットのおかげでございます。ありがとう~。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-18 23:52 | 雑記

ミニ発表会。

昨夜からの雪で、朝起きると一面真っ白!子供たちは長靴をはいて嬉々として登園した。園庭で雪遊びしておいで~。
母ちゃんはというと、午後休を取って、スースーのクラスの懇談会に出席した。懇談会は楽しみだけど、3時からというこの時間設定には、ちょっと困ってしまうわー。(しかも来週はセガレの懇談会で、同様に午後休取らないといけない。一度に済まないものかしら?)
先生から最近のクラスでの生活の様子や、進級の支度のお話があった。給食を自分で食べられるようになったり、歩いて遠くまでお散歩に行くようになったり、この1年でずいぶん成長したな。
園児の様子を撮ったビデオを見せて頂いた中で、おままごとのシーンが笑えた。スースー含む6人くらいでテーブルを囲んで、食器を沢山並べて遊んでいるのだけど、もっぱらスースーの声が聞こえて、いわく、「ブドウジュースあげるね!」「まだたべちゃだめなのよ!」「みんなでいただきますしてからね!」・・・仕切ってます。張り切って、仕切ってます・・・。トホホ。楽しそうだね。
別室での懇談会のあと、スースー達の保育室へ移動した。子供たちが並んで座って待っていて、「ミニ発表会」とのこと。先生に合わせて、手に持った鈴を振りながらアンパンマンの歌を合唱した後、わらべ歌の手遊びを2つほど見せてくれた。1歳クラス20人がお揃いの衣装(マント風の布をちょっと巻いただけだけど)つけて合唱する姿、かわいすぎる・・・。
数日前から、家でもスースーがアンパンマンの歌を熱唱していて、随分難しい歌を覚えているんだなーと感心していたのだけど、これだったのね!サプライズでございました。
いつもより早いお迎えで、スースーも嬉しい。母ちゃんも嬉しい。(セガレは「もっと遊んでいたかったのにー」だって。これまたよろしい。)
[PR]

by pi-tang | 2011-02-15 23:23 | スースー

ライバル出現。

世の中バレンタイン・デー。一年中チョコレート祭の私にとっては、この時期は実は却って冷静になったりもするのだけど、それでも一応、連休中にケーキ作ってみたりなぞした。それで充分でおしまい!と思っていた。
それが今日の夕方園にお迎えに行ったら、セガレが「Sちゃんにチョコもらっちゃった~!」と包みを見せてくれるではないの。全く予期せぬ事態に不意を突かれて、やや動揺する母ちゃん。ほ、保育園児ってそうなの??
思わず先生に「頂いたみたいなんだけど、みんなそうなんですか?」と聞いたら、「いや~特に気がつきませんでした。あまりないと思いますよ」と。ええー?いいのかなもらっちゃって??
おうちに帰ってワクワクのセガレとそっと包みを開けると、しかも、ちゃんとお店で買った高級なヤツで、チロルチョコとかハートチョコとか、そんなんじゃないの!(チロルで充分なのに・・・。)
しかも、くれたSちゃんという子はまた、母ちゃんには全く盲点の、年長の女の子なの!(縦割り保育なので年長さんとも一緒に遊んでいるのだ。)
うわわわわ。Sちゃん・・・?一体・・・?
セガレにそれとなく聞いたら、
「ぼく、Sちゃんにニンキなんだー」
と無邪気に喜んでいる。よろしいことね~。Sちゃんどうもありがとう。でも、これは、義理?なあに?他の子にもあげたの?セガレが頂いていいの??
お母さんに会ったことないし、連絡先もわからないから確認しようがないな。
まあいいや。ホワイトデーには盛大にお返ししようね。ということで、「バレンタイン・デー」もろくすっぽ理解していないセガレに、ホワイトデーなる、もっとナゾのイベントについて説明する羽目に。
要は、母ちゃん的には密かに、突然のライバル登場(!?)におののいているのであった。
そんなわけで、深夜、父ちゃん職場から持って帰ったチョコ(これは正真正銘の義理)を、吉例に従い横流しして頂いて、バクバクやけ食い。おいしい♪
[PR]

