じゃがりこブーム。

ツワリなのだ。微妙だが、確かに。ツワリは個人差が激しく、酷い人はそれはもう大変らしく気の毒な限りだが、「赤ちゃんが育っている証拠」と自分に言い聞かせるのが唯一の慰めだと聞く。が、ツワリが軽い、となるとそれはそれで心配だ。「赤ちゃんは生きとるんだろうか?」って。なんせ証拠がない。お腹もまだ出てないし。妊婦生活一ト月あまり、毎日それだけが気がかり。だから、空腹時に気分が悪くなると、唯一のよすがに、「ああ、ちゃんといるのね」と安心する次第だ。
それにしても、前回もそうだったのだが、食べヅワリは仕事中も容赦ない。家で7時に朝食を食べて出勤すると、まず10時過ぎに気分が悪くなる。→席でムシャムシャ食べる。12時過ぎに昼食を食べると、4時前には気分が悪くなる。→席でムシャムシャ食べる。だってツワリなんです。
菓子パンだったり、おにぎりだったり、栄養バーだったり。隣席の上司には「とにかく食ってますが許してつかあさい」と了承を取っているが、向かいの同僚ちゃんはまだ事情を知らないので、さぞかし訝っていることだろう。
本当は実は、「じゃがりこ」ブームが来ていて、無性にじゃがりこが食べたい。(他のポテチ類ではなく、じゃがりこ限定。)買い置きしたものを職場の机の引き出しにも潜めてあるのだが、でも、これの欠点は、バリバリと音が激しいこと。さすがにみんなの前では遠慮してしまう。だから、職場の同じシマ(4人の机でひと固まり)の他の3人がたまたま会議などで出払った時はチャーンス!やおら引き出しを開けて、じゃがりこバリバリ、1パック1分で食べ切る私の形相は、さながら行灯の油を舐める化け猫みたいになっているに違いない。
でもしょうがない。赤ちゃんが元気な証拠、なのだ。トホホ。
[PR]

by pi-tang | 2008-01-10 21:47 | 妊婦