by pi-tang | 2011-02-14 23:33 | セガレ

展覧会へ。

セガレが保育園で参加しているお絵描き教室の、年に一度の展覧会を見に行った。
会場は昭和記念公園の入口にある施設。寒いのに電車に乗って行くのは億劫だなあ、と思っていたけれども、今日みたいな青空ならそれも嬉しい。到着してみると明るくて開放的な素敵な会場で、沢山飾られた子供たちの作品が、どれもキラキラと輝いていた。
受付にはちょうどセガレの園の受持ちの先生がいらして、作品を案内してくださった。昨年の秋口からこのための制作に取組んでいるとは聞いていたけれど、見るのは初めてだ。どれどれ?
キャンバス地にアクリル絵の具で書いた魚の絵と、トレーシングペーパーで立体的に仕上げたお花の絵の2点。うーん、どちらもなかなか!
先生によると、セガレは「とてもきちんと、きちんと描く」とのこと。年中くらいの男の子だと、色を塗っていても途中で飽きて、後半は雑になったりすることが多いのだけど、セガレは最後まできちょうめーん、に描くのだそうだ。色も、男の子は原色を使う子が多いところを、セガレは中間色やパステルカラーを好んで使うらしい。そう言われて他の子の作品と比べてみると・・・確かにそうかも。
ふーん。絵って個性が出るのねえ。絵心というものをさっぱり持ち合わせていない両親にはどうもピンと来ませんが、先生がそうやって適当にセガレの持ち味を引き出してくだされば、こりゃありがたい。(アウトソーシング。)
それにしても、家でも、ぬり絵やら折紙やらあやとりやらをチマチマやるのが大好きなセガレ。「手先が器用」と園の先生にも言って頂くけど・・・いつどこでそんなチマチマくん路線に開花したのか、よくわからない。
(母ちゃん的には、豪放磊落路線もあらまほし・・・と思うのは、ないものねだりかな。)
さて、展覧会会場のワークショップで、スースーも一緒にお絵描きなどして楽しんだあとは、外に出て芝生で思い切り遊んだ。セガレが父ちゃんとボール蹴りに興じる間、スースーもそこら中徘徊して、シャボン玉追いかけたり溶けかけの雪だるまつついたり。お絵描きもいいけど、やっぱ体も動かそう!うん。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-13 23:26 | 散歩

淡雪句会。

お隣の庭の枝垂れ梅が今年もピンクをほころばせ始めた。我が家にとっては絶好の借景で、お隣さんの家の中からよりも、我が家のリビングからの方がきっと良く見える。申し訳ないみたい?
さて、連休の中日は我が家で句会を開催。前日来の雪で足元が悪い中、4名が足を運んでくださった。近辺で拾われたお題としては、淡雪、雪だるま、梅、ふきのとう、余寒、水温む・・・。
句会の間、子供はやや騒がしいながらも、2階で2人で勝手に遊んでいてくれて、おかげで母ちゃんも選句に参加できたというのが、密かに画期的だった。ラ、ラクになったかも・・・!
そしてさらに画期的な事態として、セガレが人生初投句。父ちゃんが作者に無断で短冊に書いて出したので、本人は全く自覚がないけれど、披講の際は一緒に座って聴いていて、互選で2回名前を呼ばれると(もちろん温情)、不思議そうな顔してとりあえず名乗っていた。その記念すべき御句:
ゆきだるまおうちのなかでとけちゃった
句会の後はお約束の「浅酌」。お持たせの薄にごりの一升瓶を封切って美味しく頂きながら、和やかなひと時。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-12 23:14 | 俳句

さるじたく。

建国記念日。朝からポツポツ来たかなーと思ったら、みぞれ混じりの雨となった。寒いワケだ。今日はもともと家篭りの日。ぬくぬく過ごしましょう。
昼前に私が1人でスーパーに買物に行こうと思ったら、子供たちが「雪なら外に出たい」と言い出し、雪というかみぞれだけどね、結局4人で重装備してゾロゾロ歩いてスーパーへ。(ものずきすぎる。)
食料品を調達した後、そうだ、と思い立って西松屋に寄った。
来週保育園の発表会があって、セガレは「さるかに合戦」のサル役をやるそうだ。(主役級?だけど、4人くらいでいっぺんにやるんだって。)
これには経緯がある。当初は「ナレーター」をやる予定だったのだけど(これも数人で)、練習を重ねるうちに、先生曰く「ナレーターは子供には無理」という結論に達し(お友達の演技に見入ってしまって、ナレーションを忘れてしまうんだって。笑)、全員敢え無くクビになってしまった。で、本番10日前くらいになって突然「やっぱりサルになりました」と言われて、衣装として茶色のシャツとズボンを準備してください、と。
まあ確かに、親としても、ナレーターよりは演技を見てみたいかな。しかし、衣装ね・・・この連休中に調達しないと。
ということでとりあえず西松屋に来てみたところ、冬物処分で、茶色いタートルと焦茶のズボン、それぞれ378円也という夢のような値段で揃えることが出来た。(ちゃんと、洋服としても着れるものよ、もちろん。)万歳西松屋。
洋服に頓着のないセガレだが、衣装を調えてもらって実は結構嬉しいらしい。家に帰ると早速試着してみて、マンザラでもなさそう。サル仕様なのに。
サル、がんばれよ。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-11 23:47 | セガレ

新店開拓。

午前中、スースーと私は近所の集会所に出かけ、クラスの親睦会。20人のうち15、6組の親子が来てなかなか盛況。配られた風船で遊んだり、おやつを食べたり。
スースーは園ではお友達と楽しく遊んでいると思うのだけど、今日は大人が沢山いるからか借りてきたネコのようで、私のそばにピトっとくっついて、お友達とは交わろうとしない。おやおや、内弁慶だわね。
そのうち靴を履いて庭に出てからは、お友達と駆け回って遊んでいたけどね。
午後は家族4人で隣町のホームセンター「島忠」へ出かけた。新聞広告を毎週眺めて憧れていた(主にオットが)店に、ついにデビュー。我が家から自転車で30分くらい。
・・・いやー、好きでね、オットが、ホームセンター。(本屋と同じくらい好きらしい。)
今日はスースーが折良く、店にいる間ずっと昼寝していたので、ゆっくりと店内視察が叶った。ちなみに、ガーデニング売場は、セガレも喜ぶ。
種や球根をいくつか購入。あと金魚用の道具とか。子供用軍手とか。ちょっと文房具とか。
・・・とせいぜいその程度で、別に大したモン買うわけじゃないんだけどね。
それでも帰り道、「あー、今日はこの店に来れて、QOL高い週末だったよねえ!」と讃えあっているあたり、ほんとーにお手軽というかなんというか。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-06 23:23 | 雑記

春なのどうなの。

庭でボチボチ遊んでいたら、スースーが「シャボン玉をやりたい!」と言い出した。
うーん、お気持ちは分かりますが、なんだか寒々しいからやめといた方がいいよー。
(だって子供たちは、シャボン玉すると必ず液をこぼしてしまい、なんだかんだで結局水遊び状態になってしまうのだ。この寒いのにめんどくさい。)
「シャボン玉は春にするものよー!(ホラ、季題だし。)まだまだ、今日はダメ。」
と私が言ったら、セガレにすかさず、
「じゃあどうしてかあちゃんは、春が来た春が来たっていつも言ってるの?」
と突っ込まれた。
はははー。確かに、先月来、寒さの中にも毎日のように「春の風だねー」「ちょっと春めいてきたねー」と言い続け(プラス思考なもんで)、立春の昨日ともなると全開で、「ホラ、春が来たよ!!」と叫んでいた母ちゃん。
その舌の根も乾かぬうちに、ですわね。
旧暦と新暦を自在に(都合よく)使い分けるのが、オトナってもんよ。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-05 23:13 | セガレ

ふくはうち。

そんなわけで節分。
今夜は父ちゃんが会合で遅くなるというので、仕方がないので朝から豆撒き。バタバタしつつも、家中の窓という窓から、鬼は外!した。
保育園でももちろん豆撒き会があったようだ。この保育園では、鬼は来ないで「福の神」が来るらしい。良いことだー。
帰宅後、ものすごく真剣に子供たちに、
「福の神ってどこから来たの?もしかして神社から来たんじゃない?」
と質問してみたところ、しかしセガレはあっさり、
「ううん、〇〇先生がお多福のお面かぶってた」
と。・・・あ、そう。(つまらんな年中さん。)
さて今日の夕飯は、母ちゃんが帰宅途中に、途中駅の駅ナカで買ってきた恵方巻きなるもの。関東人としてはハッキリ言って全くなんとも馴染みのない風習だけど、夕飯に堂々とラクできるイベントとあっては、これにかぶりつかないテはございません。
大きなのを買ったつもりだったのだけど、寿司好きセガレとスースーにあっという間にかぶりつかれて、母ちゃんの口には1センチくらいしか入らなかった。まあいいや。子供たちが福を呼んで、母ちゃんにもお裾分けしてちょうだいな。
朝「福はうち」で撒いたお豆をそのまま放置してバタバタと家を出たのを、子供たちは夜拾ってポリポリ。特にスースーがお気に召したようで、年齢の20倍くらい食べていた。春よ来い。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-03 23:41 | 母業一般